お風呂掃除の洗剤がない!困ったときに代用できるものとは?!

毎日使うお風呂は、毎日洗ってきれいな状態を保っておきたいですよね。

 

皆さんも日々の忙しい家事のあいまにお風呂の掃除をしていると思います。

 

毎日のようにお掃除をしていると、よく起こることが「洗剤切れ」。

 

忙しい最中に洗剤が切れると買いに行くわけにもいかず困ってしまいます。

 

そんな時、ご家庭にあるもので代用できるものが幾つかあります。

 

知っておいて損はないお風呂掃除に使えるものをお教えします。

 

 

浴槽の掃除は洗剤を使わなくてもピカピカになる

 

 

お風呂用洗剤の代わりになるものの話をする前に、
お風呂の汚れについて見ていきましょう。

 

お風呂のような水周りの汚れは、黒ずみ、赤シミ、ぬめり、水垢などです。

 

それぞれの汚れの内容は次のようになります。

 

・黒ずみ

 

タイルの目地やコーキング部分に見られる黒い汚れ。
原因は空気中のカビが、皮脂・洗剤の残りを栄養にして繁殖したものです。

 

・赤シミ

 

排水口の周りにピンク色になっている部分です。
こちらも残っているよごれを栄養にして
空気中や水道水内の細菌が繁殖してできたものです。

 

・ぬめり

 

こちらも排水口の周りに付着したヌルヌルしたものです。
こちらも細菌が繁殖してできたものです。

 

・水垢

 

こちらは細菌ではなく、
水道水に含まれるケイ酸という成分が堆積したものです。

 

 

このように汚れの多くは、皮脂や洗剤の残りをえさとして
カビや細菌が繁殖して起きるものです。

 

ですから、皮脂や洗剤の残りをきれいに洗い流せればよいのです。

 

この用途にむいているのが「重曹」です。

 

台所のお掃除によく使われる重曹は、
油分である皮脂を分解して落としてくれます。

 

次に候補になるのが、シャンプーや石鹸。
ボディーソープもOKです。

 

これらも油分を分解して落とす働きがあります。

 

泡切れなどがお風呂用洗剤より悪いことがありますので、

 

洗剤を付けて擦った後のすすぎは念入りに行いましょう。

 

 

掃除で使う洗剤は使い分けするべし♪その理由とは?

 

 

先に紹介した「体を洗う」洗剤や重曹の他にも、
台所用洗剤もお風呂掃除に使うことができます。

 

でも、揃えることができるのなら、用途別に揃えたほうが便利です。

 

例えば、香料。

 

シャンプーやボディーソープには
洗い上がりに良い香りがするように香料が含まれています。

 

しかし、洗い上がったお風呂が香る必要はありませんよね。

 

次に、機能です。

 

具体的には洗剤は壁などに付着している時間です。

 

お風呂は垂直な面が多いので、専用の洗剤は泡状になって壁に付着し、
長時間そこにくっついていることで汚れを浮かして落とします。

 

他の洗剤ではこの機能が弱いのです。

 

最後の理由は泡切れ(洗剤の落ち)のよさ。

 

シャワーでさっと流せば、汚れをつかんだ洗剤が流れていく。
短時間で洗い終えるようになっているのです。

 

 

まとめ

 

汚れの主な原因である「皮脂のような脂分」を落せれば、
どのようなものでもお風呂掃除に使うことができます。

 

ここは覚えておくとよいでしょう。

 

後は、十分にすすいで、洗剤分が残らないようにすれば大丈夫です。

 

ただし、専用の洗剤には、
お風呂掃除が楽になるような機能が加えられています。
お風呂掃除は毎日のように行う作業ですから、
掃除に掛けられる時間とか
あなたの生活スタイルにあったものを選ぶことが大切ですね。