結婚の内祝いにはメッセージを付ける?付けない?

結婚をすると家族や友人、親戚の方々から
お祝いをもらってありがたい気持ちでいっぱいになりますね。

 

お祝いをもらったら内祝いとしてお祝い返しをするのがマナーですが
「どんなものを送ったら喜ばれるのかわからない」という方も多くいます。

 

また親戚関係だと手作りのメッセージカードを付けて
「感謝の気持ちを伝えたい」という方もいますが、
それはマナー的にどうなのか迷う場合もあるものです。

 

結婚をして社会人としてはきちんとしたマナーは大切にしたいもの…
そして内祝いをするなら確実に相手に喜んでもらえるものを贈りたいですね。

 

そこで内祝いにおすすめ、
失敗しない喜ばれるギフトについての紹介と、
どんな方でも喜ぶ可能性大のカタログギフトについて紹介をしていきます。

 

 

結婚の内祝いにおすすめなギフト5選!~親戚編~

 

 

内祝いにオススメなのは自分がもらって嬉しいと思うもの、
でも自分ではなかなか値段的に「買うかな~?」
と思うものを選ぶのがいいとされています。

 

また手作りのメッセージカードはもちろん付けてもOKです。

 

付けなくてもマナー違反にはなりませんので
感謝の気持ちを伝えたいという方には
オリジナルの文章を添えてギフトを贈るとより一層喜んでもらえますよ。

 

グルメ

 

食べ物関係は贈っても外す可能性が低いものなので、
何を贈ろうか迷う場合はまずグルメ系のものを贈るのがオススメです。

 

相手の好みがわかる場合は好みに合わせたものを贈るといいですね。

 

例えばお酒を飲む方ならお酒のつまみになるようなもの。

 

子供の多い家庭なら種類のたくさん入った加工品の詰め合わせなど。

 

相手の状況に合わせて贈ると評価が高くなります。

 

スイーツ

 

スイーツにはパウンドケーキの詰め合わせやクッキーアソートなど。

 

家族の人数に合わせた個数のものを選んであげるのがポイントです。

 

人数が少ない場合には大きめのケーキやバームクーヘンを贈ったり、
人数が多い場合は詰め合わせを送れば
みんなで好きなものを選ぶことができます。

 

日用品、消耗品

 

タオルや洗剤の消耗品はあっても腐らないのであっても困ることはありません。

 

洗剤系については相手の好みもあるのである程度の把握が必要ですが
バスタオルやフェイスタオル、
タオルやバスマットの詰め合わせなら間違いはないですね。

 

旅行関係

 

親しい親戚なら相手の好みに合わせた旅行をプレゼントするのもいいですね。

 

こちらはカタログギフトでも掲載されているので、
旅行プランの載ったカタログを贈って
好きな所を選んでもらうと確実と言えます。

 

コーヒーやカルピスの詰め合わせ、ビールもOK

 

相手の好みに合わせて腐りにくい飲料を贈るのもオススメです。

 

子供がいる家庭なら
カルピスやジュースの詰め合わせを贈るととても喜んでくれます。

 

私も子供がいる家庭なのでジュースの詰め合わせ系は本当にありがたいです。

 

親は飲まなくても子供が飲んでくれるので。

 

 

好きなものを選んでもらえる♪結婚の内祝いに人気なカタログ3選!

 

 

内祝いのお返しはもらった相手が好きなものと交換できる
カタログギフトがやはりいいですね。

 

私もカタログを見ながら「どれにしようかな」と選ぶのが楽しく思えていました。

 

ほとんどの方に喜んでもらえるものなので
内祝いにはぜひカタログギフトを送ってみましょう。

 

オススメの3つを紹介します。

 

 

楽天市場「プレミアムカタログギフト」

 

 

楽天市場でギフト専門店のソムリエ@ギフトから販売されています。

 

このカタログギフトの特徴は、
値段によって選べるコースの多さと交換できるギフトの多さがすごいです。

 

大体カタログギフトというと
3000円、5000円、10000円のコースが多いのですが、
このカタログギフトの場合は全14コース。

 

2800円~100000万円という破格のコースまであります。

 

なかなか100000円の内祝いということはないですが
コースが豊富というのはいいですね。

 

