年末の大掃除は便利グッズで快適に!窓拭きとお風呂磨きでピカピカ!

気がづけばもう12月。

今年もあと僅かですね・・・。

 

大掃除を既に始めてる方も多いのではないでしょうか?

 

私は、寒いこの時期にやりたくないのが、窓拭きとお風呂掃除です。

 

でもお風呂は毎日使う場所だし、
窓は汚れたりすると一番目立つところですよね。

 

そこで、今回はできるだけ、
簡単に窓ふきお風呂掃除ができる
グッズの紹介とお掃除方法をまとめてみました。

 

 

大掃除の窓拭きに使える便利グッズの紹介!

 

 

窓掃除をするには、お天気のいい日よりも、
雨上がりや曇りの日がおすすめです。

 

空気が湿ってる方が汚れが取れやすいからです。

 

そして、掃除をする順番のおすすめは・・・

 

1. 窓ガラス枠のゴム部分の掃除

2. 網戸

3. 窓ガラス

4. サッシ周り

 

です。

 

窓ガラスのゴムの部分は雨に濡れて、カビが生えやすい場所です。

 

黒ずみが多く、カビがひどい場合はこちらがおすすめ!

 

【使うもの】

 

キッチンハイター
片栗粉

 

【使い方】

 

・大さじ1の片栗粉と大さじ1のキッチンハイターをとろみがでるまで混ぜる。

・ガラス枠のカビ部分にスプーンでのせていく。

・5分放置

・濡れたキッチンペーパーできれいに拭きとる。

*この時、必ず、ゴム手袋を使用して行ってください。

 

網戸掃除で使える便利グッズ

 

【使うもの】

 

・クイックルワイパー
・クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート

 

網戸を掃除するときはワイパーの柄が短い方が掃除しやすかったです。
クイックルワイパーの柄を二本抜くと短くなります。

 

【使い方】

 

立体吸着ウェットシートを取り付けて、上→下→左→右とゆっくり滑らせます。
内側の網戸から拭いて、そのあとに外側を拭きます。

網戸が終われば、窓ガラスを拭きます。

 

この時におすすめなのが、

 

【使うもの】

 

・ストッキング
・靴下
・ガラスマジックリン
・スクイジー(ワイパー)

 

【使い方】

 

・ストッキングの中に靴下を入れて丸める。
・窓ガラスで汚れがひどい箇所をストッキングで拭き取る。
・窓ガラスにガラスマジックリンを吹きかける。
・スクイジー(ワイパー)でガラスマジックリンを拭き取る。

*スクイジー(ワイパー)は百円ショップなどで販売されてます。

 

サッシ周りのお掃除グッズ

 

【使うもの】

 

・歯ブラシ
・掃除機
・割りばし
・キッチンペーパー
・雑巾

 

【使い方】

 

・乾いた歯ブラシでほこりや汚れを取る。
・掃除機で吸い取る
・濡らした雑巾で溝を拭く。
・細かな汚れは、キッチンペーパーを割りばしに巻いて輪ゴムでとめたものを少し濡らしてから拭く。
・仕上げに雑巾で拭き取る。

 

窓掃除はこれで終了です。

 

次にお風呂掃除の紹介です。

 

 

大掃除のお風呂磨きに使える便利グッズを紹介

 

 

お風呂掃除で便利なグッズは・・・

 

【使うもの】

 

・重曹
・クエン酸
・ルック お風呂の防カビくん煙剤

 

です。

 

まず、洗面器、お風呂の蓋、お風呂椅子などを一度に洗う方法を紹介します。

 

【使い方】

 

・残り湯に1/2カップほどの重曹を振り入れる。
・洗面器、お風呂の蓋、椅子などを浴槽につけて一晩をおく。
・きれいに洗い流す。

 

まだ、汚れが落ちてない場合は、重曹を少量の水で溶いたものをつけてこすります。

次に、鏡の水垢を取る方法です。

 

【使い方】

 

・洗面器に200mlの水とクエン酸小さじ1を混ぜて、クエン酸水を作る。
・重曹と水を3:1くらいの割合でまぜて重曹ペーストを作る。
・キッチンペーパーをクエン酸水につける。
・水垢のついた鏡にキッチンペーパーを貼り付けていく。
・半日ほどおいて、しっかり洗い流す。
・から拭きをする。
・重曹ペーストをスポンジにつけて、やさしく鏡を磨く。
・洗い流して最後はから拭きする。

 

一通りのお風呂掃除が終わった後にお勧めなのが、
ルックお風呂の防カビくん煙剤です。

 

床や壁などのカビを掃除した後にこの防カビくん煙剤をすると
2か月以上カビが生えませんでした。

 

 

最後に

 

できるだけお金をかけずに100円ショップなどで売られてる
ものを使ってのお掃除グッズを紹介しました。

 

大掃除がこれからという方はぜひ試してみてくださいね。