ランドセルで人気なのは定番の天使のはね、値段もお手頃

子供のランドセル選びは
子供が小学生に上がる前年度になると準備に入る方が多いですね。

 

早く準備に入らないと
気に入ったデザインはすぐに売り切れてしまいますし、
人気のデザインなんか値段が高くても
あっという間に完売もしてしまうと言われています。

 

なので早めに目をつけておきたいところですが
ランドセルの人気なデザインやブランド、
手頃な値段ってイマイチ把握が難しいですね。

 

よくCMで流れているものがいいのか、
それとも雑誌で話題になってきている工房で
手作りをされたというランドセルがいいのか。

 

子供が6年間使う大切なランドセル。

 

納得がいくものを手に入れるために
人気の色やブランドについて紹介をしていきます。

 

 

ランドセル選びに困ったら。子供に人気の色で選ぼう

 

 

昔は黒と赤しかなかったランドセル…
私もこの2色の時代でしたが
今のランドセルは色もデザインもかなり豊富。

 

ほぼオリジナルのランドセルが作れると言っても過言ではありません。

 

でも人気の色というのは決まっており、
女子はかわいい系のピンク、
男子はクールな青系も人気ですが
昔ながらの黒も人気色。

 

これに他の色を合わせるコンビ色にするのがポイントです。

 

女子に人気はピンク、茶色×白、紫×白

 

定番はやはりピンク。赤よりも人気があります。

 

ピンクと言っても幅広い色があり、
ビビッドピンクやチェリーピンクなど
ブランドによっても分かれて色が多少違うのが特徴です。

 

またオシャレ感漂う茶色も女子に人気色であり、
茶色ベースにランドセルのふちが白であったり、
横の面が白やベージュになっているコンビカラーがやはり人気。

 

紫系もプリンセスチックでかわいい色ですよね。

 

水色も何気に女子に選ばれている色で
私も背負っている女の子を見かけることがありますが
目立ってかわいいな~と思います。

 

男子に人気は黒×青や赤、ゴールド、シルバー

 

男子はやはり格好いい色が大好きです。

 

昔からある黒色のランドセルに青や赤のふち取りをさせたものが人気で
スポーティに見えるものが人気を集めています。

 

また男子って目立つ色が好きだったりしますよね。

 

全面的にゴールドやシルバーでベースができたランドセルも選ばれており、
私も背負っている子を見かけます。

 

我が家の小学生未満の男の子が見ると
「きらきらして格好いい~」と感動していますので
やはり印象に残りやすい色ということですね。

 

ただシンプルな黒だけのランドセルも実は人気色。

 

色は黒ベースにして
ランドセルの表面を飾る鋲(びょう)と言われるボタンのようなものを、
星型にしたり、ゴールドにしたりと、
アクセントをつけることでオシャレ感を出しています。

 

 

初めてのランドセル!人気のブランドやメーカーランキング

 

 

ランドセルはCMでもやっている
大手ブランドのセイバンやフィットちゃんが選ばれています。

 

6年間使える丈夫だという保証はもちろん。

 

色やデザインが豊富であったり、
暗闇で光るなど安全面も考慮されているものがあります。

 

その一方で職人の手作りランドセルと呼ばれる工房系ランドセルも人気であり、
こちらは人気モデルで値段が10万円以上とランドセルの中では高めではありますが、

手作りで丈夫。オリジナリティーが高いのも特徴です。

 

大手ブランド「セイバン 天使のはね」

 

CMでよく見かけますよね。

 

私も1番印象に残っているブランドです。

 

セイバンのランドセルは肩ベルトの部分にこだわっており、
子供が背負った際に負担が軽減されるよう
身体に密着するようなデザインで作られています。

 

私も昔の記憶なんですが
ランドセルって背中に隙間が空いているとすごく重く感じるんですよね。

 

密着していると軽く感じるのですが、私の使っていた物はデザイン上、
どうしても隙間が空くランドセルだったので
密着してくれるというのは子供にとっても楽だと思います。

 

それにセイバンはカラーも豊富。

 

人気色はもちろんありますが、
スポーツブランドのコンバースやプーマとの提携で
ロゴがデザインされたランドセルもあります。

 

