さあ節約を始めよう!家計簿でわかる貯金0円状態からの大逆転!

どうして毎月赤字になるのだろう?

 

どうして家計簿をつけているのに貯金ができないのだろう?

 

主婦になりたてのころの私の悩みの1つでした。

 

ある雑誌の節約コーナーを読んでいたときに、
もしかしたら家計簿のつけかたがよくないのかもと思いました。

 

どんな家計簿をつければお金が貯められるのか調べてみました。

 

 

節約しないので貯金ができない主婦の家計簿はこんな感じ

 

 

お金を貯められない主婦は、とりあえず家計簿をつけているので、
1ヶ月に食費をいくら使っているのか知りません。

 

もちろん無駄使いをしていても、
無駄使いをしている感覚もありません。

 

家計簿の項目ごとに予算を決めていないので、
なんとなくお金を使っているのです。

 

これではお金は貯まりませんよね。

 

 

理想の家計簿はこんな感じ

 

項目って何?って思った人は、もう一度家計簿をみてみましょう。

 

住居費、食費、水道光熱費…と書かれていますね。

 

これが項目です。
自分に当てはまる項目だけを使って家計簿をつけるといいですよ。
自分に必要な項目をたしてもいいですね。

 

次に項目ごとに予算を決めます。

 

調べてみると項目ごとの予算割合があることに気づきました。

 

家族の人数や家族構成によって多少変わりますが、
理想の割合はこんな感じです。

 

手取りの給料を100%として、
住居費20~25%、
食費10~15%、
水道光熱費5~6%、
通信費5~6%、
こづかい8~10%、
教育費4~12%、
貯蓄10~20%です。

 

ほかの項目は1~4%でしたので、
この範囲内で予算を決めてくださいね。

 

この割合を目安にすると予算を決めやすいですね。

 

予算が決まったらこの予算内でやりくりします。

 

そしてお金を使ったら項目ごとに家計簿に記入してくださいね。

 

 

節約しているので貯金ができている主婦の家計簿はこんな感じ

 

 

お金を貯められている主婦は、
項目ごとに予算を決めて予算内でお金を使っています。

 

例えば1ヶ月の食費を40,000円と決めていたら、
その金額内でやりくりしています。

 

もっと細かく40,000円を週単位で割った金額8,000円を
おさいふに入れてやりくりしている人もいます。

 

1ヶ月を5週間として、40,000円÷5=8,000。
1週間の食費は8,000円になりますね。

 

こうすると給料日前に食費がないってあわてることがなくなるし、
無駄にお金を使うこともないですね。

 

見た目ですぐにわかるように、項目ごとにお金を封筒に分けておくのもいいですよ。

 

 

最後に

 

最近はスマホアプリで簡単に家計簿がつけられるものがあります。

 

Moneytree 家計簿より楽チン

無料
(2018.05.27時点)
posted with ポチレバ

レシートを撮影すると、自動で家計簿をつけてくれるようです。

 

手軽にできるのでいいですね。

 

私は毎日家計簿をつける時間はないので、
給料~給料までを1ヶ月として、給料日の前日に家計簿をつけます。

 

食費は10日ごとに使えるお金だけをおさいふに入れるので、
残金がわかりやすいです。

 

10日たっておさいふに残ったお金は貯金箱へ。

 

小銭貯金ですがハードルが低いので、
ゲーム感覚でできて楽しいですよ。

 

しっかりとお金の管理をして、
しっかりと貯金ができるようにがんばりましょう!