お食い初めの食器を揃えよう!100日目の男の子女の子のお祝い!

子供が誕生して最初のイベントはお宮参りですよね。
その次に来るのが生後100日目に行う「お食い初め」(おくいぞめ)です。
または「百日祝い」(ももかいわい)とも言われます。

 

「生涯、食べることに困らないように」
と願いを込めて食事をする真似をさせる儀式です。

 

一人目のお子様がそろそろ生後100日目に近い家庭では
初めてのことなのでわからないことが多いかと思います。

 

そこでお食い初めを家でやろうと思っている方にむけて
何が必要なのか、大まかなことはわかっていても
細かくは以外と知られてないかと思い調べてみました!

 

 

お食い初めの食器を100均で揃えてみよう

 

 

お食い初めに使う食器はそんなにたくさんの頻度では使うことがないです。
2人目が生まれるまで食器棚の奥で眠っている家庭も多いです!

 

儀式だからといって高価なものを揃えなければいけないと
思わなくてもいいでしょう。

 

今の100均は儀式にあっているそれらしい食器が
安く手に入ります!そのまま普段使いにもできます!

 

〜揃える食器〜

 

1.半月盆
2.お椀
3.祝い箸
4.鯛の飾り

 

漆塗りっぽいものが売っています!
男の子用の全体朱色、女の子用の外側黒色、
中側朱色になっているのも売っていました!

 

私は特にこだわりがなく、可愛いキャラクターもののお皿を買いました。
大きさもそれっぽい大きさを選びました!
100均でお食い初めセットを揃えることは私はオススメします。

 

 

お食い初めの食器をレンタルで揃えてみよう

 

 

ネット検索をしていたら、お食い初めセットのレンタルが
できることを初めて知りました。

 

確かに、ベビーベットやチェアなどができると考えたら
確かにレンタルは悪くないかもと思いました。

 

儀式にあった本物の漆塗りのお椀などでしたい人にはオススメですね!

 

買っても次いつ使うかわからない食器をしまっておくよりかは、
そのときに必要なものをレンタルするのはすごく便利だと思いました。

 

レンタル料金(3日間)も2000円〜で高すぎるわけでもなかったので
レンタルしやすい感じでした。

 

レンタル期間が延びるともちろん追加料金がかかります。
延びることがないように計画立てれば大丈夫でしょうね!

 

レンタル会社もいろいろあり、どこがいいのかも調べてみましたが
似たり寄ったりとありましたので、料金を比較して決めるのがいいでしょう。

 

参考までに紹介すると

 

うるしドットコム

お食い初め屋

レンタルショップ ジャストタイム

レンタルショップ ダーリング

 

などがあります。

 

 

まとめ

 

使用期間が短く保管に困るお食い初めセット・・・と思う方は
普段使いできる百均の食器類で低コスパ!

 

でも、一生に一度の儀式だからしっかり祝ってあげたい方は、
レンタルを利用するといった方法も良いのではないではないかと思いました。

 

メリットデメリットはそれぞれありますが、
できるだけ自分たちにあったやり方をお勧めします。

 

しっかりと家族と話し合って決めましょう。