こどもの日に鯉のぼりを飾る意味って?!

五月五日の端午の節句は五節句の一つです。

 

日本では奈良時代から伝わる風習ですが、
もともとは月の始めの午の日を指していて、
5月の行事とはされていませんでした。

 

その後時が経つと、午(ご)の音から五(ご)になり、
毎月5日を指すようになり、
そのうちに5と5で「5月5日」を「端午の節句」と呼ぶようになりました。

 

日付が変わるように、行事の意味合いも変わっていきました。

 

その昔、菖蒲(しょうぶ)と蓬(よもぎ)を
軒に挿して厄災を祓うとされていましました。

 

これと中国から伝来した「端午」が結びついて「端午の節句」となりました。

 

武士が力をもつようになると、
菖蒲が「尚武」(武道を重んじるという意味)と同じ読み方であることから、
「端午の節句は武士の間で縁起がよい行事として盛んに行われるようになりました。

 

江戸時代になると端午の節句は幕府が認めた公的な行事となり、
庶民にも広く普及をし始めました。

 

その際、端午の節句は、男の子の誕生や成長を祝う行事となっていったのでした。

 

鯉のぼりは、中国の故事にある
滝を登りきって龍となった鯉」の話が元となっており、
男の子の出世を願って飾るようになりました。

 

 

鯉のぼりの意味を子供に簡単に説明する方法

 

 

子供たちに鯉のぼりを説明するのならポイントは2つです。

 

1.鯉は生命力が強くて、急流も登っていくことから成長のシンボル

 

子供を鯉に例えることで、逞しく、
急流のような困難な事に負けずに前に進みつづけるように成長し、
立派な大人になるように祈っているのです。

 

2.幟(のぼり)は男の子の誕生を祝うしるし

 

江戸時代に頃、武家では男の子が誕生すると幟を立てて祝っていました。

 

この時の幟に、立身出世を意味する鯉の絵を描くことが広まっていったそうです。

 

簡単にまとめると、生まれてきた男の子が立派に育つことを、
鯉に例えて祈ったものといえるでしょう。

 

 

鯉のぼりの種類や意味を知りたい!色や数にはどんな意味が?!

 

 

私たちがよく見る「鯉のぼり」は、3~5つの幟からできています。

 

吹き流し、真鯉(黒い鯉)、緋鯉(赤い鯉)、1~2つの子鯉(小さい鯉)です。

 

はじめの頃の鯉のぼりは、和紙に鯉の絵を描くだけの簡単なものでした。

 

描かれたのは真鯉だけでした。

 

しばらくすると、魔除けとして吹き流しが加わりました。

 

昔は、乳幼児の死亡率が高かったので、無事に大きくなるためのものでした。

 

明治の頃になると緋鯉が加わるようになりました。

 

そして、子鯉たちは昭和になってから加わるようになりました。

 

「鯉のぼり」は少しずつ変化してきて現在のような形になりました。

 

始めのころは黒い真鯉が男の子を意味していましたが、

鯉の数が増えた現在では、

 

真鯉:お父さん
緋鯉:お母さん
子鯉:子供たち

 

初期の子鯉は青色のものだけでしたが、
徐々にオレンジやピンクが加わり、
女の子も含めて子供の数だけ鯉のぼりを飾るようになってきました。

 

 

まとめ

 

端午の節句は伝統的な日本の行事です。

 

そこで使われる鯉のぼりは、
子供が鯉のように「成長」して人生を「成功」するように祈って飾るものです。

 

最近はマンションなど鯉のぼりを飾れる場所が少なくなってきましたが、
伝統行事がこれからも続くように、
鯉のぼりに込められた意味を子供たちにおしえていきたいですね。