高校入試の面接って何を聞かれる!?ありがちな質問まとめ

多くの中学生にとって高校受験は初めての入試になると思います。

 

高校入試における学生の選抜は、
大きくわけて内申書学力試験そして面接の3つで行われます。

 

また、公立高校や高専(国立工業高等専門学校)でも、
推薦入試の場合も、内申書と面接試験が行われるところが多いです。
(例:香川高専学生募集要項

 

掲示板や塾のホームページから面接で訊かれることをみてみると、
おおよそつぎのようになります。

 

  • 動機
    受験している学校を選んだ理由や、入学後に頑張りたいことなど。
    将来の進路も答えられるようにしましょう。
  • 学校生活
    学校名、クラス担任や校長先生の名前などから始まって、
    学級でのう役割(係活動とか委員会とか)、部活動(クラブ活動)、
    そして中学校で頑張ったこと。
  • 趣味
    趣味や特技、休日の過ごし方や、
    ひねったものでは最近読んだ本とその感想など。
  • 性格
    自己評価でOKですが、長所と短所くらいは言えるようにしましょう。

 

これらの他に、面接試験について準備しておきたいこと・対策方法をまとめました。

 

 

入試の面接対策はこうする!!

 

 

先輩たちの受験情報などから、
面接で訊かれることはある程度予想できます。

 

まずは、予想される質問に対する回答を用意しましょう。

 

最近は、いろいろなところで「模範回答」がだされています。
それらを丸暗記はいただけません。
参考にして「自分の言葉」で語れるようにしましょう。

 

重要ポイントは、

 

  • 一貫した内容で、矛盾した点がないようにする。
  • 具体的なエピソードをつける。
  • 表現は具体的に。
    「しっかりやりました」→「毎日行いました」、
    「きちんとできました」→「(先生から)指摘を受けることはありませんでした」
    など。
  • 自分の言葉で志望校の教育方針・校訓などを説明できる。
  • 志望動機が志望校の教育方針や拘束と合っているか。

 

です。しっかり考えましょう。

 

自分なりの「回答」が出来上がったら、欠かせないのが
「先生・両親・友人など第三者にチェックしてもらう」
ことです。

 

文章は意外に独りよがりになるものです。
しっかり見てもらいましょう。

 

そして最後の仕上げは
模擬面接
です。

 

実際の面接試験を模した場で、試験の雰囲気に慣れておきましょう。

 

 

入試の面接で好印象な髪型?

 

 

人と会うときは、身だしなみが大切です。

整った身だしなみは相手に好印象を与えるからです。

 

その中で、多くに人がきにするのが「髪型」ですが、
髪型そのものが重要視されるわけではありません。

 

もちろん、染めていたり、パーマをあてたりするのは論外ですが、
基本的には「目や耳に髪がかからないこと」に注意すれば、
あとは「跳ね」や「へんな癖」に気をつければよいでしょう。

 

面接官はあなたの表情を見ていますので、
髪で目が隠れるのは避けましょう。

 

悩んでいるなら学校・塾の先生にアドバイスをもらったり、
床屋や美容室の人に訊たりするのもよいでしょう。

 

 

まとめ

 

学力試験にしても面接にしても、
事前の準備を入念にしていれば恐れることではありません。

 

周囲の人にアドバイスをもらってしっかり備えましょう。

 

あと、「緊張しすぎて離せない」なんてことがないよう、
開き直ることも大切ですね。