七夕に書く「短冊」の意味や由来とは?

七夕と言えば日本の夏の代表的な行事です。

 

小さい頃、幼稚園・保育園そして自宅で
笹に願いを書いた短冊を吊るした思い出をお持ちの人は多いはず。

 

でも、七夕は、天の川に遮られた織姫と彦星が
1年に1度だけ会うことができる日ということで有名ですが、
どうして短冊に願いを書くのでしょうか?

 

それは七夕の由来に関係しているのです。

 

七夕は五節句の1つに数えられていることからもわかるように、
古くからある行事です。

 

昔は「棚機(たなばた)」と書いて、
稲の開花時期に合わせて、主に農村部で盛んに行われていた豊作を祈る行事でした。

 

村の乙女が布を織って神棚に捧げていました。

 

また、隣の中国では「乞巧奠(きこうでん)」という行事が古くからあります。

 

これは、織姫にあやかり機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事で、
奈良時代に日本に伝わってきたようです。

 

乞巧奠(きこうでん)が伝わってくると、
日本の棚機と融合して七夕(しちせき)と呼ばれる行事になりました。

 

宮中で織姫と彦星が無事に会えることや、詩歌・裁縫の上達を星に願いました。

 

その際、祭壇の左右に笹を立てて五色の糸をかけ、葉に和歌をしたため祀りました。

 

この七夕(しちせき)が織姫と彦星の物語とともに民間に伝わり、
呼び方も七夕(しちせき)から七夕(たなばた)となりました。

 

そして、和歌を葉に書くかわりに短冊に願いを書いて吊るすようになったのです。

 

五色の短冊は江戸時代ごろから使われるようになりました。

 

「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」の各色は、
中国の陰陽五行説に基づいていて、
青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒(もしくは紫)は水を表しています。

 

 

七夕の短冊に書く願い事はどんなこと?!

 

 

先にも述べましたが、もともと詩・和歌の上達や
織物・裁縫の上達を願っていたものですから、
短冊に書く願い事は、
習字とか裁縫とかの習い事の上達を願う方が良いとされています。

 

お金や物が欲しいという願い事は、
七夕の言われを考えるとふさわしくないことが分かります。

 

七夕の飾りには、短冊のほかにも幾つかあります。

 

代表的なものを紹介します。

 

  • 折鶴(千羽鶴)
    鶴は昔から長寿を表していました。
    折り紙の鶴を捧げて、長生きを願います。
  • 吹き流し
    紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたり、
    折り紙を輪にして等間隔に切れ込みを入れたりして作ります。
    織姫に供える織り糸を表しています。
  • 網飾り:大漁を願います。
  • くずかご:お子様に整理整頓や倹約の心が育つように祈ります。

 

このように七夕では思いを込めた飾りが使われています。

 

 

願いを書いた七夕の短冊を燃やす意味

 

 

七夕で使った飾り類も、用が済めば片づけなければなりません。

 

特に願いを書いた短冊は翌年に使う訳にはいきません。

 

はっきり言って処分しなければなりません。

 

しかし、想いや願いを込めて書いた短冊です。

 

以前は川に流したりもしていましたが、
昨今では河川の汚染につながることでして行えません。

 

燃えるゴミに出すのはいささか気が引けます。

 

そんな時には近所の神社に問い合わせてみる方法があります。

 

七夕祭を行っている神社では、

七夕の笹飾りを受け、祓いをした後にお炊き上げ神事を行います。
(参考:出雲記念館スタッフブログ大阪神社庁

 

お世話になったお札や御守りと同様にお祓いをした後、
炎に入れ、天に昇っていくのです。

 

 

まとめ

 

豊作を祈って行われていた七夕ですが、
現在では季節の変わり目の行事として広く知られています。

 

エアコンなど冷暖房機器の普及で
四季の移ろいを肌で感じることが少なくなってきましたが
、夏の七夕の夜に星空を眺めるのもよいでしょう。

 

織姫と彦星の無事な合瀬と短冊に書いた願いは、
いつもの夜空を少し変わったものにしてくれるはずです。