結婚の決め手はタイミングだった?!男女別にみる結婚の決め手とは

お付き合いをしている方との結婚。

 

同棲が長かったり、
パートナーとのお付き合いが長いと誰もが意識するものですね。

 

でもパートナーがなかなか結婚に踏み切ってくれずに
やきもきしている女性も多いことでしょう。

 

今は結婚に踏み出せない男性も多いということですが
その理由はなんなのでしょうか?

 

結婚の決め手や男女別に結婚を考えるタイミングを紹介していきます。

 

 

結婚の決め手はコレ!意外と知らない男性の本音

 

 

結婚を決めるならやはり男性からアプローチをしてほしいものですね。

 

男性がパートナーとの結婚の決め手は
「自分を支えてくれる存在であるか」が大きなポイントと言えます。

 

男女ともに就職もしている時代ですが
外に出る機会の多い男性は
やはり女性に支えてもらいたいと思っているようですね。

 

家庭的な部分、掃除や料理ができる

 

男性でも家事をこなす方は多くいますが
男性が結婚を決めるポイントともなっているのが
「おいしい料理ができるか、部屋を綺麗に整理整頓ができるか」がです。

 

疲れている時においしいものを食べさせてくれたり、
いつも部屋が綺麗だと男性は
「この人とのならずっと落ち着いた生活ができる」
と意識をしてくれると言われています。

 

逆に料理は得意不得意があっても
「一生懸命勉強して頑張ってくれている」
と思われると男性は好印象を抱いてくれます。

 

掃除が苦手だという人は
「今後もずっと汚い部屋での生活を強いられそう、自分が掃除をしないとならない」
と思われるのはマイナスポイントとなります。

 

価値観に安心できる

 

結婚がうまくいかない多くの理由に「価値観の違い」というものがありますね。

 

価値観が違う人との生活はお互いに我慢が多くなってしまいがちです。

 

たとえば自分の好みのインテリアも相手が嫌いという場合は
どちらが妥協をするかということになってきますが、
我慢した方はやはりストレスとなってしまいますね。

 

ささいなことでもケンカの原因となってしまいますので
同じ価値観を持つ女性は男性の結婚の決め手となります。

 

子供ができたから

 

できちゃった婚とも言われますが結婚をする大きなタイミングでもありますね。

 

男性も子供ができてしまっては責任を感じ、
結婚に踏み切ってくれるということです。

 

ただ夫になることとパパになることへの心の準備が間に合わないので
良い夫や良いパパになるには女性も支えてあげることが大切です。

 

ケンカをしてもすぐ仲直り、もしくは気にしない

 

ずっと一緒にいればケンカもするものですね。

 

ケンカの原因はどんなものであれ、
男性はずっとそれを引きずられるのが苦手です。

 

何かの拍子にその内容を蒸し返されるのも苦手なのですが
女性は遺伝子的に記憶することが得意で、
何かの拍子で過去の悪い部分を蒸し返してしまう傾向があるとか…。

 

なので男性はケンカをした後でもすぐに許してくれたり、
仲直りをしてくれる女性に惹かれると言われています。

 

また翌日にはケロッと忘れて気にしないような女性は
「心が広くて安心できる」と思うものです。

 

 

結婚の決め手は将来性!女性なら納得する本音

 

 

女性がパートナーを選ぶ理由によく「年収何百万」とかありますよね。

 

あまりに破格だと宝くじを狙うような感じになってしまいますが
ある程度の年収は生活をする上では重要なものです。

 

やはり収入は大事

 

2人での生活もありますが女性としては子供が増えることも考えて
収入は結婚の重要ポイントとなってきます。

 

最低でも年収300万は欲しいと思われていますが
専業主婦希望の場合は500万円以上が理想とされています。

 

300万円のラインでも大丈夫という方は
「共働きでもOK」という女性が多いですね。

 

私の家の場合ですが300万円で子供2人の4人家族だと
かなり切り詰めた家計になるかと思われます……

 

仕事の安定

 

安定した収入を得るためには安定した仕事に就いていないと難しいですね。

 

しっかり正社員で働いていることは女性の結婚の大きな決め手とも言われています。

 

また有名企業で働いている男性は良い年収も期待できるので
年収は聞かなくても有名企業で働いている
ということだけで女性は納得できるでしょう。

 

逆に安定していない仕事やバイトという立場の男性は
なかなか結婚を決めるには難しいですね。

 

良いパパになりそう

 

子供が大好きという男性は女性にとって安心ができる存在ですね。

 

子育ては2人で行っていくものなので
「育児頑張るよ」と言ってくれる男性は
たとえ収入が低めでも結婚の決め手ともなります。

 

逆に子供が嫌いという男性もいますが
実は子供ができると超がつくほど子煩悩だったという場合もありますので
結婚前から「子供は嫌いで」と言っていても
変わる可能性があることは期待できますね。

 

 

まとめ

 

長く連れ添った存在とはやはり結婚を考えたいものですね。

 

男女で結婚の決め手は変わってきますが
「男性が選ぶのは支えてくれる存在」であること。

 

「女性が選ぶのは将来が安心できる存在」であることが
大きなポイントと言えます。

 

ケンカをしても出産をしても、
2人3脚で歩めるようなパートナーと楽しい結婚生活が送れるのが理想的ですね。