結婚したくても不安が…結婚に掛かる「お金」っていくら?!

結婚…好きな人と幸せな家庭を築けるイメージがありますよね。

 

でも幸せなだけでは生活は成り立たないのが現実。

 

結婚をしてから必要になるのは「お金」なんです。

 

結婚をするだけなら書類を出すだけですぐに済みますが
結婚生活を送るには当然お金がかかってきます。

 

仕事をしていればなんの不安もありませんが
「結婚して専業主婦になって」と相手からお願いされた場合
「お金大丈夫なのかな」という不安も抱くでしょう。

 

所得が低いと言われている時代、
はたして専業主婦で生活が成り立つのか?

 

お金はどれぐらい必要になるのか?

 

また結婚をすると発生する親類との関係について紹介をしていきます。

 

でも結婚生活は好きな人と過ごせる大事なイベントの始まりです。

 

不安を解決して安心した結婚生活を送れるようにしていきましょうね。

 

 

結婚で退職して専業主婦に♪でも不安なのはなぜ?

 

 

女性としては結婚して専業主婦になるということに憧れを持つ方もいますね。

 

私も専業主婦だったら~と思うことはありますが
外に出たい性分と家計的には難しいのが現状です…。

 

でも専業主婦になると片方の収入はもちろんゼロです。

 

夫の収入だけに頼ることになりますが
夫にいくらの収入があるのかを把握していくことが大切です。

 

夫だけで借家の場合は家賃を含めて
食費などの生活費を払うことができるのかを調べておきましょう。

 

夫だけの経済力で家計が成り立つのか?年収300万のライン

 

まず2人だけの生活を送る場合、
そこまで贅沢をせずにそこそこ節制した生活をしていく場合、
年収目安は300万と言えます。

 

月給にすると手取りで25万ですので総支給だと30万円というところです。

 

この300万の年収ですがしっかり正社員をしていないと稼ぐことが難しく、
また今の時代は300万を稼げる職業があまりないとも言われています。

 

なので専業主婦として生活していくのなら
夫の収入はしっかり把握しないと安定した生活は難しいです。

 

安定した会社に就職をしていないと突然夫がリストラに…
という事態も起こる可能性があるので
夫の就職先がどんなところなのかも知らせてもらうようにします。

 

仕事をしていた方にとってはやりがいがない可能性も

 

専業主婦になるとお金も不安ですが
働いていた女性側にとって仕事から離れるという不安もありますね。

 

仕事をしないのは楽なものですが
専業主婦だけというのも慣れない方にとっては辛い場合もあります。

 

ずっと家のことだけをしている、
他の方と関わる機会が少ないので達成感が感じられないということもあるのです。

 

仕事を長くしていてキャリアもそこそこ積んだ方は

 

「専業主婦で満足ができるのか?」、
「もし仕事がしたい場合は夫の理解が得られるのか?」

 

ということも不安を解消する上では重要なポイントとなります。

 

 

結婚に不安はつきもの?親との関係にもご用心

 

 

結婚をするというのは2人だけの関係ではないのも不安の一因ですよね。

 

ついてくるのは夫の両親の存在です。

 

良い両親なら安心できますが厳しい両親であったり、
何かと介入をしてくるような両親だと2人だけの生活を楽しめないどころか、
今後子供ができたとして子育てに指図される可能性もでてきます。

 

でも好きになってしまった相手と結婚をしたら
両親を理由に離れるわけにもいきませんよね。

 

結婚をすると夫の両親の存在はどんな感じで接するといいのか、
事前に把握しておきましょう。

 

義母、義父とほどほどの距離間を保ち、夫を間に入れる

 

離れたところに住んでいる、
近所に住んでいても毎日来るような干渉をしてこない
という両親の場合は2人の結婚生活を乱されることはありませんね。

 

また義母が「何かあれば連絡して」と気を使ってくれるというのもありがたいものです。

 

そんな両親だったら安心できますが
中にはあれこれと干渉をしてくる両親もいます。

 

あまりに頻繁で嫌に感じる場合は夫に対応をお願いしたり、
離れた場所に転居をすることも検討していくことが大事です。

 

我慢をしてしまうとノイローゼになることもあるので
両親とはほどほどの距離を保ち、
お互いにストレスにならないような環境を作るようにします。

 

将来的に介護をする可能性もある

 

結婚をする不安としては相手の両親と関わることが必須となりますね。

 

そして将来的には自分の両親を含め、
相手の両親の面倒を見ていく選択も迫られることになるでしょう。

 

早い方では両親の年代によって
子育て真っ只中に介護ということにもなってしまいます。

 

子育てだけでも大変なので介護も両立…
となるとまだ先のこととはいえ不安も大きいものですね。

 

介護を完全に避けるという点は難しいですが
今は介護サービスが充実している時代です。

 

私も介護職をしていますが、
介護は家族だけで行うものではないと思っていますので、
もし夫の両親の今後で悩んで結婚生活に不安がある場合は
1人で抱える必要は全然ありませんので安心して大丈夫です。

 

ただ介護サービスは少しだけお金がかかりますので
もしそうなった場合は両親の貯蓄や年金が使えるのか、
前もって夫や両親と相談できたらしておくといいですね。

 

 

まとめ

 

結婚生活を送るには色々とお金がかかりますね。
子供がいるとなおさらです。

 

でも「夫にある程度の収入があるなら専業主婦でも大丈夫」と言えます。

 

あとは主婦のやりくりの手腕にかかってきます。

 

そして結婚生活の不安要素のもう1つ、
両親との関係性は「夫に間に入ってもらえるか」が重要なポイントになります。

 

相手の親には積極的にモノ申すのはやはり気が引けますので
息子である夫が発言できるかが不安を解消できることに繋がりますね。