寝不足で疲れている人におすすめな解消方法

なんだかよく眠れなかったり、
寝る時間が無いなど睡眠不足の理由は人それぞれ。

 

寝ても寝足りず、毎日なんだか疲れちゃっているあなた!

 

そんな方へおすすめな睡眠不足による疲労の解消法と
睡眠不足自体の改善方法をご紹介していきましょう!

 

 

睡眠不足で疲れているのは脳!?

 

 

この脳の疲れにより、体の疲労感であったり、不調が起こるのです。

 

その脳の疲れを少しでも改善し、疲労回復につなげましょう!

 

簡単なものをいくつかご紹介します。

 

  1.  コーヒーを飲む
    眠気冷ましなどにもよく使われるコーヒーの成分であるカフェイン。
    ドーパミンを出す作用があり、覚醒し、行動糧を増やす効果があります。
  2. チョコレートを食べる
    カカオには疲労回復効果があるとともに、
    多幸感をもたらすエンドルフィン、
    不安を取り除くセロトニンを増やす効果があります。
  3. 頸動脈を冷やす
    脳への血管を冷やすことで、
    脳内の温度上昇を防ぎエネルギーの消費を減らす効果があります。
  4. アロマを焚く
    特に好きな香りをかぐことでのリラックス効果を期待します。

 

以上のように、物質的に脳の疲れを少しでも和らげ、
一時的に回復させる方法を試してみましょう。

 

次は時間の無い方のための短時間でできる方法をご紹介しましょう。

 

 

寝不足を解消するための短時間でできること

 

 

睡眠不足解消の時間が無い方にはもちろん、
短時間しか寝れなかった日の応急処置として
短時間で簡単に解消できる方法をご紹介します。

 

  • まずは朝の光をしっかり浴びること。朝食もしっかりとる。
    体内のリズムを狂わさないことが大事です。
    どんなに睡眠時間が無くても朝のリズムをちゃんと作れば
    全体的なリズムはすぐ取り戻せます。
  • 人と会話をする
    積極的に人と会話をすることで脳が活性化し、自然と眠気は無くなります。
  • 深呼吸する
    とにかく脳に酸素を送ることです。
    脳の血流を良くして、目を覚ましましょう。
  • 手や指を積極的に動かす
    手や指を動かすことにより、脳に刺激がいき、活性化します。
    仕事中ならオーバーなくらいがよいでしょう。
  • 耳を引っ張る
    耳たぶの裏側には眠気覚ましに効くツボがあるので、
    積極的に刺激しましょう。

 

寝不足による眠気を解消するおすすめのツボ

 

 

さきほどは眠気覚ましのツボは耳にあると説明しましたが、
次は寝不足解消に効く、手のひらにあるツボを紹介していきます。

 

  • 中衝(ちゅうしょう)
    中指の爪の根元。真ん中より人差し指側寄りにあります。
  • 合谷(ごうこく)
    親指と人差し指の間のV字になるところ。骨のくぼみ部分にあります。
  • 労宮(ろうきゅう)
    手のひらの真ん中あたりにあります。
    握りしめた時に中指と薬指の先が当たる部分にあります。

 

ツボの場所が分かれば、いつでもどこでも眠い時にすぐできますね。

 

 

まとめ

 

今回紹介した簡単な寝不足解消法やツボなどは探せばもっとたくさんあります。

 

その中でも自分に合った解消法を見つけておけば、
寝不足になる不安はなくなりますね。

 

まずは生活のリズムを崩さないことが一番大事です。

 

決して無理はせず、疲れを感じたら必ず休養するようにしましょう。