• 生活術
ブーツ収納ボックスの使い方アイデア4選

足元をスマートに見せるブーツは、
おしゃれには無くてはならないものですが、
使った後のお手入れや収納のことを思うと、
少し扱いづらさを感じてしまいます。

 

長期の保管にも気を遣うブーツですが、
日々の使用でもお手入れや収納時の気遣いは欠かせません。

 

気温が低くて乾燥している冬の季節なら、
多少の湿気は大丈夫、なんて思いうのは禁物。

 

部屋の中は暖房のおかげでカビが増えるためには十分なのです。

 

また、脱いだままの姿でほっておくのも感心しません。
型崩れの原因になります。

 

普通の靴とちがってかさばるブーツですから、
下駄箱に無理に入れるのはよくありません。

 

それなら、ブーツが入る大きさの箱に入れて置きます。

 

収納ボックスなら大きさが適当ですし、
中に一緒に除湿剤を入れておけばカビの心配も減ります。

 

なにより収納ボックスは積み上げることができますから、
スペースを有効に使うことができます。

 

収納ボックスの他にも簡単に行うことができる
ブーツの収納方法をご紹介します。

 

 

ブーツを賢く収納して玄関のスペースを確保!

 

 

ブーツや靴の収納は玄関の下駄箱というイメージがありますが、
他の靴と比べて大きなブーツはスペースを使います。

 

それに湿気や型崩れの心配もありますから、
下駄箱にしまうのが一番とは限りません。

 

先に紹介した収納ボックスを使う方法もありますが、
大型の洗濯バサミで挟んで
ハンガーや壁の間に渡した突っ張り棒に吊るす方法があります。

 

これなら、ふくらはぎの部分が折れて型崩れするのを防げます。

 

他にもたたんだ傘にブーツを被せて、
傘立てに立てる方法もあります(もちろん傘は乾いた状態です)。

 

傘を心棒の代わりにして型崩れを防ぎます。
上下の空間を有効に利用して、賢くブーツを収納しましょう。

 

 

ブーツの収納は100均でできる?

 

 

今では生活に欠かせない100均ですが、
もちろんブーツの収納に活躍するものも多数あります。

 

ブックエンド

 

ブーツを本に見立てて左右から挟んで支えます。
ブックエンドはブーツに合わせて大きめなものを選びましょう

 

大型洗濯ばさみとSフック

 

ブーツの縁の傷みにくい場所を選んではさんで吊ります。
吊る場所の確保には突っ張り棒が活躍するかも。

 

ブックケース・書類ケース

 

透明・半透明なケースに入れて置けば、
積み上げても探すのは簡単です。

 

箱にラベルを張るのもありですね。

 

突っ張り棒

 

周囲の壁を傷めずに引っ掛ける場所をつくれます。

 

ヒールを引っ掛けて「逆さづり」にするのもありですね。

 

どこでも簡単に手に入るものを紹介しました。

 

 

まとめ

 

ブーツの収納法方を紹介しました。

 

他にもいろいろあると思いますので、
いろいろと楽しみながら試すのもありです。

 

基本として押さえておくポイントを確認すると

 

〇型崩れしないようにする
〇カビや臭いを防止するため、
湿気に注意する(風通しをよくする)です。

 

100均などを上手に使って、かさばるブーツをスッキリ収納しましょう。