鯉のぼりの数って意味があるの?家族の数ってほんと?

5月になると広場などでは空に大きな鯉がたくさん泳いでいる姿を
目にすることができますね。

 

場所によっては数百の鯉が連なって泳ぐ姿を見ることができ、
その光景は圧巻です。

 

一方家庭ではマンション事情で上げるのが難しく、
小さい鯉を控えめに飾る家庭も増えています。

 

それでも鯉のぼりは鯉のぼり。

 

ある日突然、子供に「鯉のぼりってどんな意味なの?」
と聞かれたら困ってしまうパパもいるはず。

 

そんな時のために鯉のぼりが意味するものについて紹介をしていきます。

 

 

鯉のぼりにまつわる意味を知る♪
「吹き流し」にはどんな意味がある?!

 

鯉のぼりを彩っている大切なパーツである拭き流し。

 

赤や青や緑色、その他にも様々な色で
主に五色組み合わさった紐のようなものにはどのような意味があるのでしょうか。

 

魔よけの意味、陰陽五行説

 

この五色ですが「
という陰陽五行説を取り入れていると言われています。

 

陰陽五行説といえば中国から伝わり、
日本でも占いに用いられるなど風水的な面で活用されています。

 

そんな陰陽五行説も関わる拭き流しは
子供の日に魔よけという意味で掲げられているとされています。

 

魔よけは家族を守る意味でもあり、
子供を守る意味でもあると言われているのです。

 

 

鯉のぼりの矢車って何を象徴している?その意味とは?

 

 

鯉のぼりの一番てっぺんを飾る矢車

 

風が吹くとカタカタと音が鳴りながら回っているのが鯉のぼりを感じさせますね。

 

そんな矢車にも大切な意味があります。

 

子供を導いてほしいと願い、神様への目印

 

矢車は無駄に音を鳴らしているわけではありません。

 

その大事な意味としては健康を願う大切な我が子を守り、
将来に導いてほしいという神様への目印でもあるのです。

 

矢車のついた鯉のぼりを飾ることで子供の存在を神様にアピールをしています。

 

ただ最近は昔のように広い敷地もなく、
隣近所が近いこともあって音が鳴る矢車をつけない家庭も増えています。

 

少しのことでも騒音問題となってしまうので
その対策ということですが少々さびしい気もしますね。

 

神様へのアピールができないのが残念ですが、
神様ならばきっと子供の存在を感じとっている
ということを願って音がならない矢車でも飾っておくといいでしょう。

 

 

鯉のぼりの数にはどんな意味がある?

 

一般的には真鯉緋鯉
そして子供の鯉が鯉のぼりとして空を泳いでいますね。

 

でも子供が多い家庭ではどんな鯉のぼりを上げたらいいのでしょうか?

 

家族の数だけ上げるのもOK

 

子供の成長を願って上げる鯉のぼり。

 

最近の事情としては家族の人数分の鯉のぼりを上げても良いとされています。

 

せっかくですから仲良し家族で空を泳いでほしいと思いますね。

 

男の子の日なので女の子の場合は?と疑問に思われますが、
女の子の場合はピンクやオレンジ色の鯉もあるので
好きな色の鯉を一緒に泳がせても大丈夫です。

 

子供の人数分用意すれば空もその分にぎやかになり、
「大家族でいいな」と見ている人も楽しませてくれることでしょう。

 

ちなみに昔は鯉のぼりは黒色の真鯉だけしか上げていなかったと言われています。

 

今は色とりどりの鯉のぼりがありますので
お好みの鯉のぼりを用意できる楽しみもありますね。

 

 

鯉のぼりの由来はある?

 

 

どんなものにも由来がありますが、
大きく関わっている意味としてはやはり縁起を担ぐということです。

 

鯉のぼりは男の子の成長を願う素晴らしいゲン担ぎでもあります。

 

鯉のぼりの元祖と言われるものが目立ち始めてきたのは江戸時代。

 

当時は将軍家に男の子が生まれるとお祝いとして
武者のぼりという家紋や絵を描かれた旗を掲げたと言われています。

 

いつも時代も男の子は大事な後継ぎとして大切にされていたということですね。

 

そんなお祝いごとを良いと思った家来や庶民が真似をしていき、
次第に男の子のために旗を上げるのが広まっていったということです。

 

最初は派手な絵を描いた旗を上げていましたが、

 

いつの間にか激しい激流の滝を登ることから

鯉を使った方が縁起良いのではという発想で、

 

旗は鯉に変わっていき、
現在のような鯉のぼりというスタイルが誕生したとされています。

 

旗から鯉に姿形は変わったとはいえ、
子供の幸せや健康、
出世を願っている親心は今も昔も変わりないようですね。

 

 

変わった形の鯉のぼり?

 

世の中には変わった形の鯉のぼりもあります。

 

ご当地のものとして見られる場所が限定されてはいますが、
中にはマグロやアユ、カツオのぼりなんていうものまで存在。

 

さらにウナギのぼりも存在するとのことです。

 

どれも縁起を担がれていますが
ウナギは「ウナギ上り」という意味でとても運が良くなりそうな気がしますね。

 

外出をした際に鯉のぼりがあったら
「鯉がたくさん泳いでいるな~」と観察しながら、
実は違う種類が混じっているかもしれませんので
ぜひ子供と一緒に探してみて下さい。

 

間違い探しのようで子供と一緒に盛り上がることが期待できます。

 

 

まとめ

 

鯉のぼりは子供の幸せと健康を願う、
大切な伝統として伝わっているということですね。

 

今は大きな鯉のぼりを外に飾るのは難しくなっていますが、
小さな鯉のぼりでも子供の幸せを願うことはできますので
ぜひ家族の人数分を揃えて空を泳がせてあげて下さい。