「宝石の国」アニメのここが面白い!独特な世界観と美麗なCG演出!

宝石の国」は市原春子氏による日本の漫画作品であり、
2017年10月からTVアニメが放送されています。

 

本作の監督はあの「ラブライブ!」でも監督を務めた京極尚彦氏。

 

私自身がこのアニメを観ようと思ったのは、
CMやPVで映像が流れた時から
インパクトのあるCG演出が気になっていたからです。

 

結果として観て正解だったので、
今回は「宝石の国」の面白さの要である
独特な世界観やCG演出について触れていこうと思います。

 

 

「宝石の国」アニメってどんなお話?気になる世界観を紹介!

 

 

あらすじ的なものを書いていきます。

 

まずタイトルの由来は、登場人物たちが全員「宝石」だからです。
人間のように見えますが人間ではなく、性別もありません。

時代設定としては今よりも遥か遠い未来、
「人間」が“存在した”と伝えられる世界になります。

 

そして彼ら(性別はありませんが)が戦うのは、
彼ら宝石を装飾品にすべく襲いかかる「月人(つきじん)」。

砕けても再生するカラダを持つ宝石たちと、
月人との戦いが描かれています。

 

私としては“遥か遠い未来”というのがポイントですかね。

本作では「人間が存在した」ということなので、
過去より未来の時代設定の方が何らかのメッセージ性を感じるので好きです。

 

 

「宝石の国」アニメの魅力は美麗なCG演出!

 

出典:「宝石の国」公式サイトより

 

私がこのアニメを観ようと思ったきっかけのCG演出についてです。

 

最近のアニメでは、CG演出を部分的に取り入れることは珍しくないですが、
“フルCG“となるとそう多くはないかと思います。

例を挙げるならば、「シドニアの騎士」や「亜人」がフルCGだったと記憶しています。

しかし、それらとはまた違った魅力が、「宝石の国」にはあります。

 

一言で表すと「美麗」。

 

登場人物たちは全員が「宝石」であるため、
その輝きや透明感を表すCG技術に注目です。

 

また月人との戦闘中に彼ら宝石が砕けるシーンが多々あり、
砕けた時の断片や破片なども、実際の鉱物かのように表現されています。

「砕ける」とありますが、別にグロテスクではないですよ(笑)

「宝石の国」は、今まで観たCG作品とは一味違う表現が魅力です。

 

 

最後に

 

2017年秋アニメの中では、なかなかに注目の作品だと思います。

独特な世界観と美麗なCG演出から、
他作品とは違った雰囲気を醸し出しています。

ちょっと一風変わった作品が観てみたいという方には、是非オススメですね。

 

私自身はまだアニメしか知らないので、
機会があれば原作の方も読んでみたいと思います。

 

「宝石の国」コミックセット

 

ただ漫画だと当然ながらCGは使われていないので、
私が本作を観るきっかけとなった「美麗さ」がどのように表現されているのか、
とても気になるところです。