ヨガの効果で痩せられる?その方法とは?

ヨガを始めた目的というと美容・健康でしょう。

 

日本のヨガマーケット調査2017によれば、
女性の2割が美容・ダイエットを目的として
ヨガを始めていました。

 

効果については約7割の人が
身体の引き締め・ダイエットに効果があったと感じています(参考)

 

ヨガの基本は呼吸、
瞑想そしてアーサスと呼ばれる
姿勢(ポーズ)の3つです。

 

ヨガにおける呼吸は
腹式呼吸の有酸素運動であり、
ストレッチに似たポーズをとるときの
ゆっくりとした筋肉の動きも有酸素運動です。

 

ヨガの有酸素運動は、
しっかり脂肪を燃やすので、
ダイエットになるのです。

 

 

ヨガの効果が出る正しい頻度とは?

 

 

 

周りでヨガをやっている人は、
毎日ヨガを行っているのでしょうか?

 

先のヨガマーケット調査によれば、
ヨガを行っている人の約半数の人が週1回以上、
約1割の人がほぼ毎日行っていました。

 

場所と時間を選ばずに行うことができる
ヨガの特徴がでていますね。

 

そして、どれくらいの頻度がよいか?については
目的によって違います。

 

だいたいの目安ですが、
ダイエット・体力向上を目指すのなら週3回以上が目標です。

 

現状の維持なら週1回でも大丈夫です。
(参考:やってはいけないヨガ 石井正則・今津貴美 青春出版社

 

またリラックス効果が欲しい場合も
週1~2回くらいで効果が得られます。

基本は無理をせず自分にあったペースで行うこと。
一番大切なのは、「継続する」ことです。

 

 

ヨガの効果で精神も鍛えられる?その方法とは

 

 

多くの人はヨガをすることに
精神的なメリットを感じています。

 

呼吸を意識し、ゆっくりとポーズをとるヨガは
血行を促進し自立神経の働きを整えます。

 

この効果が精神面によい影響をおよぼしています。

 

身体を動かすことで血行をよくしたり、
ストレスを解消したりするのなら
ストレッチと大差ありません。

 

ヨガがストレッチと違うのはメディテーションです。

 

メディテーションを簡単に説明すると「瞑想」でしょう。

 

坐禅の姿勢で自分の呼吸の空気の流れに意識を向けます。

 

周囲の声や感情のような雑念が気になったら、
意識を自分の呼吸の方に向けて雑念を受け流すようにします。

 

この瞑想によって集中力が増し、
精神的なストレスが解消されていきます。

 

ヨガの「瞑想」は説明だけでは
分からないところがあるでしょう。

 

ですがヨガを長期的に取り組んでいけば
自然と身に付いていくものです。

 

 

まとめ

 

ヨガは健康とダイエットに効果があります。
また精神的なストレスの解消にも効果があります。

 

「瞑想」「呼吸」「ポーズ」の組み合わせは、
有酸素運動で脂肪を燃やして代謝をよくします。

 

血行が良くなり、筋肉も増え、体が締まります。

 

またヨガの特徴である「瞑想」は自律神経を整えます。

 

ダイエットでも効果を期待するなら継続する必要があります。

 

この点でも場所と時間を選ばずに行えるヨガはうってつけです。

 

繰り返しになりますが、
難しいポーズや関節の痛みをこらえて行う必要はありません。
それでは逆効果です。

 

継続していけば柔軟性が増していき、
難しいポーズもできるようになります。

 

自分にあったペースで、週3回以上を目標に続けていきましょう。