• 生活術
タイミングを間違えると浮きまくる!スーツを衣替えする最適な時期って?

スーツも衣替えするの?衣替えってどうやってするの?
面倒くさそうだし難しそう…そう思っていませんか。

 

スーツをよくみるとわかるのですが、スーツにも春夏用、秋冬用があります。

 

春夏用は、生地が薄くジャケットの裏地が部分的についていて、
秋冬用は、生地が厚くジャケットの裏地が全体についています。

 

お手入れをしてしまわないとカビたり、虫食い穴だらけで着られなくなることも。

 

スーツの衣替えの時期、お手入れや保存方法を調べてみますね。

 

一般的にも『最適!』と言われているスーツ衣替えのタイミング

 

衣替えは年2回あって、6月1日と10月1日が一般的です。

 

制服をみれば、すぐわかりますね。

6月1日には夏服、10月1日には冬服に一斉に変わります。

 

スーツの衣替えは、気温が20~25℃の3月~5月に春夏用に、
15~20℃の9月~11月に秋冬用に衣替えをするのがいいようです。

 

クールビズがあればそのタイミングで衣替えをするのもいいですね。

 

私の衣替えは、5月のゴールデンウィークと10月の体育の日あたりにしています。

 

お休みで時間がある!からなのですが、おすすめですよ。

 

季節の変わり目は、暑かったり寒かったりするので衣替えするのが
早かったかも遅かったかもと思うことがあります。

 

そんな時は、下着で調節するようにしています。

最近は着るだけで涼しくなる、あたたかくなるなどの機能性下着が
あるので十分に対応できます。

 

スーツを衣替えする前に必須な、お手入れや保存方法

 

スーツの汚れをそのままにして収納するとカビや虫食いの原因になります。

スーツをしまう前には必ずクリーニングに出してくださいね。

 

最近は自宅で洗えるものもあるので自分で洗ってもいいですよ。

 

必ず洗えるものだけにしないと、型崩れをして着られなくなるので注意が必要です。

 

スーツがきれいになったら収納します。

衣替えは晴れた日限定ですよ。

雨の日は湿度が高く、カビや虫食いの原因になるのでNGです。

 

クリーニングから返ってきたら、

ビニールカバーから出して陰干しをします。

湿気を飛ばすためです。

 

ビニールカバーをしたまま収納するとカビや黄ばみの原因になるようです。

 

ほこりが気になる場合は、不織物カバーをかけるといいですね。

 

不織物カバーは100円均一で売っていますよ。

 

何だかめんどうくさいなって思う場合は、クリーニング店に出すときに、

デラックスコースにすると不織物カバーで返ってきます。

 

不織物カバーは通気性があるので、そのまま保管しても大丈夫です。

 

クローゼットにしまう時は、防虫剤を入れてくださいね。

さらに除湿剤も入れておくと完璧です。

 

まとめ

 

いろいろ調べてみましたが、気温が20~25℃の3月~5月に春夏用に、

15~20℃の9月~11月に秋冬用に衣替えするのがベストのようですね。

 

衣替えする前には必ずクリーニングに出して、

ビニールカバーをはずしてから収納します。

 

クローゼットに防虫剤を入れるのをお忘れなく…