オリンピックのナンバープレートっていくらかかる?

2020年に開催される東京オリンピックとパラリンピック。

 

あちらこちらで見かけるようになったポスターなど、
少しずつですがオリンピックを盛り上げようとする気運・動きが高まっています。

 

オリンピックナンバープレートもその活動の一つです。

 

大会用のデザインの入った特別仕様ナンバープレートが
2017年10月から申込・交付が始まりました。

 

専用デザインのナンバープレートを付けた車が
日本中で大会の開催を盛り上げてくれます。

 

 

車のオリンピックナンバー!申請の仕方や必要なものは

 

 

オリンピックナンバーには、
寄付金付きである図柄入りナンバープレートと
寄付金無しのエンブレム付きナンバープレートの2種類があります。

 

どちらかを決めてから、「図柄ナンバー申込サービス」から申込むか、
自動車の使用本拠地のナンバー予約センター窓口で申し込みます。

 

必要な書類は、今のナンバーのままか、
新規のナンバーを取得するか、で異なります。

 

〇現在の番号を維持したまま図柄ナンバーに変更する場合

 

  • 所有者の委任状(所有者の認印の押印があるもの)。
    所有者本人が申請する場合は不要です。
  • 車検証
  • 自動車登録番号標交換申請書
    (図柄ナンバー申込サービスで、申込手続き完了時点でダウンロードできる書類)
  • 認印

 

〇新しい番号で図柄ナンバーに変更する場合

 

  • 所有者の委任状(所有者の認印の押印があるもの)。
    所有者本人が申請する場合は不要です。
  • 車検証
  • 希望番号予約済証
    (図柄ナンバー申込サービスで、申込手続き完了後、希望番号予約センターで受け取れる書類)
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 申請書(第3号様式、軽自動車なら軽第3号様式)
  • 対象車両の持ち込み(今使用しているナンバープレートも)
  • 認印

 

ナンバープレートは申込を受けて製作されますので、
交付までは時間がかかります。

 

交換可能な日になったら陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)へ行きます。

 

 

オリンピック記念♪ナンバープレートの申請はいつまで?

 

 

陸運局(軽自動車検査協会)での手続きは、
通常のナンバープレートの場合と同様です。

 

〇現在の番号をそのまま使う場合

 

まず、車検証と自動車登録番号標交換申請書を運輸支局窓口に提出します。

 

自動車登録番号標交換申請書に承認印が押されて、車検証が返却されます。

 

次にナンバー返納窓口に、ナンバープレートを返納します。

 

それから、ナンバー交付窓口で、図柄ナンバーを受け取り、
自動車に取り付けます。

 

そして、図柄ナンバーに封印を行ってもらったら完了です。

 

〇新しい番号で図柄ナンバーに変更する場合

 

まず、必要な書類を窓口に提出します。

 

新しい車検証の交付を受けとったら、
税申告窓口に変更内容の書かれた自動車税・自動車取得税申告書と
車検証を提出します。

 

今までのナンバープレートは返納窓口に返納します。

 

次に、ナンバー交付窓口で図柄ナンバーを受け取り、自分の車に取り付けます。

 

取り付け後に図柄ナンバーの封印を行ってもらったら完了です。

 

軽自動車の場合は、封印作業はありません。

 

オリンピックナンバーの申し込みは、2020年11月30日までです。

 

これ以降はオリンピックナンバーの交付も再交付もできません。

 

では、オリンピックナンバーの使用期限はいつまででしょうか?

 

そこに期限はありません。ナンバーを付けた車が廃車になるまで使えます。

 

 

まとめ

 

残念なことに、図柄ナンバーに
文字の部分を光らせる仕組みのナンバープレートはあません。

 

そして、費用は地域によって違いますが
図柄入りナンバーで7500~8000円くらいです。

 

詳細は、登録する地域の陸運局に問い合わせてください。

 

そして、オリンピックが終わったらそのまま使い続けてもよいですし、
記念とするために通常のナンバープレートに戻すこともできます。

 

外したオリンピックナンバープレートは、
穴あけ処置をしてから貰って帰ることができますよ。