• 生活術
子供はのびのび育てたい!でもマンションの騒音トラブルは怖い

子供はのびのび育てたい。
でも、やんちゃ盛りな子どもが原因で、近所とトラブルになるのも避けた。

 

そんな悩みを解決する方法を探っていきます。

 

 

マンションの騒音トラブルのもとになる子供の音は?

 

 

マンションは集合住宅のため騒音トラブルがよく起こります。

特に多いのが子供が関係しているトラブルです。

 

大きな声を出したり走り回ったりというのが日常的なので、
人によってはそれをうるさく感じてしまうことがあるようです。

 

音が漏れるのは大きく分けて、
壁や窓から漏れるものと床下に音が漏れるものがあります。

 

壁を伝って漏れる音としては声やテレビの音があり、
大声だけでなく泣き声や、親が子供を叱っている声、
大音量のテレビの音などがあります。

 

暑い季節には窓を開けて過ごしているという家庭では特に注意が必要です。

 

窓を開けていると
マンションではほとんどの音が隣まで聞こえてしまうことがあります。

 

また窓を閉めていても壁はコンクリート1枚でできており、
隣との距離が近いために完全に音を遮断することは難しいでしょう。

 

もうひとつの床下への騒音は、
子供が走り回る足音や高いところからジャンプする音などがあります。

 

こういった足音は自分の家で起こっているものに関しては
気付きにくいという特徴があり、
そこまで大きな音が下の階に響いていると気付かないことがあります。

 

マンションの構造によっては、
上の階で生活している音が思っている以上に
下の階へ伝わってしまっていることがあるからです。

 

実際に過去には足音トラブルで裁判になっていることもあり、
深刻な問題に発展していることがあるので十分な注意が必要です。

 

特に隣同士や上下階の住民と顔見知りでない場合には
大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

 

 

子供の音が原因となるマンションの騒音トラブル解決法は?

 

 

子供の出す音を隣近所まで広げないようにするには
色々な対策法があります。

 

まず壁を伝って伝わる音は窓を閉めることが最も重要です。

 

窓があいていると音が聞こえてしまうので

窓は必ず閉めるようにしましょう。

 

さらにカーテンを閉めることも防音効果を高められるので、
音が大きくなりそうな時にはカーテンも閉めておきましょう。

 

その他に窓を二重サッシにすると防音機能が高まります。

 

そして家具を置いている部屋では家具を隣の部屋との境目に置くと、
壁が厚くなったようになり音が遮断されます。

 

床下に漏れる音の対策としては、
床にクッション性能のある敷物を敷くことです。

 

床にダイレクトに足音が響かないようにすることで
下の階へも音が響きにくくなります。

 

子供が走り回って足音がうるさくなっている場合には、
走りにくいような家具配置をすると
子供が走り続けて遊ぶことが少なくなります。

 

子供に走り回らないように注意をしても
まだわからないような年齢の時には、
走り回るスペースを作らないような工夫が必要になってきます。

 

そういった音の漏れを少なくする対策と同時に、
隣近所の人との関係を良くしておくということも大切です。

 

同じような騒音があったとしても、
それがトラブルにまで発展するかどうかというのは
人間関係も大きく関わってきます。

 

また顔見知りの間柄であれば、大きなもめ事になる前に
話し合いで解決できる場合もあるでしょう。

 

マンションの騒音トラブルはこれらのことに注意して解決していきましょう。