子供に教えてあげよう!子供の日に掲げる鯉のぼりの意味や由来!

季節のイベント

五月五日は端午の節句です。
五月の最初の午(うま)の日のことでした。

それが奈良時代の頃から、
午(ご)=五となって五月五日となったそうです。

その端午の節句では、鯉のぼりを飾ります。
これは、子供の健康と成功を願ったものです。

中国の昔の話の中に「登竜門」の話があります。
これは、滝を登った鯉がそのまま竜になって
天を登ったという話です。

この話のように我が子が成長して成功することを、
空を泳ぐ鯉の姿に祈ったのです。

鯉のぼりの意味は色にもあるの?

川や池で見かける鯉は黒いものが多いですね。
それは、明るくて目立つ色では鳥などの天敵に
狙われやすくなってしまうからです。

現在、鑑賞用で飼育されている色鮮やかな錦鯉は、
江戸時代からの品種改良でつくられたものです。

そういう訳で、鯉のぼりが始まった江戸時代の頃は
黒い鯉のぼりだけでした。

明治の頃になると赤い緋鯉(ひごい)が登場しました。
青い鯉のぼりが登場したのは昭和に入ってからです参考

そして、子供の成長を祈るものから、
幸せな家庭を祈るようにもなってきました。

それぞれの鯉が示しているのは次のとおりです。

◇黒…お父さん
◇赤…お母さん
◇青・緑など…子供たち(参考:日本鯉のぼり協会

最近では、子どもが生まれて家族が増えると、
「紫」や「ピンク」などの鯉を足していく家庭もあります。

鯉のぼりの矢車の意味は?

さて「矢車」とは、鯉のぼり吊るす柱や棒の先端
についている、「車輪」のようなものです。

矢尻(羽)のような部品が中心から伸びていて、
外側を輪のような部品で結んでいます。

この「矢」というところがポイントです。

「邪気」(悪いもの)を退けて、
幸運を射止めることを願っています。

そして「からから」という音をたてるのも大切です。

神社でのお参りでもがらがらと鈴を鳴らします。

神様に「ここに来てください」と
報せるためのものなのです。

この矢車と真鯉の間にある吹き流しは、
中国の「五行説」に由来した魔除けです。

まとめ

鯉のぼりは、江戸時代に、武家が家紋を印しのぼり
を掲げたのに対抗するかのように
町民が縁起のよい鯉をかたどったものを
吹き流しとともに飾ったのが始まりだそうです。

竜のように天に昇る鯉、
神様を呼び込んで幸運を射止める矢車
そして魔除けの吹き流し。

最近は大きな鯉のぼりを見かけることが
少なくなりましたが、
我が子の成長と成功を祈るのはいつの世も同じです。

次の世代に伝えていきたい日本の風習ですね。

コメント

  1. ふうちゃん より:

    こんにちは!
    ブログランキングからきました。

    端午の節句の由来や、鯉のぼりの話など、大変興味深く拝見しました。

    また、のぞきにきます

タイトルとURLをコピーしました