岩盤ヨガってどんな効果があるの?

柔軟体操のような独特の姿勢をしたり、
呼吸を整えながら瞑想したりするようなイメージのあるヨガには、
呼吸を整えて体の緊張をほぐす効果があります。

 

そして、このヨガの効果を増すため、
汗がでやすい温かい環境で行うのがホットヨガ・岩盤ヨガです。

 

簡単な表現を使うと”サウナでヨガをする”感じ。

 

想像しただけで汗が出てきませんか?

 

この岩盤ヨガの効果としては次のものがあります。

 

〇血行がよくなる

 

通常のヨガでも血行をよくしてむくみや冷えを改善する効果がありますが、
暑くホットな場所で汗を出しながら行うことでその効果が増します。

 

〇汗をかく能力を増す

 

発汗は体の温度を一定に保つという重要な機能があります。

 

汗がでないと体内に熱がこもって倒れてしまいます。

 

汗を出やすくするために、
普段から汗をかく運動をすることが効果的です。

 

〇ダイエット

 

汗をかけば体内の水分が出て行くことで体重が減ります。

 

そしてヨガは有酸素運動ですので脂肪を燃やすのに有効です。

 

汗をかきやすい環境で行うヨガにはこんな効果があったのでした。

 

 

ヨガ効果はどれくらいの頻度で行うと得られる?

 

 

ヨガは毎日するものでしょうか?

 

日本ヨガ連盟(参考)によれば、
”日常生活の一部”として行うことをすすめています。
”正座法で姿勢を正す”などを毎日するのがよいそうです。

 

岩盤(ホット)ヨガについて調べてみたところ、
株式会社 大丸プランニングが運営するLucina参考では、
2~3日に1回のペースで行うことをすすめています。

 

月に1回では効果がないそうですが、
間隔をせばめて”短期決戦”型にするのも効果がすくないようです。

 

Woman.excite参考などダイエットでも急激な減量は避け、
運動などを3ヶ月くらいかけて
徐々に体質を改善することをすすめています。

 

ヨガの場合も、生活の一部として定着するよう、
長い間続けられるペースで行うのがよいのです。

 

 

ヨガの効果で精神も鍛えられる?

 

 

「精神を鍛える」というと、
修行を積んだお坊さんのような「何事にも慌てない心をみにつける」とか、
肝っ玉母さんのように「肝の太さ・度胸をつける」イメージがありますが、
ヨガによって得られる精神面の効果はどうでしょうか?

 

前述の日本ヨガ連盟の他、多くのHPでヨガには、
身体面とあわせて精神面にも良い効果が紹介されています。

 

例えばシバナンダ・ヨーガセンター編『ヨーガ本質と実践』によると、
心身の緊張をほぐして心の安定をはかることで、
ストレスに対する抵抗力増加します。

 

また、心を落ち着ける時間をもうけることで、
自分を自分で見つめ直す内観性を高めることができます。

 

他にも集中力が増します。

 

そして、深くてゆっくりした呼吸は

自律神経のバランスを整えてくれますから、
リラックスしたときに働く副交感神経の働きを良くしてくれます。

 

イライラを解消してくれます。

 

 

まとめ

 

岩盤(ホット)ヨガはヨガの効果を生かすエクササイズです。

 

基本はヨガですから、
日々の生活に溶け込むようにしていくのがよいでしょうが、
自宅で行うのは難しそうですね。

 

ですから、普段は通常のヨガを、
週に数回は設備のあるところで行うようにすればよいでしょう。

 

体とお財布の負担をみながら、
楽しみながら続けていきたいものですね。