• 生活術
フリマアプリ使っている人必見!あなたの商品が売れない理由

みなさんフリマアプリは活用していますか?

 

私は、子供用品や化粧品の試供目的で
フリマアプリを利用して安く手に入れています。

 

今までは買う専門でしたが、
子供ができてから子供服のサイズアウトの早さに困り、
最近、もう着ない服を売りたいと考え始めました。

 

ブックオフなどのリサイクルショツプに行くよりも
高値で売れると思って
フリマアプリを活用したいと考えていたのですが・・・、

 

なかなか売れないという話も聞いたので
フリマアプリの売り方について調べてみました。

 

売れないと悩んでいる人や、私と同じ初心者の方、
一緒に勉強しましょう!!

 

 

フリマアプリはメルカリを使うべき5つの理由とは?

 

 

今はCMでも色々なフリマアプリが
紹介されていますよね。

 

どれを選べばいいかわからないなら、
まずはメルカリを使うべきです!

 

それには5つの理由があります。

 

ユーザー数が多い

 

私もメルカリをこの理由で選びました。

 

商品を出品したのに、見てくれる人がいなかったら
誰も買ってくれません。

 

メルカリは、取引が活発なので最短10秒で
売れてしまうこともあるみたいです!

 

メルカリ便が便利

 

メルカリには専用の宅配サービスがあります。

 

このサービスのいいところは
全国の送料が一律だということです。

 

メルカリではほとんどの出品者が送料を自費で
負担しています。

 

購入者が遠い地域の方でも送料を気にせず取引できるのは
とっても便利だなって思います。

 

大型商品の手数料が安い

 

商品が大型だと配送料などが気になります。

 

宅配便のサイズが60センチ以上だった場合、
他のフリマアプリに比べて200円ほど安く
利用できます。

 

例えば、子供のハイチェアなどを出品するなら
安く送れるメルカリを利用するべきです。

 

匿名配送できる

 

これも、メルカリ便のいいところの1つなのですが、
匿名で配送することができます!

 

私が実際に利用していてもほとんどの方から
匿名で配送されてきます。

 

安心して取引を行うためにも個人情報を保護してくれる
サービスがあるのはありがたいですね。

 

バーコード読み取り機能がある

 

本などを売る場合、いちいち情報を入力しなくても、
バーコードを読み取れば状態などを記入するだけで
すぐに出品できます。

 

本を売りたいと思う時って、
だいたい10冊以上とかになってしまうので
めんどくさいからリサイクルショップに持って行っちゃえ!
ってなってしまうんですよね。

 

でもこの機能を使えば短時間で終わらせることができて
とても便利です。

 

しかし、メルカリはいいところばかりではありません。
もちろんデメリットもあります。

 

それは、ユーザー数の多さと販売手数料です。

 

ユーザー数が多いということは、
「それだけ色々な方が利用している」ということです。

 

値段交渉の際、無理な値下げをお願いされたり、
理不尽なクレームをつけられたり・・・。

 

問題が起きてしまった時は、
きちんとメルカリが対応してくれるようなのですが、
ユーザー数はメリットでもありデメリットにもなるんですね。

 

そして、メルカリの販売手数料は10%です。

 

1000円売れたとしても、
実際の利益は900円ということになります。

 

ラクマだと販売手数料は3.5%なので高い製品だと
それだけ利益が低くなってしまいます。

 

それでも、メルカリが人気なのは
やはり取引が活発だということが評価されているんだと思います。

 

手数料は少し高くても、
早く確実に売りたいのであればメルカリを活用するのが
私は一番いいなと思いました。

 

>> メルカリ新規登録はこちらから
※登録時に紹介コード CSPTDA を入力で300円分のポイントがゲットできます。

 

 

フリマアプリで必ず売れるやり方

 

 

フリマアプリで商品を売るにあたって、

 

  •  紹介文を丁寧に書く
  • 綺麗な写真を用意する
  • 高すぎない値段設定

 

ということが大切になってきます。

 

紹介文は購入者が買うときに必ず確認する文です。

 

購入者を安心させるためにも、
トラブル防止のためにも、
丁寧に紹介文を心がけることが大切です。

 

私も実際に購入する時は、
販売者のプロフィールから購入ルールや状態を
確認します。

 

例えば、

 

「◯年使用していましたが、目立つ傷はほとんどありません。」
「未使用ですが、自宅保管のため気になる方はご遠慮ください。」
「2回ほど使用しました。ここに傷があります。」

 

など、商品の状態がよくわかると買い手も安心して
買うことができます。

 

そして、写真も重要なポイントです。

 

商品名を検索するとキーワードに沿った商品の一覧が出てきます。

 

画面には、プロフィールではなく
写真と値段のみが掲載されているので、
どんなに紹介文を丁寧に書いても
写真が汚く誰もチェックしてくれなかったら意味がありません。

 

中古品なので、背景が汚いと買う側も
買う意欲が湧きません。

 

洋服であればしわなどにも注意したいです。

 

個人的には、
商品を実際に見て買うことができないので、
細かいところまで写真に残してくれている方は
好感が持てて購入してしまいます。

 

そして最後に価格設定です。

 

高く売りたい気持ちもわかりますが、
高すぎると絶対に売れません!

 

売る前に、自分の売りたい商品は
だいたいいくらで売られているのかを
調べると確実だと思います。

 

メルカリ

メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ
紹介コード: CSPTDA

 

 

最後に

 

フリマアプリでは、
Apple製品や名作のゲーム、ブランドの洋服、
子供服、デジタルカメラが人気のようです。

 

とりあえず、人気のカテゴリーに絞って
売る商品を決めてみるのもいいかもしれません☆