初めてママが知りたい「夜泣き」の原因とは。1歳の夜泣きって変!?

夜中に急に泣き出し、
オムツを替えても、抱っこをしても泣き止まない。

 

育児をしていると色々な悩みが出てきますが、
夜泣きは深刻な悩みの1つですよね。

 

私の子供も現在9ヶ月ですが、
ほぼ毎日2~3時間おきの夜泣きに悩んでいます。

 

夜泣きはもう仕方のないものと割り切っていましたが、
さすがにそろそろ疲れてきたので
夜泣きについて、原因と対策を調べてみました。

 

 

夜泣きの原因を知ってストレス軽減!幼児の夜泣きは自然なこと

 

 

そもそも夜泣きとは、
生後6ヶ月から1歳半くらいに多くみられる
夜の睡眠中に目を覚まして激しく泣く状態のことで、
だいたい6割くらいのママが経験することみたいです。

 

そして夜泣きには、
0〜3ヶ月、4ヶ月〜1歳半、1歳半以降と傾向が分かれていて
4ヶ月〜1歳半の夜泣きは、

 

  •  睡眠不足
  •  生活リズム
  •  寝室の環境
  •  睡眠と授乳と抱っこの関連付け(クセ)

 

が原因になっていて、
特に最後のクセの問題が大きいそうです。

 

確かに私の子供も添い乳で寝かしつけていますが、
夜中に起きるときは、
「お腹が空いた」や「オムツ交換」が理由ではなく、
「口さみしい」という理由で起きているような気がします。

 

このようなクセが原因の場合は、
「ねんねトレーニング」という方法があるみたいなので
あとで詳しく紹介したいと思います☆

 

 

夜泣きの原因でよく言われる「疳の虫」それって何?

 

 

インターネットなどで「夜泣き」を検索すると
一緒に「疳の虫」というワードが出てきます。

 

おばあちゃん世代とかだと
夜泣きは「疳の虫」が原因だと言う方々も多くいますが、
「疳の虫」とは一体なんなのでしょう?

 

「疳の虫」の症状には、

 

  •  癇癪を起こす
  •  不機嫌
  •  すぐに苛立つ
  •  必要以上になく

 

などがあります。

 

つまり、「疳の虫」とは精神活動の乱れを表しているのです。

 

そのため、心身のバランスが整って来れば
治ってくると言われています。

 

 

みんなはどんな夜泣き対策をしているの!?

 

 

では、その心身のバランスを保つために
世のママたちはどんなことをしているのか調べてみました。

 

夜泣きを防ぐために行なっていること

 

  •  添い寝をする
  •  昼間に運動させる
  •  遅い時間に昼寝をさせない
  •  朝早く起こす

 

赤ちゃんの生活習慣を見直すことによって
夜泣き対策を行なっているママが多いようですね。

 

あとは、添い寝を一緒にして赤ちゃんを安心させる
という方法をとっているママもいるようです。

 

夜泣きを始めた時の対処法

 

  • 抱っこする
  •  おっぱい、ミルクをあげる
  •  話しかける
  •  一度起きて遊ぶ
  •  音や音楽を聴かせる
  •  ドライブに連れていく

 

など色々あるようです。

 

私の子は車が苦手なのか、
ドライブでは寝る気配がありませんでした。

 

抱っこしたり、遊んであげたりすることで、
赤ちゃんの夜泣きも落ち着いて寝てくれることはありますが、
なんせ夜中。

 

体力的にも精神的にもかなり辛いですよね・・・。

 

結果、いつも私は一緒に休むことのできる
添い乳という手段をとっています。

 

 

脱夜泣き!「ねんねトレーニング」の方法とは?

 

 

夜泣きのたびに対策をとるという方法もありますが、
「ねんねトレーニング」をして
夜泣きと永遠におさらばをする方法もあります。

 

1 生活リズムを決める。

 

起きる時間、ご飯の時間、昼寝、寝る時間などの
生活サイクルの時間を決めましょう。

 

起床は朝の7時前後、就寝は7時〜8時、
お昼寝は遅くても16時ごろまでにするのがおすすめです。

 

2 寝る前の儀式を決める。

 

絵本を読んだり、音楽を聴いたり、部屋を暗くしたりと、
寝る前に行う儀式を決めましょう。

 

毎日繰り返すことによって習慣になり、
儀式によって眠りにつけるようになってきます。

 

この時の注意として、添い乳で泣かしつけるのは
やめましょう!

 

最初は大泣きして大変な思いをしますが、
トレーニング成功のためには
負けずに授乳しないことが成功のカギとなります。

 

3 眠りにつくまで入退室を繰り返す。

 

赤ちゃんが起きている状態で「おやすみなさい」
と声をかけて部屋を出てください。

 

赤ちゃんが泣いてもすぐには部屋に入らず
3分ほど経ったら様子を見に行きましょう。

 

抱き上げずにトントンしたりしながら「大丈夫だよ」と
優しく声をかけてあげます。

 

滞在時間は2分ほどで、まだ泣いていたとしても
そのまま部屋を出ましょう。

 

次は5分待ち、また2分様子を見る。

 

それでも寝なければ7分、と間隔を開けていきます。

 

初日は大変ですが、次の日、また次の日と
続けるうちに間隔は短くなっていくと思います。

 

赤ちゃんが泣いているとどうしても抱っこしたくなりますが、
そこはぐっと我慢して
赤ちゃんの「1人で眠る力」を応援してあげましょう。

 

また、このトレーニングはパパの協力もあると
スムーズに進むと思います。

 

早速夫婦で相談してみてください☆

 

 

最後に

 

「夜泣き」からの脱却方法として
「ねんねトレーニング」を紹介しましたが、
ママにとってはなかなか寝られず
大変な思いをしてしまいます。

 

トレーニングに成功すれば、
その後はまとまって睡眠が取れる
天国が訪れるわけですが(笑)

 

それでも添い乳などの方が楽だという方は
無理に行うべきことではないようです◎

 

大丈夫です。
夜泣きもいつかは治ります。

 

ママにとって一番楽な方法を選択してみてくださいね☆