キャンプ道具コンパクトこそ正義!オススメ道具紹介

海や山など普段とは違った場所を楽しめるキャンプは、
代表的なアウトドアの楽しみ方でしょう。

 

屋外における寝泊まりや食事の準備のため、
意外に多くの道具が必要になります。

 

例えば、テント、寝袋、ガスコンロやクッカーセット、
懐中電灯などの照明器具。

 

忘れてはいけないのは水と食料、それに衣類です。

 

ざっと数えただけでも、それなりの量になります。

 

運ぶことを考慮していないもので、
キャンプ用品を揃えると、ミニバンなど収納量が多い車でも、
すぐに一杯になってしまいます。

 

「運転席から後ろが見えない」なんて状態の車もよく見かけます。

 

ましてやバイクや自転車などでツーリングキャンプをするなんてもっての他。

 

運搬できる量がかなり限られるバイクや自転車においては、
”コンパクトなこと”は必要不可欠なことです。

 

一方、自動車で移動する人にとってもコンパクトな道具は、
社内のスペースに余裕を生み出し、
視界やドライブ中の快適さがちがいます。

 

値段は少々高いかもしれませんが、
キャンプ道具は、コンパクトで軽いものを選ぶのが正解なのです。

 

 

キャンプ道具の便利な使い方

 

 

キャンプ用品(とは限りませんが)の便利な使い方を紹介します。

 

ジップ付きビニールパック

 

台所でお馴染みのジップ付のビニール袋ですが、
これはキャンプでも活躍する一品です。

 

まずは、食材の保存ツールとして活躍します。

 

下ごしらえを済ませた食材をこのビニールパックに入れておけば
持ち運びに便利です。

 

次に、外遊び集めた、落ち葉や木の実、石など、
思い出の品を入れておくのに役立ちます。

 

水に濡れた靴下や肌着などの汚れものを入れたり、
乾電池やカメラ、携帯電話など電気機器を保管したり便利です。

 

軍手

 

テントをはったり、たき火の準備をしたり、荷物の運搬など、
キャンプでは「手」をよく使います。

 

普段持ち慣れないものを扱うと指先をきったり、
ささくれたり、ひどい時は出血してしまったりします。

 

こんな事態を避けるのに便利なのが軍手です。

 

軍手をすると、作業時の怪我を防ぐことができます。

 

ハンドタオル

 

手をふく、テーブルをふくなどあると便利なのがハンドタオルです。

 

暑い時は、水に濡らして首筋にあてがえば、熱中症の予防になります。

 

帽子を忘れた時は、頭に乗せておくだけでも涼しさが違います。

 

代表的なものをピックアップしました。

 

どれもコンパクトなものなので持ち運びに困りません。

 

 

コンパクトに持ち運べるキャンプ道具入れベスト4

 

 

キャンプも慣れてくると持っていくものが増えてきます。

 

そしてシーズンオフになると収納に困るのがキャンプ道具です。

 

そこで、運搬と収納の両方で活躍しそうな道具入れを紹介します。

 

収納ボックス

 

DIYセンターなどで見かける緑色っぽい色をしたケースです。

 

丈夫でそれほど重くありません。

 

同型のものを選べば積み重ねることができます。

 

一例としてアイリスオーヤマの収納ケース
ボックス密閉RV BOX(RVボックス)700があります。

 

本体にはまり込むフタのフレーム部分には
水に強いパッキン材を使っていますので、屋外での使用も安心です。

 

匂うものの収納にも重宝します。

 

ステンレスワイヤーバックルがあり、持ち手と合わせて運搬に便利です。

楽天で3780円です。

 

半透明な収納ボックス

 

100均やホームセンターで見かける収納ボックスです。

 

こちらも同型のものなら積み重ねることができます。

 

半透明のものなら、中に収納したものの確認もしやすいです。

 

あまり重いものが入れられないのと、
長い間使っていると割れやすくなるところに気をつけましょう。
無印良品参考で1000円くらいから購入できます。

 

買い物かご

 

スーパーや八百屋で使うような買い物かご。

 

100均などで購入することができますが、通気性、安定性は抜群です。

 

使わないときは入れ子のようにしておけば場所をとりません。

 

食材の運搬や水きり・保管、食器洗い、
薪や炭の運搬などなどいろいろな用途で使うことができます。

 

例えばアスクル参考の場合500円くらいで購入できます。

 

折りたためるツールボックスバッグ

 

ペグやハンマーなどの道具が入る大きさで、
使わないときは、上下に潰して小さくすることができます。

 

持ち手が付いていますから、運搬も楽です。

 

ペグ ケース FIELDOORが、楽天で2,700円くらいから購入できます。

 

 

まとめ

 

キャンプ場についてからの荷おろしであわてないため、
車に積むときスペースを取らないよういするため、
荷物は種類ごとに分けて、それぞれの収納ボックスいれましょう。

 

ボックスの大きさが揃っていると車に積むときや、
自宅の押入れに収納するのが楽になります。

 

ところでかさばりやすい寝袋は圧縮して収納したくなりますが、
使い終わったら大きめのコンテナや袋にいれなおしましょう。

 

圧縮したままですと
中の保温材の膨らむ力が低下して保温力が下がってしまいます。

 

湿気や虫に注意して保管したいので、
ボックスにいれるのなら除湿材と防虫剤を一緒にいれておくとよいですね。

 

使い終わった道具はしっかりお手入れして来年に備えましょう。