安心できるスマホ充電器の値段はどれくらい?

スマートフォンを使っていると気になるのがバッテリの残量です。

 

旅行や出張など長時間のおでかけのときには、充電器が必要不可欠です。

 

充電器の選びのポイントとしては次のとおり。

 

容量

 

スマホのバッテリは年々大容量になっています。

 

これに対応するため、充電器は4,000mAh以上のものがよいでしょう。

 

また、複数のポートがある場合、
それぞれのポートに給電できる容量を確認しておきます。

 

不足すると、結局充電に時間がかかってしまいます。

 

急速充電に対応している

 

充電の速度は、
V(電圧ボルト)×A(電流アンペア)=W(ワット)
が決めてです。

 

スマートフォンなら18~20W以上を目安にしましょう。

 

「PSE」マークつき

 

充電器は電気用品安全法の対象です。
購入時には、PSEマークを確認しましょう。

 

このような条件で調べてみると、
多くの充電器が見つかりますし、値段もいろいろです。

 

価格コムなどを見てみると、
1000~2500円くらいのものに人気があるようです。

 

先の3つの項目に加えて、
接続ポートの数や、大きさ・重さが選択のポイントになります。

 

 

スマホ充電器持ち運びするなら小さいほうがいい?

 

 

最近は、飲食店とか新幹線の座席とか充電できる機会が増えました。

 

充電器さえ持っていれば
どこでもバッテリ残量を気にせず
スマートフォンなどを使うことができます。

 

ですから、充電器は持ち運びを考えて
小さくて軽いものが良いと思いがちです。

 

ですが、コンセントの数が十分あるとは限りません。

 

ユーザー数や使用したい機器の数によって不足することがあります。

 

先にも述べましたが、供給する電力が十分でないと、
スマートフォンの充電が思うに任せません。

 

やはり、あなたの使用しているモバイル機器や、
よく訪れるところのコンセントの様子
そして持ち運びの手間・負担を考えて、
ご自身の使い方にあった充電器を選びましょう。

 

 

スマホ充電器amazon人気ランキング

 

大手ECサイトであるamazonでの人気ランキングでトップ3を紹介します。

 

1位:Anker 24W 2ポート USB急速充電器

 

100-240Vに対応していますから世界各国で使えます。

 

ポートは2個ありそれぞれ2.4A供給、合計で24Wです。

 

サージプロテクターやショート防止機能、
温度管理などの安全機能を搭載しています。

 

お値段:1359円

 

2位:RAVPower USB 充電器

 

 

PSE認証済で折畳式プラグです。

 

100-240Vに対応していますから世界各国で使えます。

 

ポートは2個ありそれぞれ5V2.4A供給、合計で5V4.8Aを供給できます。

 

搭載している保護システムは、
過充電、過放電、過熱またはショートから
使っている機器と充電器本体を保護します。

 

お値段:1299円

 

3位:Anker PowerPort Speed 4

 

PSE認証済で折畳式プラグを搭載しています。

 

100-240V対応で世界各国で使えます。

 

ポートは4個備えていて合計43.5Wの供給で急速充電に対応しています。

 

お値段:2399円

 

 

まとめ

 

スマートフォンのみならずUSBから充電できる機器は多数あります。

 

充電器が活躍する機会も多数ありますから、揃えて置いて損はありません。

 

ご自身の使用環境にあった充電器を選びましょう。