大体定番である4000円前後のコースも
400~500ページに及ぶ商品の掲載があるのでかなりの選びがいがあります。

 

紙でのカタログだともったいないという方には
電子カタログを送ることができるのも良いポイントです。

 

高島屋のカタログギフト

 

有名店からのカタログギフトなので親戚でも目上の方に送る場合がオススメです。

 

グルメや旅行のカタログギフトもあり、
相手の好みに合わせて送ることができます。

 

また好きな写真を載せることができる

メッセージカードを送ることができるのも魅力的です。

 

小さい子供がいる場合は子供の写真を載せて
1言だけでもオリジナルのメッセージを送ってあげれば感動もひとしおですね。

 

たき新のカタログギフト

 

 

カタログギフトで最大級ともうたっている店舗ですが
たき新の特徴はカタログギフトなのに割引があるという点です。

 

シーズンによって変わってきますが
内祝いのカタログギフトも最大で50%オフという場合もあり、
コスパ的には助かるシステムと言えます。

 

それでもギフト内容もグルメや雑貨と充実しているので、
もらっても不満ということはありません。

 

安くても良い内祝いをしたいという方にはオススメですね。

 

結婚をすると何かとお金がかかるのが実情ですので…

特に結婚と同時に出産もあるという方は
お祝いをもらったら少し足しにさせてもらいたいですよね。

 

内祝いは基本的に3分の1から半額のお返しが良いと言われていますが、
色々な事情がある場合はコスパの良いカタログギフトを選ぶのも手です。

 

 

結婚内祝いのメッセージカード、どんな文章が良い?

 

親戚関係だからそんなに堅苦しくなくていいとはいえ、
いざメッセージカードを書くとなると
どんな文章にしたらいいかわからなくなりますよね。

 

私も文章を考えるのに時間がかかるので
メッセージカードを見ながらしばらく考えると思います…。

 

1番は素直な気持ちを連ねるのがいいですよね。

 

でもどんなメッセージがいいのかわからなくなってしまう方のため
簡単な文例を紹介しますので参考にして下さいね。

 

まずは挨拶と感謝

 

最初はお祝いをもらったことに対して
「ありがとうございます」と感謝の気持ちをしたためておきます。

 

またお祝いを結婚式でもらった場合には
「先日はお忙しい中、結婚式にご出席いただき…」
と結婚式の参加について触れておくのもいいですね。

 

親戚でもしっかりと感謝は伝えなければ
礼儀知らずになってしまいますので
そこは確実にメッセージに加えておきます。

 

次に前向きなメッセージで

 

挨拶の次は今後について前向きなメッセージを記しておくといいですね。

 

「今後は2人仲良く、幸せな家庭を築いていきます」や
「笑顔の絶えない家庭にします」など。

 

2人一緒の未来に向けたメッセージを残しておくのがコツです。

 

最後は今後のお付き合いの仕方について

 

親戚でも頻繁に会う場合とそうでない場合がありますね。

 

パターンに分けてメッセージを残しておくといいですね。

 

頻繁に会える場合は
「また遊びに行きますのでお酒を楽しみましょう」や
「落ち着いたら遊びに来て下さい」ということ。

 

なかなか会えない場合は
「お忙しいと思いますが会える日を楽しみにしています」など。

 

しっかりと締めのメッセージを残しておくといいですね。

 

 

まとめ

 

親しい親戚にはメッセージカードを添えてギフトを贈れば
喜びも幸せもより一層感じてくれますね。

 

もちろんカードがないのはマナー違反ではないので、
あまり内祝いの数が多すぎて大変な場合は省いてしまっても大丈夫です。

 

内祝いにオススメなギフトは
「グルメにスイーツ、日用品や消耗品、旅行プランや飲料」だと
外す可能性が低くていいですね。

 

カタログギフトはメーカーも色々あるので
自分好みのブランドを選ぶのもいいですが
「楽天で頼めばついでに自分のポイントゲット、
高島屋で頼めばブランド効果で評価も高い、
たき新のカタログギフトならコスパ的に助かる」

というのが特徴になります。

 

お祝いのお返しは気持ちで大丈夫…
とは言われていますが
やはり贈る内容も重要だと思いますので
良いものを送れるように参考にしてみて下さいね。