なんで「梅雨」で「つゆ」って読むの?ちょっと面白い名前の由来

6月になるとジメジメとした嫌な時期が続きますよね。
私が一年で一番嫌いな「梅雨」の季節です・・・。

 

でも、ちょっと気になったんですけど、なぜ「梅雨(つゆ)」と呼ぶのでしょう?
「ばいう」ならまだ分かりますが、「つゆ」・・・?

 

梅雨という名前の由来とは?

 

梅雨の語源には諸説ありますので、それを紹介していきます。

 

まずは“漢字”の由来ですが、なぜ「梅」の「雨」と書くのでしょうか。
それには主に2つの説があります。

 

【説1】中国から「梅雨(ばいう)」として伝わる

 

中国では黴(かび)の生えやすい時期ということで、
元々は「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたそうです。
でも、「黴(かび)」の「雨」ってなんかイメージ悪いですよね・・・。
そこで、当時の人たちは同じ「ばい」と読み、
かつ季節にあった「梅」の字を使うことで
「梅雨(ばいう)」としました。

 

【説2】日本では元々「梅雨(ばいう)」と呼んでいた

 

「梅の熟す時期の雨」という意味から、
日本では元々「梅雨(ばいう)」だったという説もあります。

私的には「説1」よりこちらの方が有力ですね。

 

「つゆ」という“読み方“の由来について

 

日本で「つゆ」と呼ばれるようになったのは
江戸時代からだと言われていますが、なぜ「つゆ」なのか。
これも色々な説があります。

 

【説1】「露(つゆ)」から連想

 

雨が降ると草木の葉や地面にたくさんの露(いわゆる水滴)がつきますよね。
そこから連想して「露(つゆ)」→「梅雨(つゆ)」となった説です。

 

【説2】梅の実が熟し潰れることから「潰ゆ」

 

「潰える(ついえる)」という言葉は、今の日本でも使われていますよね?
これは何かがダメになるという意味ですが、昔は「ついゆ」と言っていたそうです。

 

梅雨の季節は食品や衣類に黴が生えたり腐ったり、
ダメにしてしまうことから
「ついゆ」→「つゆ」となりました。

 

【説3】芽ぐむことを古語で「つはる」といった

 

草木が芽ぐむことを古語で「つはる」と言っていました。
梅の実が熟す時期なので、「つはる」→「つふ」→「つゆ」となったそうです。
ですが、ちょっと無理矢理な感じはしますね・・・。

 

“読み方”の由来としては、あまり有力ではないように思います。

 

このように「梅雨(つゆ)」の語源には色々な説がありますが曖昧な部分も多く、
どれが本当なのかはっきりしていません。

 

私的には“漢字”の由来としては「説2」、
“読み”の由来としては「説1」でしょうか。

 

その他気象用語の由来も解説!

 

他にも、私が気になった気象用語の由来について軽く触れておきます。

 

台風

 

まず、熱帯低気圧が発達して最大風速17メートルに達したものを「台風」と呼びます。
「台風」の由来は諸説ありますが、
「ギリシャ神話に登場するテュポーン(typhoon)の当て字」や
「台湾からの強い風で“台風”」、
「中国の広東省で使われていた“大風”」といったものが知られています。

 

にわか雨

 

急に降ってくる雨のことを指しますが、
そもそも「にわか」とはどういう意味でしょうか?

 

「にわか」は漢字で「俄」と書き、

「急に」や「突然に」といった意味をもつことから、
「にわか雨」の由来となっています。

 

蜃気楼(しんきろう)

 

光の異常屈折により、像が反転して見えたり実在しないものが見えたりすることを
「蜃気楼」と呼びますが、どこから由来しているのでしょうか?

 

これは中国からきている言葉です。

昔の中国では、竜に似た「蜃(大ハマグリ)」という架空の生き物があるとされていて、
蜃が気を吐いて桜閣を描くと考えられていたことに由来しています。

 

これにより、想像から作り上げられた(=実在しないもの)という意味で
「蜃気楼」と呼ばれるようになりました。

 

最後に

 

私たちが普段何気なく使っている気象用語ですが、
調べてみるとその語源も様々ですね。

 

中には語源がはっきりしないものもありますが、
なぜそう呼ばれるようになったかというのは重要なことで、

ちゃんとした意味があるんですね!

 

今回は気象用語を取り上げてみましたが、
他にも気になった言葉があればその語源を調べてみるのも面白いかもしれません。

 

物事をしっかり理解するという意味でも後々役に立ちますし、
ちょっとでも知っておくと周りにドヤ顔できますよ(笑)