鯉のぼりは外に出すだけじゃない!室内でおしゃれに飾ってみよう!

5月と言えば多くの祝日がありますが、
その中でも端午の節句の5月5日の祝日は
子供の成長と成功を祈った伝統行事の日です。

そんな日に欠かせないものに柏餅、兜、五月人形
そして鯉のぼりがあります。

新緑香5月の青空の下を優雅に泳ぐ鯉のぼりは、
端午の節句を代表するものです。

しかし、都会では集合住宅やマンションが増え、
鯉のぼりを泳がせるスペースの確保が難しくなっています。

また、雨天や強風時には屋内に収納する必要があり、
共働きで日中不在の家庭では、
屋外で鯉のぼりを泳がせるのは一苦労です。

そこで、室内で鯉のぼりを飾る方法を紹介します。

 

 

鯉のぼりを室内におしゃれに飾る方法を紹介!

 

 

鯉のぼりを室内におしゃれに飾る方法を見ていきましょう。

 

スタンドタイプの鯉のぼり

 

鯉のぼりを付けるポールがスタンドになっていて
自立できるものです。

 

そこに、室内にあわせて小型にした
鯉のぼりを取り付けます。

 

取り付け方が工夫されていて、
鯉のぼりが風に吹かれて泳いでいるかのように
立体的な形状を保つようなガイドを添えたものもあります。

 

徳永こいのぼり 室内飾り鯉のぼり 京錦

 

 

突っ張り棒タイプの鯉のぼり

 

こちらは、ポールを突っ張り棒のように室内で固定します。
適当な高さを確保して、鯉のぼりを取り付けることができます。

 

 

置物の鯉のぼり

 

室内用なら置物にしてしまえ!とばかりに
割り切った訳ではないのでしょう。

かわいらしいデザインのものがネット検索で見つかります。

屏風のようなフレームに鯉のぼりをはめ込んでいたり、
木製の置物だったりいろいろなものがあります。

 

 

 

鯉のぼりを室内に吊るして飾れるタイプにも注目!

 

 

屋外に飾るのなら、支柱や壁の間などに渡したロープに
鯉のぼりを取り付けるのが一般的です。

 

ですが室内なら天井や壁を支えに使うことができます。

 

室内用吊るし飾り 浮き浮き飾り 京錦セット

 

形を保つためのガイドに取り付けた鯉のぼりを、
天井から吊るします。

 

天井に一匹ずつ取り付けてもよいですし、
モビールのような配置にしてもよいですね。

 

エアコンの風で揺れる様子もかわいらしいです。

 

もう一つの方法として、壁を利用する方法があります。
まず壁に青空をあしらった水色の壁掛けを取り付けます。

 

この壁掛けに、鯉のぼりたちを取り付けていきます。

 

 

これなら、壁につけるのは壁掛け用のフックだけで済みます。
賃貸物件で壁を傷つけたくない場合はおすすめですね。

 

 

まとめ

 

工夫すれば室内でも青空の下を泳ぐ鯉のぼりに負けないくらい
カッコよく鯉のぼりを飾ることができます。

 

そしてマンションのように生活環境に合わせた、
室内に飾ることを目的とした商品も発売されています。

 

端午の節句を迎えるにあたって一番大切なのは
子供の健やかな成長と将来の栄達を祈念する気持ちです。

 

その想いを託された鯉のぼりは
屋外にあっても屋内であっても
力強く空に向かって泳いでいくのです。