プーマデザインは特にスポーツをやる男子だと格好良くて嬉しいデザインですね。

 

値段も6万円前後が多め。

 

高いのもので9万円前後と購入しやすいのが助かる点です。

 

大手ブランド「フィットちゃんランドセル」

 

こちらもCMでの印象高め。

 

フィットちゃんを背負った子供達が動きやすそうに
軽快に踊っているCMを見たことがあります。

 

フィットちゃんの特徴は、
暗闇や雨の日でもふちが光る「安ピカッ」という
家族も安心なデザインになっているということです。

 

雨が降って薄暗い日や冬場は帰り道が暗くなることもありますよね。

 

そんな中で小さな子供が帰って来るのは事故に合う可能性もあって心配…
そんな心配をランドセルを光らせて解消できるのがフィットちゃんです。

 

普通の光らないランドセルだと反射板やカバーで光らせることもできますが
せっかくのデザインが隠れてしまったり、
格好悪いということで子供にとっては印象が悪いもの。

 

そんなこともデザイン性の良いフィットちゃんランドセルで解決できます。

 

フィットちゃんはやすいもので4万前後もあり、
高いもので10万前後。値段も融通が利きやすいので助かりますね。

 

工房系ランドセル「萬勇鞄」

 

職人手作りで丈夫。

 

外見はシンプルなデザインではありますが
内部やワンポイントにこだわっているのが特徴です。

 

内部にオシャレ感のあるデザインのネームプレートがついていたり、
女子デザインだと王冠や蝶の刺繍をされた
プリンセス感満載のデザインがかわいすぎます。

 

男子のものは目立つ色であるゴールドの色に
黒のふち取りがされたものなんかは
目立つ上にクールさもある格好いいデザインでオススメです。

 

萬勇鞄のランドセルは工房系ではありますが比較的値段もお手頃。

 

安くて5万円前後。高いもので10万円前後というところです。

 

工房系ランドセル「黒川鞄」

 

工房系ランドセルの中でもブランド性が強いと言われていますが、
明治時代から店がある老舗なので、
最高級素材のランドセルが購入できるのもポイントです。

 

手作りはもちろん。
子供の身体負担を軽減してくれることから
「はばたくランドセル」とも言われています。

 

セイバンのランドセル同様にこだわりは肩ベルト…
黒川鞄のベルトは立ち上がるのが特徴で背負っても隙間をしっかり埋めてくれます。

 

安いものだと6万円前後で購入できますが最高値は20万円…
総コードバンと呼ばれる素材でできています。

 

総コードバンの特徴は丈夫さもありますが、
光沢がよくて見た目が美しいのがポイント。

 

厳選された馬からほんの少ししか取れない希少な素材を使っているので
値段も高めになるということですね。

 

確かにランドセルは6年間使うもので使えば使うほど光沢もなく、
傷だらけになってきます…

 

私も高学年になる頃にはちょっと薄汚れたランドセルになっていたので、
いつまでも綺麗なランドセルを使いたいという方には、
値段高めの総コードバンもありだと思います。

 

ただ総コードバンは高すぎると思う方は
人気のコードバンプレミアムというランクがあり、
そちらは12万円前後で購入ができます…

 

12万円もランドセル市場ではちょっと高めかと思いますが
良い物を長く使うということを子供に教えるチャンスでもありますね。

 

 

まとめ

 

ランドセルは子供の成長を感じることができるアイテムであり、
学校生活の大切な相棒でもありますね。

 

人気の色であるピンクや黒、コンビ系の色で選ぶもよし。

 

スポーツブランドで選ぶもよしですね。

 

大手ブランドメーカーのセイバンやフィットちゃんも
使いやすさと安全性を兼ね備えたオススメランドセルです。

 

工房系ランドセルもオリジナルティーが高くて丈夫。

 

なにより一点ものというところがいいと思います。

 

私も今後、ランドセルを準備しなければいけない身としては悩むところですが
子供の希望を聞きつつ、
デザイン性も重視しつつ安全面も考えつつ…
1番は価格面かと思いますがじっくり考えて選んでいきたいですね。