子供のゲームはいつからがおすすめ?

DS、PSPなど携帯型のゲーム機器を使う子供たちの姿を
あちらこちらで見かけます。

 

少し古いのですが、平成23年の内閣府による
「青少年のゲーム機等の利用環境実態調査性」参考によれば、
小学生の男女とも9割以上の子どもがゲーム機を持っていました。

 

また、スマートフォンについても86%の子どもが使用しています。
平成29年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果

 

ゲームに触れる時期についてはそれぞれの子どもで異なります。

ベネッセの記事参考でも紹介されていますが、
ある程度自分で物事の良し悪しを判断できるようになるか、
しっかりと親の監視が届く状態でゲームを行うことがすすめられています。

 

 

子供の想像力が豊かになるゲームアプリ3選

 

 

子ども向けのゲームアプリはいろいろ提供されています。

 

そのなかで、おススメのものを3つ紹介します。

 

ドラえもん おやこですうじあそび

 

人気のキャラクター・ドラえもんといっしょに
楽しみながら算数の勉強ができます。

 

主には四則演算の練習です。

 

問題が解けると「ドラえもんカード」がもらえます。

 

このカードを集めながら、楽しんで算数の勉強ができます。

 

無料期間がありますが、それが過ぎると毎月600円必要です。

 

漢検スタート

 

大人の人ならご存じ。漢検協会の公式アプリです。

 

出題される問題は漢検協会が提供するもので、
毎月新しいものが出されます。

 

問題を解くだけではなく、
アプリ内のミニゲームで息抜きもできます。

 

楽しみながら続けられるように工夫されています。

 

インストールは無料ですが、
漢検1~8級に応じで600~250円必要です。

 

スタディギア for EIKEN

 

小学校から始まるようになった英語。

 

英検でおなじみの日本英語検定協会が毎月問題を提供しています。

 

小学生なら4~5級レベル。

 

しっかり身に付くようになっています。

 

こちらもインストールは無料ですが、月に2040円~必要です。

 

アプリはApp StoreやGoogle playから
ダウンロードすることができます。

 

 

子供のゲーム時間は決めるべき?

 

 

ゲームの時間はどうするべきか?

 

多くのご家庭で悩んでいる問題ですね。

 

スタディサプリ参考など
多くのところで取り上げられている内容を見てみますと、
ゲームをする時間は、一日30~1時間程度
にしている家庭が多いことがわかります。

 

勉強時間を確保するため意外に、
子どもの目の健康を守るためにも制限した方がようようです。

 

朝日新聞の記事参考で紹介されているように、
視力が悪い子どもは年々増えています。

 

まだ、スマートフォンとの明確な関係はあきらかになっていませんが、
スマートフォンの画面の見過ぎは、
目に負担を掛けるのは多くの人の実感でしょう。

 

押し付けはあまりよくありませんから、
子どもと話し合って決めるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

単に遊ぶだけではなく、
学習にも役立つスマートフォンのアプリです。

 

ですがやり過ぎはよくありません。

 

子供の健康を守るためにも、
使用時間は決めて守るようにしましょう。

 

そして、決めたルールを守ることも大切なことです。

 

よくあるのが、親の都合で使用時間の制限を変えること。

 

帰省の移動の最中などでよくありますよね?

 

ルールを守ることは社会生活の基本です。

 

些細なことに思えるでしょうが、
一度決めたことはしっかり守るようにしましょう。