小学生に触れさせる英語はゲームで身近に感じさせよう

小学生のお子さんをお持ちで、英語に触れさせたい親御さん必見!

 

英会話スクールに通わせるんでしょ?

教材をすすめるんでしょ?

 

どっちも結構なお金がかかりますよね。

そこで諦めてしまうのは早いです!

 

家庭で簡単に、子供に英語を感じてもらえる方法をお教えします。

 

 

小学生から始める英語!無料で学べるアプリ3選

 

 

最近、小学生がスマホで遊んでいる光景も日常的になってきました。

スマホアプリの課金やスマホを巡ってのトラブルは絶えません。

 

それでもやっぱりスマホを欲しがる我が子…

どうせなら少しでも勉強の足しにしませんか?

 

通学時間でもちょっとした手の空いた時間に触れます。

 

重い教材を持ち歩かなくていいのは大きなメリット!

 

ゲーム感覚で遊べるアプリの方が、子供達も喜ぶのでは!?

 

なにより無料で使えるアプリがたくさんあります!

ここでは三つのアプリをご紹介します。

 

ひとつめは、童話が英語で楽しめる、リトルフォックスというアプリです。

 

童話をアニメーションで楽しみながら、英語を聞くことができます。

レベルが段階ごとに違うため、小さい頃から長く楽しめます。

 

ジャンルも非常に豊富で、耳を養うにはピッタリ!

 

最後にクイズ形式の問題もあるので理解力がわかります。

 

ふたつめは、Fun Englishというアプリです。

 

単語、文法、リスニングなどのジャンルに別れているので、
全体的に英語を学ぶことにおすすめ!

 

ゲームの画面も賑やかで、小学生にはぴったりです。

 

難易度はそこまで高くない分、それはそれで楽しく解けるのではないでしょうか。

 

みっつめは、続く英語学習 えいぽんたん!です。

 

これは三つの中でも最もゲーム要素の強いアプリとなります。

 

なんと、アプリ内で友達と交流するシステムもあるのです!

 

低学年から高学年まで楽しめる内容となっており、英語も充実。

 

自分のキャラクターが育っていくなど、子供心をくすぐります!

 

 

小学生の英語♪覚えておくべき単語とは

 

 

みなさんは、小学校で習う英単語の目標数をご存知ですか?

 

600~700単語と言われていますが、あくまでも目標数です。

 

漢字の場合は小学1年生で◯語、2年生で◯語…と明確な決まりがあります。

 

しかし英語にはそれがありません。

 

なので、一概にどの単語をいくつ覚えなければならない、
という決まりはないのです。

 

じゃあ何を勉強させたらいいの!?

 

不安になることなかれ。

 

ただ、覚えていく上での目安としては…

日常のものの単語を覚えていくとよいでしょう。

数字だったり月だったり、曜日、動物、食べ物…

こういったものを覚えるだけでいいのです。

 

実はこれで600語~の効果があります!

 

自分の触れやすいものの方がきっと覚えも早いですよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

英語の勉強を、といきなり英会話に通わせる必要はありません。

 

もちろん、リスニングやライティングとなると教材も必要です。

 

しかしそこに至る前にも、毎日の積み重ねが大切なのです。

 

子供たちの関心をひけるよう、まずは簡単なことからトライしてみませんか?