雛人形の処分ってどうしたらいい?処分方法を紹介

女の子のお祭りである雛祭りの日には部屋を彩ってくれた雛人形。

 

素敵なお雛様の姿は女の子の憧れの姿でもありましたね。

 

しかし女の子が大きくなり、
いつしか不要になってしまった場合の処分に悩むママも多いでしょう。

 

人形なので燃えるゴミに出したらバチが当たるのか、
七段飾りという大きなセットを粗大ゴミで捨てられるのか、
そんな疑問にお答えしていきます。

 

 

雛人形のガラスケースは引き取り処分がおすすめ

 

 

ガラスケースに飾られた立派な雛人形はホコリを被ることもなく、
綺麗な出で立ちのまま保存が可能ですね。

 

そんな綺麗な雛人形の処分はどのような方法があるのでしょうか。

 

引き取り処分ができる

 

せっかく綺麗な雛人形ですから
もちろん引き取り処分ができるならその方が人形も嬉しいと思います。

 

最近では人形のリサイクルを行う業者も多くあります。

 

例えば、セカンドライフでは、人形の処分が
ワクチン募金へとつながる活動をしています。

 

また引き取る業者もリサイクルだけではなく、
海外の発展途上国に寄付をする団体もあります。

 

もし人形の活躍の場を再び与えたいと思う場合はぜひ検討をしてみて下さいね。

 

一般ゴミとしても可能

 

自分達が使ったものを他の人に渡せない…
と思う方は一般ゴミとしても処分可能です。

 

自治体によっても処分方法は変わってくるでしょうが、
大体は人形は燃えるゴミでガラスケースは粗大ゴミか資源ゴミとなりえます。

 

処分の時には「今までありがとう」と感謝の気持ちを伝えてあげるといいでしょう。

 

人形供養は必ずではない

 

雛人形は人形供養としても出すことはできますが
それは必ず必要というわけではありません。

 

人形供養に出す場合は供養を行っている神社や寺がネットにて掲載されているので、
検索をしてみるといいでしょう。

 

その時は、「人形供養 ○○○」(○○○の部分は、お住まいの地域)
で検索されるとお近くの神社やお寺を検索できますよ。

 

事前予約をする場合が多いので
供養を行っているからと連絡もせずに郵送をしないようにしましょう。

 

人形の供養は1体あたり2000円前後、
大きいもので5000円前後というのが費用の目安となります。

 

ガラスケースがある場合は個人で処分をしてもらう場合もあるとのことです。

 

 

雛人形の七段飾りは粗大ごみ処分できる?!

 

 

雛人形も七段飾りとなると迫力もあり、見た目も艶やかですね。

 

その代わり大がかりなものなので処分する時は少し大変に思うかもしれません。

 

粗大ゴミで捨てられる

 

台座などの大きなものは粗大ゴミとして処分も可能ですが
人形は燃えるゴミとして出される場合が多いでしょう。

 

自治体によって処分方法や値段は変わってきますので
ネットにて確認をするようにして下さい。

 

粗大ゴミとして出す場合は
自治体から日にちを指定されることもあるので連絡を取った方が確実です。

 

せっかくだからリサイクルも検討

 

七段飾りのような立派なものをただゴミとして処分するのも少々もったいないです。

 

できれば寄付をすることもできますので
市役所のコミュニティーやネットでの引き取りも検討してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

邪魔だからゴミとして処分しようと決めたけれど
人形の顔を見ていたらなんだかかわいそう…と思うこともあるでしょう。

 

子供のために買ったり、
代々受け継いできた雛人形だとそれぞれ愛着も湧きますね。

 

ゴミとして出すことも他の誰かに活用してもらうこともできるので、
調べてから方法を決めていくといいでしょう。