犬を飼うならどの種類?大型犬を飼いたいと思っている方へ

「何か動物を飼おう」と思った時、まず思いつくのは「犬」ですね。

近所を歩いていると、連れ立って行く人を多く見かけます。

 

犬と人間の関係はとても長く、
私たち日本人は縄文時代の頃から犬と生活を共にしていたのです。

 

子供の世話に加えて、犬の世話も加わるは正直負担です。

 

でも、動物との生活は子供の教育に良い影響を与えます。
犬の世話を手伝うことで責任感や協調性を養うことができるそうです。

 

 

大型犬の種類や人気の犬種を見てみましょう♪

 

 

犬の種類について大きさ別に見ていきましょう。

 

まず小型犬です。

 

小型犬は小さいゆえにマンションやアパートなどの室内でも
運動不足になる心配がありません。

食費も大型犬に比べるとお金がかからないのもポイントです。

 

小型犬で人気があるのは、「プードルトイプードル」。

 

説明はいりませんよね?よく知られた人気の犬です。

 

愛らしい見た目、飼いやすい性格、体格、性質で高い評判を得ています。

 

シーズー」も大人しい性格と賢いことで人気があります。

 

小型犬より大きく(体重が10~20kg)、室内で飼うこともできますが、
できれば表を散歩させてあげたいですね。

 

人気があるのは、「ビーグル」です。

 

もともと猟犬でした。好奇心があって元気で身体が丈夫。

 

子どもとも仲良くできる気質を持っていますので、
家族に溶け込める犬です。

 

上品な顔つきの「シェトランドシープドック」も人気です。

 

小柄で躾がしやすので飼いやすい犬です。

毛が長いので抜け毛の処理には気を遣います。

 

大型犬は、表で子供の遊び相手になってくれそうな犬です。

 

人気があるのは「ゴールデンレトリバー」「ラブラドールレトリバー」です。

 

穏やかで優しい性格から、人気があります。

 

頭もよいので躾もらくです。

 

狼のようなキリっとした顔つきで人気なのが「シベリアンハスキー」です。

 

顔に似合わず性格は穏やかで優しい犬です。

 

一時期大人気となったので、ご存じの方も多いでしょう。

 

 

大型犬で飼うのにおすすめ種類と特性

 

 

「犬を飼うなら大型犬」という声をよく聞きます。

 

頭がよくて体力があるので、子供の遊び相手になってくれます。

 

一方、体が大きいので食事の量も多く、
フンの量も多いので世話は小型犬より大変ですね。

 

では飼いやすい犬を見ていきましょう。

 

おすすめのトップは、先にも紹介した「ゴールデンレドリバー」です。

 

体重は25~34kg、体高は51~61cmになります。

 

性格は穏やかで、忍耐力があるのが特徴です。

 

子供のよき遊び相手になってくれるでしょう。

 

日本生まれの犬なら「秋田犬(あきたいぬ)」がおすすめです。

 

 

体重は35~50kg、体高は61~67cmと大きいです。

 

忠誠心が高い一方、
警戒心も強いので知らない人には好意的な態度をとりません。

 

小犬の頃からの躾・訓練で家族との信頼関係を築いておくことが大切です。

 

もう一種「シベリアンハスキー」もお勧めの犬です。

 

 

体重は21~28kg、体高は50~60cm。

 

名前のとおりシベリアで主に飼われていて体は頑丈です。

 

救助犬としても有名ですよね。

 

この体力があることから、散歩など日頃の運動を多めにさせる必要があります。

性格はフレンドリーでなつきやすいです。

 

 

まとめ

犬を飼うとなると、登録や予防接種が必要です。

 

毎日の餌やり、散歩(運動)、フンの始末など手間がかかります。

 

でも、時間と共に家族のような関係を気付けるのが「犬」の魅力です。

 

大型犬なら、小さな子供に力負けすることもありません。
良い遊び相手になるでしょう。

 

犬も人と同じように個性があります。
ペットショップで相手(犬)の反応を見るようにしましょう。

もしくは、信頼できるブリーダから譲り受けるのがよいでしょう。