今年こそダイエットを成功させたい!毎日続けるダイエット方法とは?!

夏には水着が着たい!

 

でも身体のラインを強調する水着は
恥ずかしくて着られないという方も多いと思います。

 

夏に向けてダイエットをしたいものですが
なかなか根気と我慢のいる作業だと長続きしない場合が多いですね。

 

ダイエットは激しいものをやるよりも、
長期的に続けることが大切。

 

手軽なものだと長く継続することもできますね。

 

夏に向けてのシェイプアップを目指す方のため、
また夏でなくても身体の引き締めを目指す方のために

 

座ったままで簡単にできるストレッチ方法と
食事制限なくできるオススメ食事方法を紹介していきます。

 

 

ひきしめダイエットにおすすめのストレッチ方法

 

 

イスに座ったままの運動というとあまり激しいというイメージがないですよね。

 

イスに座ったままでも身体を引き締めることはできます。

 

家事や仕事の合間、
イスに座ったら身体の血行を良くするためにも実践してみて下さいね。

 

私もパソコンをやりながら以下の3つをよくやっています。

 

そのおかげもあるのか出産をした後も体型崩れはなく、
それなりに体型は維持できていますよ!

 

座ったまま背中を少し後ろに倒してキープ(腹筋を鍛える)

 

手軽に腹筋へ負荷をかけて腹筋を鍛えることができるストレッチです。

 

イスに座ったら上半身を軽く後ろへ倒し、
お腹が固くなったと思うところでキープをします。

 

お腹が突っ張ってきて辛くなったら1度楽な態勢に戻し、
またできるようになったらチャレンジします。

 

これを時間が空いた時にこまめにやると腹筋の引き締め効果が期待できるのです。

 

制限時間は特別な設定はないですが
目安で1回につき1分間耐えられるといいですね。

 

疲れたら休んでも大丈夫ですのでこまめに何回もやることが大切ですよ。

注意として腰が痛みやすい方はたまに腰にきますので、
痛みがある時は無理にやらないで下さいね。

 

座ったまま両足を伸ばしてキープ(太ももを鍛える)

 

イスに座った状態で両足を真っ直ぐに伸ばし、
そのままキープしていきます。

 

こちらも目安で1回1分がいいですね。

 

太ももを触ってみると固くなっているのがわかると思います。

 

どこの筋肉に効いているのかわからない場合は
自分の身体を触りながらやってみるといいですよ。

筋肉の固くなっている部分に効いているということになります。

 

慣れないと筋肉痛になりますが
筋肉痛はそこの筋肉を使ったという立派な証になるんです。

 

ちなみに両足を伸ばしたままで
足をバタ足のようにバタバタさせるのも
良いストレッチになります。

 

太ももプラスお尻のシェイプアップも期待できますよ。

 

座ったまま片側ずつお尻を上げる(腰回りプラス体幹を鍛える)

 

まず両足を曲げた状態で床につけて座位を保ちます。

 

次に片側ずつお尻を持ち上げ、
身体を「くの字」にしたような状態を10秒キープ。

 

終わったら今度は反対側をやります。

 

このストレッチはお腹周りに効いてくることが期待できますが
もう1つの効果が体幹バランスが良くなるということです。

 

体幹バランスは左右均等に筋肉を使うために必要な感覚ですが
利き手や利き足でしか作業を行っていない状態だと偏ります。

 

体幹バランスが偏ると片方の筋肉しか使っていないということで
スタイルに乱れが生じるのです。

 

また姿勢を良くするためにも体幹バランスは役立ってくれます。

 

番外編・私がやっている立ったままの簡単ストレッチ

 

太らない身体作りのためには身体の血行を良くすることも大切です。

 

人間は体を動かさないままでいると血行が滞ってしまいますので、
立ち仕事が続いたり、
座っている姿勢が長かったりする時はやるといいですよ。

 

その方法は立った状態でのつま先立ちです。

 

つま先立ちをすると
太ももの筋肉プラスふくらはぎも動いているのが触るとわかります。

 

