転職の履歴書写真を撮影する時に気をつけるべきこととは?

履歴書は人事部門の人が最初に見る書類です。

 

履歴書写真を撮るのは初めてではなくても、
時間が経つとマナーを忘れてしまっていたり
不安になったりするものです。

 

写り方やマナーによっても印象が変わってくるので、
履歴書写真は正しく綺麗に撮りたいですよね。

 

そこで、履歴書写真を撮る際に気をつけることについて
調べてみました。

 

 

転職の履歴書写真を撮る時にベストな服装は?

 

 

これはほとんどの方が理解していると思いますが、
履歴書写真の服装で普段着を選択するのはNGです。

 

男性の場合、スーツは黒色や紺色。
シャツは白色が一般的です。

 

ネクタイが歪んでいないかを確認し、
メガネのかけ方にも注意しましょう。

 

女性の場合も、スーツは黒色か紺色かグレーなど濃いめのスーツ、
ブラウスやインナーは男性同様、白色が一般的です。

 

胸元が開きすぎないように、
鎖骨が少し見えるくらいを意識しましょう。

 

男性女性同様、サイズはタイトすぎず緩すぎないようにします。

 

スーツの色に関しては暗めが主流ですが、
自由な社風の会社であれば明るめのジャケットにするのも
他と差をつけられるのでオススメです☆

 

印象を良くするためには、
服装だけではなく、髪型や女性はメイクも大切なポイントです。

 

男性も、クマがひどかったり、日焼けをしすぎている場合は
コンシーラーやファンデーションで調節すると
印象を変えることができます。

 

全体的に清潔感のある服装、髪型、メイクにすることが
大切なのですね。

 

 

転職の履歴書写真の背景に気をつける理由

 

 

みなさんは履歴書の背景について考えたことはありますか?

 

私は正直、これを調べるまで
背景にこだわったことはなく、無難な白を選択していました。

 

就活用で背景色を選ぶなら、
無難な白やブルー、グレーが一般的なようです。

 

しかし白の場合、人物がはっきりと写りすぎてしまったり、
明るく写りすぎることもあるようです。

 

グレーだと、白の弱点は補えますが、
少し暗いイメージになってしまうなど、
色によってかなり印象が違ってくるようです。

 

個性を出すという意味では、
明るさを出すオレンンジや爽やかさのあるグリーンなどが
オススメです。

 

自分の表現したい印象に合わせて色を選択すると
いいみたいですね。

 

ちなみに、落ち着いた雰囲気を出したい時にはブラウンを、
フレッシュな感じを出したい時にはピンクを選択すると
いいみたいです☆

 

 

最後に

 

履歴書には志望動機やアピールポイントなどを
書くことはできますが、
履歴書写真や文字の印象だけで
その人の醸し出す雰囲気や印象まで理解するのは
なかなか難しいものです。

 

写真の印象は無意識に
その先の評価にも影響してしまうと聞いたことがあります。

 

だからと言って、神経質になる必要はなく
自分の長所はなんなのか、
自分雰囲気はどんな感じなのかを考えて
それを写真で表現してあげるのが大切なんだ
ということを今回調べてみて学びました。

 

みなさんも、
自分のいいところがより引き出されるような写真を撮って
就職活動をうまく進めていきましょう。