今さら聞けない!お盆の「迎え火」はいつからいつまで?

お盆とは霊への信仰と仏教が結びついてできた行事です。

 

年に一度のお盆の間、ご先祖の霊があの世からこの世に戻ってきて
家族と過ごす、とされています。

 

お盆の期間は地域によって異なります。

 

東京では7月13日から7月16日、
その他の地方では8月13日から8月16日に行われています。

 

元々は旧暦の7月15日を挟んだ数日間で行われていました。

 

それが、明治時代の暦の新暦への変更に伴って変更されました。

 

都会である東京では7月でも問題ないのでしょうが、
農業を営む人が多い地方では、
農閑期となる新暦の8月の方が都合のよいことも影響しているようで、
8月15日を中心とした期間のお盆を行っています。

 

そしてお盆に欠かせないのが「迎え火」です。

 

これは、先祖の霊が帰ってくるときの目印で、
7月13日もしくは8月13日に行うのが一般的です。

 

「迎え火」を置く場所は、
家の門口や玄関の場合もあれば、お墓の場合もあります。

地域ごとにさまざまです。

 

家の門口や玄関で、焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上でオガラを焚いたり、

お迎え用の提灯に明かりを灯したりします。

 

 

初盆を迎える準備♪迎え火の提灯の火は絶やしてはいけない?!

 

 

初盆(はつぼん)は新盆にいぼんしんぼん)などと呼ばれることもありますが、
故人が亡くなって四十九日の後の最初のお盆のことです。

 

新盆では、故人の霊が迷わないように絵柄の入った普通の盆提灯のほかに、
白い新盆用の提灯を飾ります。

 

新盆の場合は、盆提灯を飾る期間は
7月13日の夕方~16日
(8月13日の夕方~16日)の
送り火を焚くまでの間、です。

 

盆提灯の灯りは、基本的には夕方から夜を中心とした点灯とし、
夜中になれば消灯します。

 

お盆の間は必要に応じて昼間も点灯したらよいでしょう。

 

ご家族の意向によっては一日中灯すこともあります。

 

気を付けたいのは火事への配慮です。

 

本来、盆提灯の灯りは電球を使ったものが多いのですが、
中には本物の火を灯しているものもあります。

 

電球式でも火を使う場合でも転倒などのアクシデントからの事故を防ぐため、
必ず誰かが盆提灯の側で番をするようにしましょう。

 

 

迎え火の正しいやり方や送り火について

 

 

迎え火・送り火の仕方についてですが、
先にも述べましたが、迎え火は7月13日(8月13日)が一般的です。

 

また、あの世に戻っていく霊を見送るための送り火は、
7月16日(8月16日)に行うのが一般的です。

 

ちなみに京都の有名な大文字焼きは送り火のひとつです。

 

どちらも、夕方に家の門口や玄関で、
素焼きの焙烙(ほうろく)にオガラを折って積み重ね、火をつけて燃やします。

 

オガラは麻の皮をはいだあとに残る芯の部分のことです。

 

時期がくれば、スーパーなどで買うことができますが、
手に入らないこともあります。

 

そんな時は、オガラは割りばし、お皿は耐熱性の平皿など、
家庭にあるもので代用します。

 

マンションなどの共同住宅のように、
玄関先やベランダで実際に火を焚くことが難しい場合は、
盆提灯が迎え火・送り火の役割となります。

 

火事が心配なら電気式の盆提灯を使うのもよいでしょう。

 

 

まとめ

 

お盆の行事は地方によって違いますが、宗派によっても違いがあります。

 

浄土真宗の場合は、”故人はすべて極楽浄土に往生している”と考え、
迎え火・送り火は行いません。

 

ですが、お盆の間は盆提灯を飾って、仏さまと先祖に報恩感謝をささげます。

 

お盆には地域や家族によって、決まりが色々ありますから、
近所の人や親せきで詳しい人に訊ねたりして準備しましょう。