現代に語り継ぎたい日本の風習。お盆の送り火っていつやるの?

お盆の正式な呼び方は、盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。

 

あの世で地獄の苦しみを受けている人々を
この世から供養することの功徳によって救いたい
という願いを込めて営まれる行事です。

 

現在のお盆は、仏教と結びついた先祖供養の行事ということが出来ます。

 

お盆の間は、あの世に行った先祖の霊がこの世に戻ってきて、
家族と共にひとときを過ごします。

 

そしてお盆の最終日には再びあの世に帰っていくとされています。

 

この世の人たち(私たちですね)は、
一年に一度だけ帰ってくる先祖の霊を迎え、
生前のご恩に対する感謝と安らかに成仏してほしい
という祈りとを込めて供養するのです。

 

旧暦を使っていた頃は、旧暦の7月15日を中心に行っていました。

 

明治に入り新暦に切り替わると、都市部ではそのまま7月15日に、
農業に従事している人が多かい地方では、
農閑期となる8月15日に行うようになりました(旧盆)。

 

7月でも8月でも日程は同じです。

 

その月の13日迎え盆なり、夕方に迎え火を焚いてご先祖の霊を迎えます。

 

そして16日送り盆で、送り火を焚いてご先祖の霊があの世に戻るのを見送ります。

 

 

お盆の送り火・迎え火の意味や言い伝えとは

 

 

先にも述べましたが、先祖の霊を(家に)お迎えするのが迎え火、
家からあの世へ送るのが送り火です。

 

先祖の霊は、迎え火を目印に家に帰って来ると言われています。

 

ですから迎え火は「目印」です。

 

一方、送り火は私たちが見送っていることを示すためのものです。

 

しっかりと見送ることで安心してあの世に戻ってもらい、
来年のお盆に再来していただきたいという想いになります。

 

迎え火は迎え盆の夕方に焚きますが、
焚く場所は家の門口や玄関で行う場合もあれば、お墓で行う地域もあります。

 

それぞれの地域でさまざまです。

 

また、送り火は送り盆の夕方に、迎え火と同じ場所で焚くようにします。

 

また、迎え火とともに、先祖の霊を案内するものに盆提灯があります。

 

盆提灯の明かりも目印にして家に帰ってくるといわれています。

 

ですから、お盆には必ず盆提灯を飾り、
迎え盆の夕方から夜にかけて点灯します。

 

 

初めてのお盆。送り火の正しいやり方

 

 

迎え火・送り火の焚き方について説明します。

 

どちらも、夕方に家の門口や玄関でオガラを燃やします。

 

オガラとは、麻の皮をはいだあとに残る芯の部分のことです。

 

麻は周囲を清浄にする働きがあるとされていて、
麻(オガラ)を焚くことで霊を迎える空間を清浄にするのです。

 

昔は、地面の上で焚いていたのですが、
最近では、焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの皿の上で、

 

折ったオガラを積み重ねて燃やします。

 

オガラなどは、その時期になるとスーパーなどで買うことができます。

 

しかし、手に入らない場合は家庭にあるもので代用しましょう。

 

例えば、オガラは割りばし、お皿は耐熱性の平皿などです。

 

マンションなどの共同住宅もそうですが、
火事の心配から火を使いたくない場合、
迎え火と同じように霊の目印となる盆提灯を灯しましょう。

 

電気式の盆提灯なら安心ですね。

 

 

まとめ

 

先に述べましたが、迎え火・送り火のやり方は地域ごとに異なります。

 

あの京都の有名な大文字焼きは送り火のひとつです。

 

また、防火の観点からも地域ごとにルールがあります。

 

近所の人に訊いたり、その地域の仏具店に訊いたりしてもよいでしょう。

 

仏具店は仏教行事に詳しく、
参考になる情報を提供してくれています(例:ベスト仏壇

上手に活用しましょう。