事務職必見!ぜひ取っておきたい資格一覧!

今まで仕事で身に付けたスキルを他の人に説明しようとした時、
職務経歴を履歴書に示そうとした時、困ったことはありませんか?

 

一口に事務職といっても
勤務先ごとに事情(事務作業の流れ)が違いますから、
客観的に示すのは大変です。

 

では自分のスキルをどうやったら客観的に評価できるのか?
と考えた時、有効なものが資格です。

 

多くの社会人が受ける資格なら、
知名度があるので客観的な評価に役立ちます。

 

もちろん履歴書に記載してアピールすることができますから、
転職時の武器になります。

 

キャリアインデックスの調査によると、
パソコン、経理、語学などが人気資格の上位となります。

 

事務職として自分の能力を伸ばすのに役立ち、評価にも役立つ。
そんな資格を紹介します。

 

 

事務職系資格ならパソコン系は必須!

 

 

今や多くの職場に置かれているパソコン。

 

ご家庭でもインターネットで調べものをしたり、
SNSや動画をみたりといろいろな使い方をしていると思います。

 

事務職の求人でも
「パソコンの基本操作ができる方」
「Word・Excelが使える方」
といった条件をよく見かけます。

 

今頃でしたらキーボードから数値の入力をしたり、
文章を書いて印刷したりするのは、みなさん普通にできるでしょう?

 

それなのに募集条件になるということは、
単なるデータ入力、文書作成以上のことが求められているのです。

 

ですが、「パソコンでできること」といってもいろいろです。

 

Wordで文書の作成、
Excelで表計算、
PowerPointでプレゼン資料の作成はもとより、
それぞれのマクロやVBAを使ったプログラミングまで、その範囲は広大です。

 

そんなパソコンスキルを客観的に証明できる資格として

 

候補にあがるのが次の2つ。

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

 

パソコンソフトの世界シェアNo1のマイクロソフト社が資格認定する制度です。

 

エクセルやワードをなどの利用スキルについて、
一定水準を満たしていることを
ソフトメーカーのマイクロソフト社が認定する資格です。

 

日商PC検定

 

日本商工会議所が認定するパソコンの資格です。

 

MOSの次によく知られている資格と言えます。

 

試験・資格の内容は、
「仕事の業務においてWord・Excel・PowerPointが使えるかどうか?」と
「IT関連の多少の知識があるかどうか?」を問うものです。

 

MOSよりビジネス向けの知識や実技を求めるのが特徴です。

 

 

事務職系資格で他のおすすめは?

 

 

事務系の仕事の代表と言えばやはり会計、帳簿の類いと語学でしょう。

 

資格においてもこの2つは人気の上位にいます。

 

エン・ジャパングループのエン転職においても取り上げられています(参考)

 

会計系の資格なら、日商簿記です。

知名度においては文句なし。全国で通用します。

 

内容も経理や財務だけではなく
一般事務などでも活かせる広い範囲で使える資格です。

 

勉強しておいて、損はないでしょう。

 

また、会計士や税理士を目指すのにも役立ちます。

 

語学系なら英語。

 

そして英語ならTOEICがおすすめです。

 

多くの企業で、入社時の募集条件に取り入れています。

 

グローバル化が進みインバウンドが盛んな今日この頃では、
メーカーや商社、外資系企業を問わず英語を使う場面が多々あります。

 

もちろん企業のほうでも、英語力を求めています。

 

そんな時、あなたの英語力を示す指標として役立つ資格です。

 

履歴書に書くのなら、一般的にはTOEIC600点以上が目安です。

 

 

事務職系資格を目指しつつ転職活動も始めよう!

 

 

資格取得の勉強は孤独との戦いです。

 

周囲の同僚や友達が、飲み会とかレジャーとかで楽しんでいるときに
一人で勉強することになります。

 

そして、資格を取得してもそれが給与に確実に反映されるわけではありません。

 

大手企業の中には、資格取得に対して積極的に支援の姿勢を示していますが、
そうでないところも多いのが実際です。

 

そこで、資格取得のモチベーションを保つために、
取得できるであろう資格を生かせる職場を探すことを考えましょう。

 

マイナビ転職など多くの職業紹介会社では、
キャリアアドバイザーがあなたの転職の相談にのってくれます。

 

その中では、
あなたの価値を高め
キャリア構築に役立つ資格についてアドバイスしてくれます。

 

それも転職サイトに登録すれば無料で受けることができます。

 

自分の好きな分野の資格を目指すのもよいのですが、
資格取得の最終的な目的がキャリアアップなら、
アドバイザーに有効な資格を紹介し、それを目指す方法もありだと思います。

 

 

まとめ

 

資格取得には少なからず時間とお金がかかります。

 

ですから、資格を趣味で取得する人もいらっしゃるでしょうが、
多くの人は自分の人生・キャリアに役立つことを期待していると思います。

 

あなたの貴重な時間とお金を使うのなら、
キャリアアップに有効なものを目指すべきでしょう。

 

客観的な評価を行うためには、
周囲の人のアドバイスをもらうことが有効ですが、
キャリアアップや転職がからむとそれも難しくなります。

 

そんな時は、転職サイトの活用も視野にいれましょう。

 

自分の将来のために本当に必要な資格を見定め、
資格取得に臨みましょう。

 

しっかりしたプランに沿って行動すれば、
転職にも役立つ「資格」が得られると思います。