100均で収納!かさばる服の効率収納法

一般社団法人日本衣料管理協会の
平成28年度調査「衣料の使用実態調査」によると
若い女性が持って逸衣類の平均枚数は
およそ100着となるそうです。

 

もし全てをハンガーで吊って並べると、
2m(1着2cmとして)くらいの長さになります。

 

コートやジャケットみたいにかさばる服が多いと、
もっと広いスペースが必要になります。

 

広いクローゼットがあれば問題ないのでしょうが、
ワンルームとか収納スペースが小さい部屋では大変です。

 

それに賃貸ですと、部屋を自由に改造することもできません。

 

そこで、100均で売っているものを使って、
収納力をアップする方法を紹介します。

 

 

100均で収納力拡張クローゼットの作り方

 

 

作り付けのクローゼットの収納力を増やすために
増設したいものはハンガーを掛けるところです。

 

そのために役立つものは次の2つです。

 

  • ワイヤーネット
  • フック(Sフック)

 

ワイヤーネットを壁に取り付けたり、
立てかけたりしたところに、フックで
帽子やバック、ベルトなどの小物を吊るしていきます。

 

ショルダーバックなど
小型のバックも吊るしておくことで
すっきりと収納することができます。

 

次に増設したいものは「棚(ものを置くところ)」です。

 

掃除などのことを考えると
床ではなくて天井の方に増設したいですね。

 

ここで活躍するのがこれです。

 

突っ張り棒

 

定番のアイテムはここでも活躍します。

 

2本の突っ張り棒を適当な高さのところで
水平で互いに平行にとりつけます。

 

この上に空き箱とか、
普段あまり使わないものを置いておきます。

 

載せたいものに合わせて、
突っ張り棒の太さを選びましょう。

 

 

100均で収納棚を作る方法!

 

 

棚も収納力を増すために欲しくなるアイテムです。

 

100均の商品から収納棚を作るためには、
まず収納方法を決めます。

 

引出し式のボックスやふた付きのボックスを使えば、
ボックスを積み上げるだけで棚が出来上がります。

 

中身を書いたラベルを張っておくと、
探し物があるときに便利です。

 

棚をつくるのなら、
スチールラックが簡単です。

 

始めに棚を置きたいところの寸法を測ります。

 

そして大まかな棚の大きさを決めます。

 

次に、100均へ行って、
大まかに決めた大きさに合う
棚になる部分の部品を選びます。

 

そして柱の部分のパイプを選びます。

 

後は部屋に戻って組み立てるだけです。

 

とても簡単です。

 

スチールラックでは味気ないと思うのなら、
木製ボックスを組み合わせて棚をつくることもできます。

 

ボックスの連結には、
木工ボンドを使うのが簡単で便利です。

 

コツは接着する面はきれいに拭いて、
できればアルコールで油分も取り除きます。

 

そしてボンドを厚さが均等になるように塗り、
接着したい箱を押し付け、
ボンドが乾くまでしばらく置いておくことです。

 

 

まとめ

 

服の収納力のアップに役立ちそうな方法を紹介しました。

 

断捨離して不用な服を減らすのもよいですが、
収納スペースを工夫すれば収納力はアップできます。

 

思い出の詰まった服、
まだまだ活躍しそうな服をしまっておくために
挑戦してみてはいかがでしょう?