子宮外妊娠の兆候って?自分でわかるもの?

子宮外妊娠とはその名の通り
子宮以外の場所で妊娠してしまうことを言います。

 

子宮外妊娠であっても検査薬では陽性という結果が出るため、
産婦人科のエコーで診てもらわないと
子宮外妊娠かどうか、判断できません。

 

もし子宮外妊娠だった場合、
妊娠を継続することはできなくなってしまいます。

 

妊娠を希望している方にとっては、
検査薬で陽性が出ても、子宮外妊娠の可能性を考えると
心配になってしまいますよね。

 

そうでない方にとっても、
自分の命を守るために知っておかなければいけない知識だと
私は考えています。

 

というのも、
子宮外妊娠を放って胚が大きくなってしまった場合、
卵管破裂を起こしてしまい
命の危険を伴うこともあるそうです。

 

そうならないためにも、まずは自分が妊娠しているかもしれない
と気づけなくてはいけません。

 

そこで、妊娠の兆候と子宮外妊娠の判断の仕方について
まとめたので参考にしてみてください。

 

 

妊娠の兆候で熱は出る?

 

 

毎月来ていた生理が突然来なくなると「妊娠を考える」
という人は多いと思います。

 

でも、それだけで妊娠していると断定することはできませんし
そもそも生理不順の人にとっては
判断材料にすることも難しいものです。

 

そこで、より確実なのは体温を確認することです!

 

女性の体温には、
生理の周期によって低温期と高温期があります。

 

女性の体は、生理から排卵までは低温期で、
排卵をすると体温が上がり、高温期になります。

 

そして、妊娠しなかった場合は高温期が2週間ほど続いたのち、
体温が下がって生理が来ます。

 

しかし、妊娠をしていると、
2週間ほどで下がるはずの体温が下がらず、
ずっと高温期を維持し続けます。

 

ただし、38度近くの高熱の場合は
妊娠の症状とは言えないのですぐに病院に行きましょう。

 

よく、生理の症状と妊娠の症状は似ていると言われますが、
体温の変化は、生理と妊娠の症状の違いの1つでもあります。

 

生理不順の方であっても判断しやすい症状ですし、
むしろ生理不順の方にこそ
自分の体の状態を把握できる方法でもあるので
普段から基礎体温を測る習慣をつけて欲しいと思います。

 

 

基礎体温の測り方

 

 

ちなみに、基礎体温の測り方は、

 

  • 毎日同じ時間に測る
  • 測定しているときはじっとする
  • 測定場所は舌の裏でする

 

というのが大切です。

 

体重などもそうですが、比較をするときには
最初の測定の時と同じような状況で測らなければ
正確に比較できませんよね。

 

基礎体温もそれと同じで、毎日同じ時間に測る必要があります。

 

その時間は寝て起きた朝がオススメです。

 

基礎体温はなるべく動かずに行ったほうがいいため、
ベッドに体温計を置いておいて
朝起きたらすぐに舌の裏で測るのがいいと思います。

 

一度起き上がってしまっても
30分以上安静にしてから測り直せば問題はないそうです。

 

習慣にしてしまえばあまり面倒なことではないように感じます。

 

朝に測れないという方も、
夜の寝る前、お風呂に入る前など
時間を決めて測ってみてください☆

 

 

妊娠の兆候?おりものの変化

 

 

そしてもう1つ。
妊娠をしていると変化する体の症状として、
おりものの変化があります。

 

一般的には、妊娠するとエストロゲンの分泌によって
妊娠初期には水っぽいゼリー状のようなおりものが増えていきます。

 

色や匂いも、
透明や白色だったのが濃いクリーム色になったり、
生臭いような酸っぱい匂いになる人もいます。

 

また、着床出血と言って
受精卵が着床した際に出る血がおりものに混ざって
出てくる場合もあります。

 

茶色いおりものやピンク色のおりもので、
量の少ない時は着床出血の可能性もあります。

 

 

ただし、酒粕やチーズのようにボロボロしているおりもの、
黄緑色や、嫌な匂いのする場合は
妊娠ではなく感染症や炎症を起こしているかもしれないので
早めに病院を受診しましょう。

 

 

子宮外妊娠には兆候はあるの?

 

 

子宮外妊娠を心配している人にとっては、
ぶっちゃけこれが一番気になるところです。

 

Women on Webによると、

 

  • 腹部や骨盤の痛み
  • 骨盤の片側の痙攣
  • 少量の膣異常出血
  • 乳房痛
  • 吐き気
  • 腹痛

 

の症状があると子宮外妊娠の可能性があるそうです。

 

でも、これのほとんどの症状が
妊娠初期の症状と被っていますね・・・。

 

腹部の痛み、少量の出血、吐き気などは
私も妊娠中に実際に感じていた症状です。

 

これらの症状が出たからといって、
子宮外妊娠だと決めつけることはできないと思います。

 

 

まとめ

 

妊娠の症状は調べてみるとたくさん出てきますが、
主にこの2つの症状は
体のメカニズムでもあるので判断しやすいポイントです。

 

特に基礎体温を把握しておくことは
自分の体調の変化にも気付きやすくなるため、
健康を保つためにも大切なことですので、
ぜひ今日から実施してほしいと思います。

 

妊娠を希望している方にとって、
子宮外妊娠は不安のタネかもしれませんが、
自分で判断することは難しいと思います。

 

私も妊娠していた時は毎日不安だったので
お気持ちはすごくわかるのですが、
その不安は病院に行って確認すればすぐに解消されます。

 

正常に妊娠していた場合、気持ちの変化や動揺などは
ママにもお腹の赤ちゃんによくありませんので、
音楽を聴いたり、気分転換をして気持ちを落ち着かせて、
病院に行く日までの時間を安静に過ごしてくださいね☆