キャンプ飯お洒落に作って気分を上げよう!

キャンプで作る料理というと、
思い浮かべるのは「カレー」とか「バーベキュー」ですよね。

 

いつも同じものではつまらないと思う一方で
調理道具や用意できる食材に
なにかと制約のあるアウドアでの料理となると
何をつくろうか(つくれるのか)悩んでしまいます。

 

でも、キャンプにおける料理は、
普段の家庭における料理と違って
みんなでワイワイやりながら作るものです。

 

料理自体がアトラクションの一つなのです。

 

ですから、みんなが食事つくりに参加できるものがよいのです。

 

そうなると、「凝った料理」より、
「だれでもつくれる料理」をみなで作ればよいことがわかります。

 

ただ、家の台所と違って調理の道具や場所は制限があります。

 

事前の下ごしらえを自宅で行うほうが楽です。

 

下ごしらえをすませた食材を皆で調理する、
そんな料理を見ていきましょう。

 

 

キャンプ飯まずは米の炊き方

 

 

家庭でもキャンプでも「ご飯」は食事の中心です。

 

つまりおいしくご飯を炊くことがキャンプにおける料理でも基本となります。

 

ご飯を炊くときの準備は、お米を研いで水につけておくことです。

 

研ぎ方は普段の料理とおなじやりかたで十分です。

 

水につける時間も普段と同じで大丈夫ですが、
長く付けておく方が芯の残る心配が少なくなります。

 

1時間はつけておきたいですね。

 

研いだお米を準備する代わりに無洗米を使うのもOKです。

 

次にクッカー(鍋)や飯盒に研いだ米と水を入れます。

 

「米1合に水200cc」が基本です。

 

これも家における水加減と大差ありません。

 

ではいよいよ炊き始めます。

 

ポイントは「火加減」です。

 

覚えていただきたいことは
「一気に沸騰させたら、弱火にして12~15分」です。

 

つまり強火で始めるのです。

 

そして弱火に移っていきます。

 

炊き加減の確認には、木の棒か何かでふたをお押さえます。

 

沸騰している最中なら「ゴトゴト」と手応えがあります。
この「ゴトゴト」感がなくなれば炊き上がりです。

 

火から降ろして10~15分くらいほっておいたら(蒸らします)完成です。

 

 

キャンプ飯ファミリーにおすすめのおいしいレシピ

 

 

家族で楽しめる料理を紹介します。

 

炊き込みご飯

 

ご飯が炊ければ、簡単につくることができる一方、
入れるものの幅が広くいろいろな味と楽しめます。

 

肉としめじの炊き込みご飯を例に説明します。

 

  1. お米は洗って水につけておきます。
  2. クッカー(フライパン役)にごま油を引いて温めます。
  3. そこに一口大に切った牛肉を入れて炒めます。
  4. 牛肉の色が変わってきたらしめじを入れて、
    味付けの砂糖、しょうゆ、酒を加えて手短に炒めます。
  5. クッカー(鍋)に米、水
    そして先ほど作った牛肉としめじを炒めたものを入れ、
    米を炊く要領で炊き上げれば完成です。

 

鶏肉のホイル焼き

 

アルミホイルで包んで焼く料理も簡単で種類が多いです。

 

ここでは鶏肉を焼きます。

 

  1. 鶏もも肉は一口大に切り、塩こしょうをふって下味をつけておきます。
    一緒に焼く野菜類も切っておきます。(下準備)
  2. アルミホイルを皿のようにして、下準備をした鶏もも肉と野菜をひき、
    オリーブオイルを回しかけます。
  3. そこに レモンを乗せてアルミホイルをしっかり閉じます。
  4. 中火で20分くらい肉に火が通るまでじっくり焼いたら完成です。

 

 

まとめ

 

キャンプでは、普段と違う環境で料理することになりますが、
これがキャンプの料理を楽しくする理由の一つです。

 

普段はお母さんに任せている料理を
家族みんなで協力して進めていくことが
一つのアトラクションで思い出です。

 

電気炊飯器で炊いていたお米を
クッカーや飯盒で炊くことでも十分楽しい体験となります。

 

おこげのついたご飯はキャンプでなければ味わえないものです。

 

あまり難しく考えず、
簡単につくれるレシピを家族で協力してつくりましょう。