マタニティヨガをおすすめする理由とその効果

妊娠をすると赤ちゃんに会えるのが楽しみ!

 

でもその反面でやってくるのは、
なかなか大変な妊娠生活と出産時の痛みなどの不安ですね。

 

私は出産時の不安はほとんどなかった妊婦でしたが、
やはり日々体調が不安定なこともあり、
重いお腹で動き回るのは大変だったな~と思います。

 

でも乗り越えてみるとそれも良い経験だったなと思るものです。

 

そんな10カ月に渡る妊娠生活ですが、
のんびりとしているだけでは生活も出産も乗り越えるのが難しくなります。

 

安定期ぐらいに入ったら身体をそれなりに動かすことが大切…
妊婦さんにオススメな運動なのがマタニティヨガでもあります。

 

妊婦に負担が少なく、
でも身体が動かせるので様々な効果を期待できるんですね。

 

マタニティヨガがもたらす妊婦さんに良い効果。
やる頻度はどれぐらいが良いのかを紹介していきます。

 

 

妊娠中のヨガで得られる一番の効果は「精神安定」

 

 

妊娠生活はホルモンの影響や身体の不安定さもあり、
心身ともに不安定になりやすいことがあります。

 

身体を動かしづらいですが全く動かさないと体重だけが増加していき、
出産時や胎児の成長にリスクを背負うことも…

 

そんな様々な妊婦の悩みをマタニティヨガは解決してくれるんですね。

 

妊娠中はホルモンの影響で精神が不安定になりやすい

 

ホルモンの影響は色々あります。

 

出産が不安になる。
妊娠生活が滅入ってくる。
いずれ迎える出産が大変そうで不安になる…

 

そんな様々な不安定さに涙してしまう妊婦さんもいます。

 

マタニティヨガを行うと身体を動かすことでリラックス効果が期待でき、
そんな不安を解消してくれるのが期待できるというわけです。

 

身体を動かすことで体重も安定、身体も楽になる

 

妊娠時は身体が重い…
安定期ぐらいならまだそれほどでもありませんが、
後期に入るとその重みを実感できます。

 

その重みが胎児の重みなら良いのですが、
自分の脂肪の重みとなるとなかなか大変な事態です。

 

自身の体重増加は胎児の巨大化にも繋がり、
いずれ訪れる出産が難産に繋がるリスクがあります。

 

マタニティヨガは
専門知識を持ったインストラクターが妊婦さんの血圧や体調に配慮し、
安全に身体を動かせるので体重の増加を防ぐことも期待でき、
増加をしすぎないことで妊婦さんも身体が楽になるのです。

 

呼吸方法が学べ、出産に対する度胸もつく

 

マタニティヨガの醍醐味は出産時の呼吸方法が学べることにもあります。

 

出産時には赤ちゃんに酸素を送るために呼吸をするのは大事ですが、
赤ちゃんが出口へ向かうためにも呼吸をするということが重要になります。

 

でも陣痛の痛みなどでパニックになると呼吸を忘れてしまう妊婦さんも多くいます。

 

呼吸方法をあらかじめマスターしておけば、
いざという時も落ち着いてその呼吸をすることができ、
結果安産に繋がるということなので
「呼吸なんて問題ないでしょ」と思わずに習っておくといいですよ。

 

身体を柔らかくでき、出産が楽になる

 

妊娠をすると身体の動きに制限が出てきますが、
身体の柔軟性は出産時にとても役立つものです。

 

全身の身体の緊張をほぐすことも大事ですが股関節の柔軟は特に効果的。

 

私は元から開脚をして床にピッタリくっつくほどの柔軟な身体をしていますが、
やはり出産は楽にできた方だと思っています。

 

妊娠してからも体調が良い時は開脚、
足上げのストレッチを行っていたりしました。

 

妊婦の悩み、便秘解消にも繋がる

 

妊娠をするとお腹が圧迫されるので、
腸の働きが悪くなることと
摂取した水分が赤ちゃんの羊水に回るので便秘がちになります。

 

マタニティヨガで身体をねじる運動がありますが、
腸を刺激してくれるので便秘改善にも役立ってくれます。

 

便秘になると余計にお腹が苦しくなってくるので早めに改善できるようにしたいですね。

 

 

マタニティヨガを効果的に行うにはどのくらいの頻度がおすすめ?

 

 

妊婦さんがマタニティヨガを行う時はとにかく体調が良い時に行うことです。

 

そして週に1回程度専門の方に習い、
あとは家でのんびりと行っていくのがオススメです。

 

大体は週1回に参加、あとは家で実践

 

妊婦さんは身体を鍛えるのが目的ではないので、
無理のないペースでやっていくのがいいですね。

 

マタニティヨガはスタジオやジム、産院など、
様々な場所で行われていますので自分が通いやすい場所を選ぶのがオススメ。

 

通うのは週に1回に定期的なペースで。

 

あとは体調の良い時に家でのんびりとやるのが良いと言われています。

 

始める前には医師に相談、安定期に入ってからが良い

 

マタニティヨガは開始をする前に必ず医師に相談してから始めるのがいいです。

 

妊婦の体調には個人差も大きく、
中には早産のリスクがある方もいるので、
自身の判断で行うのはよくありません。

 

妊娠14週目前後の安定期に入ってから始めるのが良いと言われていますので、
それぐらいになったら医師に確認してみるといいですね。

 

マタニティヨガはあせって始めなくても問題ありません。

 

 

まとめ

 

マタニティヨガは妊婦さんにとっては良いことづくめ。

 

精神の安定や体重増加の抑止、
出産時の安産や便秘改善など、
妊婦の悩みに大いに役立ってくれることが期待できます。

 

オススメ頻度は週に1回ペースで専門家に習い、
あとは家で無理のないペースで行うことです。

 

のんびりとクラシックや自分の好きな曲を聞きながら行うことで
リラックス効果の倍増も期待できますよ。