登山用品のおすすめご紹介!

登山というと普段は近よりがたい山に、厳しい気候の中で挑戦する、
ある種の冒険のようなイメージがありますよね。

 

ですが、登山はさまざまなものがあります。

 

特別なチームを組んで挑戦するエベレスト登頂のようなものもあれば、
近所の山に日帰りで行くものもあります。

 

あなたの体力や都合に合わせて行うことができるアクティビティなのです。

 

その魅力も人それぞれです。

 

自然の中に入り満喫するのもよし、
登りきった満足感を味わうのも、
体力づくりの一環として歩くのもあるでしょう。

 

いろいろなコース、日程で楽しむことができる登山ですが、
やはり人里離れた自然の中に入る行為ですので、
しっかりとした準備が必要です。

 

そしてさまざまな種類やタイプの登山用品が販売されています。

 

そこで、これから登山を始める人に紹介したい装備についてまとめてみました。

 

 

登山用品初心者はコレからそろえよう!

 

 

いざ登山用品を買おうと思ってお店をのぞいてみると、
種類の多さと値段が高いことに驚かされると思います。

 

普段と違って、厳しい環境の中で使うものですから
お値段が高めなのは仕方ないところです。

 

ですから、あなたの登る山やコースに合わせて少しずつ揃えていきましょう。

 

では初めに揃えたいものは何か?と問われたら、
登山靴、レインウェア、ザックの3点をおすすめします。

 

登山靴

 

街中の舗装路と違って、
登山で歩く道は、土、砂、石がごろごろした路面など、
状態が様々に変化します。

 

平らなところもあれば急な斜面もあります。

 

そんな道を長時間歩くために基本となるのが
登山靴(やトレッキングシューズなど)です。

 

その種類は、皮革製、ナイロンなどの化学繊維、
それらのミックスなどいろいろです。

 

形状は、くるぶしまですっぽり覆うものから
ランニングシューズやスニーカーに近いローカットのものがあります。

 

靴底の違いもあり、まさに千差万別です。

 

分からないときは店員さんに相談して、
自分の目的と自分の足に合うシューズを選びましょう。

 

レインウェア(雨具)

 

 

レインウェア(雨具)は雨に備える山の必須装備

 

「山の天気は変わりやすい」と言われますが、
本当に変わりやすく、
歩いているうちに雨に降られるということはよくあります。

 

雨風に当たると体は冷えます。

 

そこに風があたり気化熱を奪われることで、
真夏でも低体温症になってしまうこともあります。

 

ですから、雨風を遮り、体温・体力を保持するため
レインウェアは必ず持っていくべきものです。

 

外からの水・風を防ぐ一方で身体からの汗(湿気)は逃がすことが理想です。

 

ゴアテックスのような防水透湿素材を使用したものがよいでしょう。

 

登山中に使用するので上下セパレートのものが使いやすいです。

 

なお、晴れているときは使用ませんから、
軽量でコンパクトになることも大切です。

 

しっかり試着をして買うようにしましょう。

 

ザック

 

登山に手ぶらで行くことはありません。

 

雨具、衣類そして食糧と持って行かなければならないものがあります。

 

そんな荷物を長時間少しでも楽に運ぶために必要なものがザックです。

 

足元の悪い山道を歩くときに両手を空けておく必要にも合います。

 

ザックの大きさは、容量(一般にはリットル)で表します。

 

日帰りなら20リットル前後、
山小屋1泊2日で30~40リットル程度が目安です。

 

カラーやデザイン、機能もいろいろなものがあります。

 

実物を見て自分の体にフィットするザックを選びましょう。

 

専門誌「山と渓谷」では、”三種の神器”と呼ばれる、
登山靴、レインウェア、ザックの次に買うべきものとして、
「ヘッドランプ」を必須アイテムとして紹介しています。

 

街での暮らしに慣れたわたしたちには、
日の暮れた山はとても暗く感じます。

 

視界が悪いなか、両手の自由を保ったまま灯りがとれる
ヘッドランプは重宝するそうです。

 

他にも防寒着などが候補にあがっていました。

 

 

機能性高い登山用品のおすすめブランド3選

 

 

先に紹介した「山と渓谷」のサイトで紹介されている用品の多いブランドを見てみます。

 

モンベル(mont-bell )

 

登山用品のブランドとして多くの登山者に支持されているのがモンベルです。

 

商品の種類が多くて、
国産メーカーならではの値段と安心感
そしてショップにいけば経験豊富な店員さんがアドバイスをしてくれる
という初心者にはうれしいところです。

 

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE )

 

1968年の米国のカリフォルニア州バークレーで創業した会社です。

 

高品質の素材から作られたクオリティの高い寝袋やパーカー類が有名です。

 

また世界で初めてドーム型テント「オーバルインテンション」を発売しました。

 

ノース・フェイスのパーカー類は登山の時だけではなく、
普段の時にも使える便利なブランドです。

 

パタゴニア(patagonia)

 

こちらもアメリカで
登山、サーフィン、アウトドアなどの用品を製造販売している会社です。

 

民生品とあわせて軍用品を作っている会社です。

 

軍事用として鍛えられたパタゴニア製品の機能性は定評があります。

 

マウンテンパーカーなどの衣服やリュックなどに人気があります。

 

 

まとめ

 

登山は誰でも始められるアクティビティですが、
自然の中に入るための準備が欠かせないものでもあります。

 

山に入ったのなら、頼りになるのは自分がもっといるものだけです。

 

ですから初めての人こそ、しっかりとした用品を選んでほしいと思います。

 

登山専門店で、経験豊富な店員さんのアドバイスをもらいながら、
あなたにあったものを選んでください。

 

そして、登山という素晴らしい体験を楽しんでください。