ちゃんとしたお盆を過ごしたい!送り火の正しい方法とは

東京では7月、そして多くの地方では8月の15日を中心とした
8月13日から16日までの間で営まれるのがお盆です。

 

特に8月のお盆の頃は多くの会社で夏休みとなり、
帰省ラッシュがすごいですよね。

 

お盆=夏休みのイメージが強いのですが、
そもそもお盆とは仏教の行事の一つであり、
年に一度のご先祖の霊があの世からこの世に戻ってくる期間のことです。

 

この世に戻ってきた霊は、家族と過ごした後、
再びあの世に戻っていく、とされています。

 

そして、ご先祖様の霊が道に迷わないように目印として灯すのが「迎え火」です。

 

一方の「送り火」は、戻っていく霊に対して、
この世にいる私たちがしっかりと見送っていることを伝えるために灯すものです。

 

足を運んでいただいたことへの感謝と
無事にあの世に戻り来年も来られることへの祈念を示すものなのです。

 

 

お盆の「送り火」日にちってきまっている?

 

 

「送り火」の目的が、
「家に来てくれた霊を(見)送る」ためですから、
送り火を行うのはお盆の最終日となる
8月16日(東京なら7月16日)が一般的です。

 

「送り火」は「迎え火」を焚いた場所と同じ場所で行います。

 

ですから、お墓、家の門口や玄関で行います。

 

ですが、場所によっては地域社会全体で行う行事となっていることもあります。

 

京都の大文字焼きは京都五山の送り火としてよく知られていますね。

 

また、長崎の精霊流しのように川や海に飾り物を流すことも行われています。

 

 

お盆の「送り火」はどの時間帯にするべきか

 

 

そして「送り火」を行うのは、一般的には「夕方」です。

 

夕方くらいに火を付けて夜に入る頃には灯し終わります。

 

夜中までは行いません。

 

一般的な送り火は、玄関や門口で「おがら」を燃やします。

 

おがらは皮を剥いだ麻のことで、
お盆の頃になるとスーパーやホームセンター、
花屋さんなどで手に入れることができます。

 

これを焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの平皿の上で燃やすのです。

 

これらの用意が大変なら、
割りばしを耐熱皿の上で燃やすことで代用してもよいでしょう。

 

また、アパートやマンションなど火の扱いに厳しいところでは、
「送り火」の代わりに「盆提灯」を灯したりします。

 

 

まとめ

 

お盆の行事は地域に根付いた行事でしから地域ごとにルールがあります。

 

できれば、地域や親せきの詳しい人にやり方について教えてもらうのがよいですね。

 

歴史のある行事ですから、
できるだけ伝統に従って行うべきなのでしょうが、
火は火事の元ですから、火の扱いには十分気を付けたいもの。

 

火の扱いに自信がない場合は、無理に「送り火」を行わず、
その代わりご先祖様への祈りを熱心にしましょう。

 

大切なのは、ご先祖様を大切に思うことなのですから。