• 生活術
初めての一人暮らし。家電を揃えると費用はいくら必要?

一人暮らしを始めるのなら、家電も一通り揃えたくなります。
そこで気になるのが費用です。

 

ネットで検索してみると新品で揃えるなら50,000円くらいからとなりそうです。

 

一例ですが、ビックカメラのセット内容ですと、

全自動洗濯機、

2ドア冷凍冷蔵庫、

オーブンレンジ、

マイコン炊飯ジャー、

サイクロンスティック型クリーナー

の5品で72,360円 (税抜)となっていました。

 

おおよその目安ですが100,000円程度を見込んでおけば十分でしょう。

 

購入するものが増えればそれだけ金額も高くなります。

 

一人暮らしを始めるのに際しては、
家電以外にも住居関係の手続きや
インテリアなどの住居費、
ガス・電気の光熱費や水道関係の公共料金がかかります。

 

自分の生活スタイルと照らし合わしてみて、
必要なものを選んで購入するようにしましょう。

 

 

一人暮らしに必要な家電の選び方

 

 

家電を選ぶ基本は、なんといっても置く場所との兼ね合いです。

 

必要なものでも、住む部屋に置けなければどうしようもありません。

 

ですから、家電選びで始めに行うことは、
住む部屋の広さ間取りの確認なのです。

 

特に、水を使う洗濯機の置き場や搬入するための部屋の出入り口の広さは
事前に把握しておくと失敗が少なくなります。

 

コンセントの位置や電気の契約内容(ブレーカーの容量)の確認もお忘れなく。

 

照明

 

備え付けの場合も多いのですが、意外と忘れられがちなのが照明です。

 

基本は部屋の畳数・広さに合わせて選びます。

 

光の色合いは好みによりますので、実物を確認するようにしましょう。

 

また、リモコン付のタイプや調光機能付きのものもありますので、
好みに応じて選択しましょう。

 

洗濯機

 

毎日、もしくは隔日くらいで洗濯するのなら4.5kgくらいの容量で十分です。
1週間分をまとめて洗濯する場合は6kg以上の容量はほしいところです。

 

乾燥機能は、日当たりや風通りの悪い部屋の場合は便利です。
もちろん梅雨の時期にも頼りになります。

 

冷蔵庫

 

容量としては150L程度の小型のもので十分ですが、
冷蔵庫と冷凍庫が分かれている2ドアタイプのものが使いやすいです。

 

お手入れの面では、霜取りの要否があります。

 

安価な直冷式は定期的な霜取りが必要ですが、少々高額なファン式では不要です。

 

掃除機

 

部屋が広い場合は、コード式の方が便利です。

 

それほど広くない場合や、棚の上などの清掃も考えるとコードレスの方が便利です。

 

基本は、あなたの住む場所と生活スタイルに合ったものを選ぶことです。
初めてでよく分からない場合は、売り場の店員さんに聞いてみるのも一計ですね。

 

 

一人暮らしデビュー!絶対に勝っておきたい家電リスト

 

 

ニトリの新生活お買い物リストを参考に、
家電関係で必要なものをピックアップすると次のようになります。

 

  • 照明
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 掃除機
  • 電子レンジ・オーブンレンジ
  • 炊飯器
  • オーブントースター
  • 電気ケトル
  • ドライヤー
  • ホットプレート
  • ジューサーミキサー
  • デスクライト
  • 延長コード
  • こたつ

 

このなかで、照明~掃除機までは揃えておきたいアイテムです。

 

電子レンジなどの調理関係のものはあると便利ですが、
実際に生活を始めてからライフスタイルに合わせて購入しても大丈夫です。

 

微妙なのがこたつです。

 

エアコンにはないくつろげる感じが好きな人も多いはず。

 

家具調こたつならテーブルとしても使えますから、
最初から揃えておいても損はないでしょう。

 

 

まとめ

 

実際に生活を始めてみないとわかりづらいとこともありますが、
設置場所を選ぶもの、後から一人では移動が大変なものである
洗濯機冷蔵庫は揃えておく方がよいと思います。

 

この2点なら新品で揃えても30,000円程度です。

 

後は、追々購入してもよいでしょう。

 

また、新品に拘りがないのなら中古品を探す方法もあります。

 

初期費用は安くなりますが、
長く使うものは、後々の処分の方法
(テレビ・冷蔵庫・洗濯機は家電リサイクル法の対象)
まで考えてから購入するようにします。

 

繰返しになりますが、家電は一度に揃えなければならないものではありません。

 

生活スタイルに合わせて、必要なものを購入していくことで十分です。