サーフィンウェットスーツの正しい選び方

海のスポーツであるサーフィンをするなら
揃えておきたいのがウェットスーツです。

 

スーツの保温効果は長時間
水の中で体温を保つために必須です。

 

ほかにもクラゲや尖った岩の角などから
体を守る効果もあります。

 

スーツには生地の厚さや袖の長さ違いなど
いろいろな種類があります。

 

取り敢えず用意するなら、
3㎜厚で長袖・長ズボンのフルスーツ
半袖・半ズボンのスプリングタイプがよいでしょう。

 

水温の低い季節なら厚手のフルサイズ、
温かい季節なら薄めのスプリングで
春から秋にかけてのシーズンをカバーできます。

 

もう少し寒い季節までサーフィンをするのなら、
5mm厚のフルスーツで真冬以外ほぼカバーできます。

 

そして購入時には、かならず試着してみて
動きやすさ・フィット感を確認しましょう。

 

体にあっていないスーツでは上手にボードを操れませんし、
体とスーツの隙間から入った海水で
余計に動きにくくなってしまいます。

 

 

サーフィンウェットスーツのおすすめ 3選

 

 

ウェットスーツは多くのメーカーから
いろいろなものが出されています。

 

値段も5~1万円くらいに幅があります。

 

オーダーメイドや有名ブランドの品は値段が高めですが、
保温性のような機能や仕上がり、フィット感で違いがあります。

 

衣類のスーツをイメージしてもらえればよいでしょう。

 

購入時は機能と値段を比較して
納得のいく一着を選ぶことになります。

 

コスパに優れたウェットスーツを3つ紹介します。

 

マキシム フルスーツ 5/3.5mm COMBI TIP-ZIP マリーナモデル

 

 

メーカーの「マキシム」は鎌倉のウェットスーツメーカーです。

 

この製品は伊豆のサーフショップ「白浜マリーナ」と
協働で生まれた物です。

 

動きやすさと、
裏起毛素材・吸湿発熱糸を用いた保温性が抜群です。

 

O’NEILL(オニール) ウェットスーツ 2mm

 

 

アメリカの老舗オニールのウェットスーツです。

 

首回りなどはラバー素材を使用しており、
激しく動いても海水の侵入を防ぎます。

 

伸縮性に優れた素材で、動きやすさと防水性を両立させています。

 

ZEAK(ジーク) ウェットスーツ メンズ 5×3mm フルスーツ

 

 

初めての人におすすめするものです。
日本人の武井に合わせて各部の寸法が決められています。
そして動きに配慮した立体裁断でフィット感もばっちりです。

 

繰返しになりますが、
購入時は試着して感触を確かめるとともに、
各部の縫製、ファスナー類の掴みやすさなどを
しっかり確認しましょう。

 

 

サーフィンスクール湘南ならどこがいい?

 

 

サーフィンにおいても達への早道は
「上手な人に教えてもらう」ことです。

 

サーフィンの基本もですが、
海における安全な行動も覚えましょう。

 

各浜辺にあるローカルルールを知ることも
気持ちよく遊ぶためには大切です。

 

新しい浜辺でサーフィンを始めるのなら、
地元のスクールにいくのが早道です。

 

もう一つ、スクールへいくメリットは
道具を全部揃えなくても始められることです。

 

体験してみて、公私のアドバイスを受けて、
自分に合ったものを選ぶことができます。

 

Holiday Surf(ホリデーサーフ)

サーフィンスクールとして湘南で40年近い実績を持っています。

 

プロのサーフィンインストラクターから指導をうけられます。

 

大人1人4700円から。
料金の中にレンタルボード、シャワー代、
更衣室利用、ドライヤー代が含まれていますから、
最低限の準備で行くことができます。

 

ラポールマリン湘南(Lapole Marine shonan)

 

初心者から楽しめるサーフィンスクールです。

 

三時間くらいの講義と実技を受け、
サーフィンの技量を向上することができます。

 

大人1人5000円です(子どもも同料金)。
サーフボードとウェットスーツのレンタルが
料金に含まれています。

 

またサーフィンの他にも釣りの教室も開かれています。

 

THE RIPPLE COLORS No.5(リプルカラーズ)

 

初心者から何回か経験した人までを
対象にしたスクールです。
1回2.5時間で講義と実習を受けます。

 

料金は1人1回5000円。
サーフィンボード、ウェットスーツレンタル、
保険代が含まれています。

 

また、シャワーとドレッサー付きの
更衣スペースが用意されていますから、
タオルと水着、着替えなど最低限の準備で
参加することができます。

 

 

まとめ

 

映画などでは水着でサーフィンをするシーンをよく見かけますが、
現実の海にはいろいろなことがあります。

 

楽しく安全にサーフィンを楽しむためには、
ご自身の身体にフィットしたウェットスーツは
準備しておきたいものです。

 

そして、サーフィンをする海辺には多くの人が集います。

 

その中でお互い気持ちよくマリンスポーツを楽しむために、
地元のショップなどの事情通から情報を集めておきましょう。

 

もちろんサーフィンスクールに参加することで、
サーフィンのテクニックと共に気象・海象・各種設備の
詳しい情報を入手するのも良い方法です。