バーベキューの服装!山でおすすめのスタイルはコレ!

雄大な景色が広がる場所で青空の下、
皆で楽しむバーベキューは最高に楽しい時間です。

 

ですが、準備で荷物を運んだり、火のそばにいる時は暑く、
でも、しばらく休憩していると寒く感じたりしませんか?

 

そもそも、山での行動は暑さ寒さの繰り返しです。

 

高所の気温は低めなので風を受ければ冷えますし、
日差しを受ければ暑く感じます。

 

これにバーベキューでのいろいろな事が加われば尚更です。

 

ですから、バーベキューもそうですが、
山でのアクティビティでは、
服の重ね着を繰り返しながら快適な状態を保つのです。

 

山での服装の基本は「重ね着」なのです。

 

 

バーベキューのおすすめ服装!子供は動きやすさ重視

 

 

屋外に遊びに行って、大人しくじっとしている子供はいません。

 

普段とは異なる環境に興奮してはしゃいで動き回ることは間違いありません。
ですから、子供の服装はまず動きやすさを考えて選びましょう。

 

そして屋外での活動です。

 

土や泥に加えてバーベキューで使う油やタレが付いたりします。

 

ですから汚れてもよい服を選びます。

 

虫刺されなどのトラブルを防ぐために長袖・長ズボンで靴下も履かせ、
なるべく肌が露出しないようにします。

 

ですが、温度調整がしやすいように、
薄手のものを重ねて着ていくようにします。

 

また、山の上は意外に日差しが強いので、
帽子を忘れずに被らせ、日射病には気を付けましょう。

 

足元も思わぬところで怪我をしないよう、靴を履かせるようにします。

 

 

バーベキューのおすすめ服装!ママは機能性重視

 

 

せっかくの人が集まる機会ですから、
ママもオシャレな服装で決めたいところですが、
バーベキューを山で行うのなら機能性を最優先にするべきでしょう。

 

山の上の日差しは強いですし、
バーベキューのために日差しの中でいろいろなことをしなければなりません。

 

ですから、帽子は必須アイテムです。

 

そして日焼け対策を兼ねて、上着は長袖のものを選びましょう。

 

下は、パンツルックが基本です。

 

ひらひらした飾りは火のそばで風にあおられると危ないのでやめましょう。

 

スカートも同様です。

 

また、泥や炭、油や調味料などの跳ねなど意外なところで汚れます。

 

ですから汚れてもよい服を選ぶのもポイントです。

 

足元にも肌が露出されるサンダル+素足はおすすめできません。

 

屋外では木の枝や尖った石など危険がいっぱいです。

 

動きやすい靴と靴下でしっかり守りましょう。

 

 

まとめ

 

 

温度の調整も大切ですが、自然の近くで行うバーベキューですから、
虫刺されや火の粉による火傷などに気を遣わなければなりません。

 

ですから、基本は長袖・長ズボンで肌の露出は控えます。

 

重ね着しやすいよう、ジャンバーなど上着は
大き目のものを用意すると良いと思います。

 

足元もサンダルなどではなく滑りにくい靴を履くようにして
転倒による怪我をふせぎます。

 

天候の急変に備えてカッパを用意しておくと安心です。

 

服装の基本は、
「温度調整がしやすい」
「動きやすい」
「怪我をしにくい(肌を露出しない)」です。

 

安全に気を付けて、自然の中のバーベキューを楽しみましょう。