端午の節句って何をお祝いするの?いつの行事?

童謡にも歌われているように、
高く掲げられて風に泳ぐ鯉のぼりを見上げながら、

頭には新聞紙でつくった兜をかぶり、粽(ちまき)をいただく・・・。

 

マンションが増えて庭先に泳ぐ鯉のぼりを見かけることは減りましたが、
5月5日の端午の節句は、いまでも行われている行事です。

 

今では「子供の日」となって男女ともに祝うのですが、
一昔前では男の子の成長を祝う日でした。
(女の子は3月3日のひな祭りですね。)

 

昔は子供、特に赤ちゃんの死亡率が高く、
赤ちゃんから子供の成長をいろいろな節目で祈願していました。

 

今に伝わる様式になったのは江戸時代の頃とされており、
幕府によって公式な節目の行事として定められました。

 

 

端午の節句は「ちまき」を食べる。その意味とは

 

 

端午の節句の食べ物で有名なものは、粽(ちまき)です。

 

粽(ちまき)は中国から渡来したものです。

 

粽(ちまき)の始まりは、中国は戦国時代の紀元前278年まで遡ります。
その頃の中国に楚(そ)という国があり、
そこにいた屈原(くつげん)という人は詩人で国王につかえていて、
国民からも慕われていました。
ですが陰謀にはめられて楚国から追放されてしまいました。
屈原は嘆き悲しみ、
失望してついには汨羅(べきら)という川に身を投げて亡くなってしまいました。
屈原の死を悲しんだ人々が川に流したものが、
楝樹(れんじゅ)の葉で米を包んで五色の糸で縛ったもので粽の始まりです。

 

 

中国では屈原が亡くなった五月五日には、節物として粽を作り、
親戚や知人に配るという習慣が生まれました。

 

これは、その後、病気や災厄(さいやく)を除ける
大切な行事となって日本にも伝わって行きました。

 

日本では粽を川に流すのではなく、
お祝いで食べるお菓子として伝わりました。

 

 

端午の節句は食べ物にも意味がある

 

 

粽と並んでよく知られているものに柏餅があります。

 

柏餅は、くず粉(片栗粉)と上新粉を混ぜてつくった餅であんを挟み、

それを柏の葉の上に置いて二つ折りにして包んだお菓子です。

 

柏餅に使われる柏の葉の特徴は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことです。

 

この特徴が、

 

「子供(新芽)が産まれるまで親(古い葉)は死なない(落ちない)」

 

ということに引っ掛け掛けられ、そして

 

「家系が途絶えない」

 

ということに結びついていったのです。

 

つまり「柏の葉」には「子孫繁栄」の願いが込められているのです。

 

 

まとめ

 

このように、男の子の成長を祈念する端午の節句です。

 

生まれた男の子の初めての節句(初節句)は、
地域によって様々で決まったルールはないようです。

 

お宮参りが済んだらすぐに行うところもあれば、
自分で座れるようになってからのところもあります。

 

また、ひな祭りと違って、
兜などの飾りの片づけについても特にルールはないようです。

 

もちろん「片づけが遅れたら結婚が遅れる」なんてこともいわれません。

 

「子供の健やかな成長を祈る」行事ですから、
それぞれの家の事情やお子さんの成長に合わせて行えばよいのです。