初めての子育て疑問!5月の節句「鯉のぼり」は誰が買うもの?

五月の代表的な行事は端午の節句

 

特に小さなお子さんがいる家庭では、
五月人形鯉のぼりの準備に忙しいことでしょう。

 

また、初めてのお子さん(それも男児)に恵まれたご家庭では、
準備に一層力が入ることとおもいます。

 

ところで、五月人形や鯉のぼりは誰が用意するものでしょうか?

 

実は母方の実家が用意するのが昔ながらの風習なのです。

 

これは、結婚についての考え方によるものなのです。

 

昔は「嫁入り」という言葉のとおり、
女性は結婚すると男性側の家庭の一員となり、
男性側の籍に入り苗字も男性側となることが殆どでした。

 

女性側の実家とは縁が遠くなってしまうのです。

 

でも孫の顔を見たいのは両家とも同じ。

 

そこで、お祝いの品となる五月人形や鯉のぼりを携えて、
孫の顔を見に男性側の家を訪問していたのでした。(参考:吉徳大光

 

ただし、地域によっては男性側の家が用意するのが慣習の場合もあります。

 

そもそも最近では、どちらの親とも同居していない家庭も増えていますから、
「孫の顔を見る」のはどちらの実家でも同じ条件です。

 

初節句のお祝いを用意したいという祖父母の気持ちは両家とも同じ。

 

ですから、関係する両親と相談した上で準備するのがよいでしょう。

 

 

鯉のぼりを飾る意味や由来とは

 

 

五月の青空を背景に華麗に舞う。

 

鯉のぼりのダイナミックに泳ぐ姿に、
見る人は感動と子供の無事な成長を祈念するのです。

 

鯉のぼりの云われについては全日本人形チェーンのHPなどが参考になります。

 

鯉のぼりの歴史を辿ると、それは中国の伝説に行き着きます。

 

その話では、竜門とよばれる激流が重なった場所が黄河の上流にあり、
そこを登り切った鯉は竜になったと伝えられています。

 

これが登竜門伝説です。

 

この伝説にあやかり、
男子が人生における様々な困難に打ち勝って大成することを
竜になった鯉に祈って鯉を描いたのぼりを飾るようになりました。

 

端午の節句は江戸時代に武家の間で始まりましたが、
次第に庶民の間にも広がり、
富裕な町民たちが男児の出世と健康を願って
家庭の庭先に鯉の絵柄ののぼりを飾るようになりました。

 

そののぼりは次第の鯉の形に似せられるようになり、
始めは黒色の真鯉だけだったものが、
明治時代に入ると赤の鯉(緋鯉)も飾られるようになりました。

 

そして、昭和30年代になると、
青や緑やオレンジの鯉も加わるようになったのです。

 

 

低層階のベランダに飾れる鯉のぼり。マンション別の選び方

 

 

庭に旗竿を立てられる家庭はよいのですが、
最近はマンションとか集合住宅に住む家庭も増えています。

 

そんな家庭でも鯉のぼりを飾ることは可能です。

 

その際にはSUMOの記事が参考になります。

 

ポイントは、鯉のぼりを付ける支柱の固定方法と大きさです。

 

マンション等の場合、ベランダの手すりを利用するのが一般的ですが、
手すりの強度などに不安があるなら、
スタンドを設置する方式のものがあります。

 

鯉のぼりは耐久性のあるポリエステルや
ナイロン製のものが扱いやすくてよいでしょう。

 

でも、色褪せや手入れの手間を考えて雨の日には出しっ放しにせず、
仕舞うようにしましょう。

 

また、風が強い場合は室内に飾るタイプの鯉のぼりを選ぶのもありかと思います。

 

 

まとめ

 

男の子の健やかな成長を願う端午の節句。
そこに飾られる鯉のぼり。

 

けっして安いものではありませんから、
どちらかの実家だけが準備するのではなく、
一同で協力して購入する方法もあります。

 

なにはともあれ母方・父方の両親と相談し、
皆が納得できる答えを出すようにしましょう。
大切なのは、子供の成長を祈る気持ちです。
元気に空を舞う鯉のぼりを見ながら、
皆でお子さんの健やかな成長を祈願しましょう。