魚の焼き方でおいしさが変わる?フライパンで焼けるってホント?!

おいしい焼き魚を食べたい、
でもグリルは洗うのが面倒…

 

これは多くの方が思っていることでしょう。

 

我が家でもグリルは洗うのが面倒臭く、実はほぼ使っていません。

 

そこで使っているのがフライパンです。

 

フライパンで焼くとおいしくできるのか…
悩んでいる方にご紹介していきます。

 

 

魚の焼き方の基本は?

 

 

魚料理といえば「焼く、煮る、揚げる、生」が基本ですが
焼く調理法を選択する方も多いと思います。

 

焼く調理は魚の持ち味をそのままいかせますね。

 

ただ焼く場合には色々な道具が使えます。

 

それぞれの道具を使って焼くとどんな感じになるのでしょうか。

 

グリルで焼く

 

グリルで焼く場合、魚が持っている油でおいしく皮もパリッと焼けます。

 

油も溶け出してヘルシーになりますが、
ある程度は中に凝縮されているので、
食べた時においしい旨味がジュワッと出てきます。

 

ただし大変なのがグリル皿の洗い。

 

意外と大きいグリル皿と網を洗うのはやはり面倒なものです。

 

フライパンで焼く

 

フライパンで焼くには少しコツがいります。

 

そのまま油を引いて焼くこともできますが、
多くの場合は、皮がフライパンに張り付いてとれてしまった
ということがよくあります。

 

せっかくならおいしい皮も食べたいですし、
皮がついていた方が見た目も綺麗です。

 

直接フライパンに魚を置くのではなく、
ワンクッション置いて
アルミホイルやクッキングシートを使用する人が多いです。

 

フライパンの上にホイルやシートを敷き、
油を少量引いてから焼くとフライパンへの張り付きを防ぐことができます。

 

火力は中火で両面じっくり焼くようにしましょう。

 

 

おすすめの魚の焼き方!グリルなしでも蒸し焼きができる!

 

 

フライパンは焼き魚を作る以外に魚を蒸し焼きにすることもできます。

 

蒸し焼きも味が変わるのでおいしいオススメの調理法です。

 

フライパンで蒸し焼きに!

 

蒸し焼きにする場合は、ホイルやシートを敷いた状態に
フタをかぶせればすることができます。

 

一緒に人参やキャベツを一緒に蒸し焼きにするのも
彩り豊かなメニューになりますね。

 

お酒を入れて酒蒸しにし、
調理後にポン酢やしょうゆをかけてアッサリとした味わいを楽しむこともできます。

 

電子レンジで蒸し焼きに!

 

簡単な蒸し焼きの調理法です。

 

電子レンジでできる魚蒸し皿というものもありますので、
それを使用すれば約5分で魚の蒸し焼きを完成させることもできます。

 

フライパンと同じように野菜も一緒にいれることも可能。

 

また大きさが中ぐらいのお皿サイズなので洗うのも手軽に行うことができます。

 

 

まとめ

 

忙しい毎日ですとできれば洗い物も調理も手軽に行いたいものです。

 

グリルとは一味違い、
フライパンを使った調理でもおいしい焼き魚を作ることができるので
試してみてください。

 

蒸し焼きやムニエル、
魚にパン粉をまぶしたパン粉焼きなんかもオススメです。