ふくらはぎを動かすと全身の血流が良くなると言われているので
こまめにつま先立ちを繰り返すのは血行改善に役立つというわけですね。

 

血行を良くすると身体のコリも改善されます。

 

回数は特別設けていませんが1回やり出すと大体20回ぐらいはやっています。

 

立ち仕事をしている間はやるチャンスも多いですね。

 

ちなみに私は昼食時にお弁当を電子レンジに入れて温めている間にやっていたり、
コーヒーをドリップしている間なんかにやっていることが多いです。

 

それぐらい手軽にできるストレッチということですね。

 

 

無理なダイエットは禁物!成功方法は食事にもあった!

 

 

ダイエットをしたいという一心で
全く食べないという食事療法をする方もいましたね。

 

今はその方法は逆に太ると言われ、
3食をしっかりバランス良く取る方がスタイルが良いと言われています。

 

食べ過ぎなければ食事を減らすなど食事制限は全く必要ないので
しっかり食べてダイエットに望むのがいいですね。

 

バランスの良い食事

 

これは基本ですね。

 

「ご飯類、野菜、肉や魚など」を1つの食材に偏ることなく食べることで
身体の調子を整えることができます。

 

ご飯は体を動かす大切なエネルギー源です。

 

無理に少なくするよりもご飯茶碗1杯は食べて
身体をよく動かす方が効果は期待できますよ。

 

食事をゆっくり取る、よく噛む

 

食事の早食いは昔から太る原因とも言われています。

 

早食いをすると咀嚼をしていない状態なので
ご飯を食べても満腹感が得られず、
結局量を食べてしまうことに繋がるんです。

 

シェイプアップを図りたい方は食事はどんなものも
しっかり30回程度は噛むようにするのがいいですね。

 

噛めば噛むほど咀嚼によって満腹中枢というものが刺激されて
量を食べるのを防ぐことができます。

 

また咀嚼することによって消化も良くなり、
身体の中に不要なものを溜め込まなくて済むようになります。

 

私も普段から食事はなんでもよく噛むようにしています。

 

最初は慣れない感じでしたが
ずっと習慣づけていると逆に噛まないと食べられない体質になりました。

 

昔の体重があって太っていた頃は
この行動プラス便秘をしないように
整腸作用の良いものを食べるだけというダイエットをして
(特にダイエット!という意識はあまりなかったんですが…)
2~3キロは体重ダウンしていました。

 

便秘をしないように

 

ダイエットの際、便秘は天敵とも言えます。

 

便秘をしているとそれだけで体重も増えてしまいますが
老廃物を外に出さないと脂肪分なども溜まったままで
それがまた身体に戻ってしまうこともあるのです。

 

なのでシェイプアップを目指す場合は水をよく飲むこと。

 

整腸作用のある「ゴボウやサツマイモ、オリーブオイルなど」を
積極的に食べることです。

 

便秘がちだと便秘薬に頼る方もいますが薬は癖になりやすく、
ひどくなると薬がないと排便できない身体になることもあります。

 

できれば自分の力だけでお通じが出せる
という健康的な身体作りをしていきたいですね。

 

 

まとめ

 

ダイエットを続ける秘訣は無理のないように継続することです。

 

ストレッチはイスに座ったまま
「背中を後ろに倒してキープ、
両足を真っ直ぐ伸ばしたままでキープ、
片側ずつお尻を持ち上げてキープ」
という3つの方法を紹介しました。

 

いずれも決まった回数をやるのもいいですが
空いた時間にこまめにやるのが長続きするコツです。

 

ノルマを決めると挫折しやすいと思いますので…。

 

また無理な食事制限も逆効果となってしまいます。

 

食事は3食しっかり取り

 

バランス良く食べること、
整腸作用を促すものを食べること、
ゆっくり最低30回はよく噛んで食べること

 

がポイントになります。

 

無理なく続けることによって夏だけでなく、
1年中良いスタイルをキープしていきたいですね。