初詣に出かける前にルールを再確認!忌中と喪中?神社とお寺?

「喪中だから初詣には行けない」と思っている方、
実はそれ間違っています。

 

結論から言うと喪中の間に初詣に行くのは問題ないです。

 

初詣に行ける行けないというのは「忌中」か「喪中」か、
また「神社」か「お寺」どちらに参拝するかによって変わるので、
しっかりとルールを確認しておきましょう。

 

 

喪中の場合に初詣はどうするかルールを確認

 

まず、「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違いについてはご存知ですか?

 

どちらも「身内の死に際し、慎む期間」であり、
忌中は「穢れ(けがれ)である死を忌む期間」でもあります。
また、忌中または喪中の期間中は年賀状を出さない、正月飾りをしないなど、
お祝い事は控えるべきとされています。

 

忌中の場合は、最長50日間、

(亡くなった親族との続柄にもよるので一概には言えませんが…)
喪中の場合は、1年間という認識で構いません。

 

この2つの大きな違いは期間にありますが
全部ひっくるめて喪中とすることもあるため、
もしかしたら忌中はあまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。

 

さて、喪中の場合はなぜ初詣に行ってもよいのか?についてです。

気をつけるべきは「忌中の間に神社に参拝すること」で、
これは神社が「死は穢れ(けがれ)」として捉えているからです。

 

穢れである死を忌む期間である忌中は、神社に参拝するべきではありません。
そのため、忌明け(忌中の期間が過ぎること)を迎えた後や
喪中の期間であれば神社を参拝しても良いとされています。

 

ちなみにお寺には死を穢れとする考えはありませんので、
忌中でも喪中でも参拝についての制約はとくにありません。

 

 

喪中で初詣に行けない場合お守りはどうするか?

 

 

先ほども説明しましたが喪中の間に初詣に行くのは問題ありません。
お守り(またはお札)についても同様です。

 

忌明けを迎えた後であれば、お守りを買うこともお焚きあげに出すこともできます。
とは言っても、やはり年が明けてすぐに行くのは
気が引けるという方もいるかと思います。

 

そのような場合は小正月または立春あたり、
少し期間を空けてから行ってみてはどうでしょう。

 

また、忌中なのにやむを得ず行かなければならないという方はお寺に行くか、
もしくは忌中でない親族の方にお願いするという手もあります。

 

 

最後に

 

「忌中」とか「喪中」って人生でそう何度も経験するものではないので、
よく知らないという方も多いと思います。

 

今回はこの2つの違いについて説明してきましたが、
住んでいる地域の神社やお寺によって
若干ですが考え方が異なることもあるようですので、
どうしても気になるという方は直接問い合わせてみることをおすすめします。