アキレス腱断裂後のリハビリ、職場復帰1ヶ月後の状況報告(術後4ヶ月)

10月19日、アキレス腱断裂の嵌合手術をして丁度4ヶ月が経ちました。
職場に復帰してから、1ヶ月経ちます。通院、再診察の日です。

 

職場復帰して、荷役業務で重いものを持つので、
結構慎重に仕事をしていました。

 

フォークリフトも、これは、知らないと思うけど、
自動車の運転みたいなものです。

 

右足のアキレス腱を切ったので、
頻繁に足に力を入れなければいけないアクセル。
ずーと右足に力を入れるのが不安。

 

また、もしも、急ブレーキをかけなければいけないとしたら、
ブレーキペダルを思い切り踏み込まなければいけない。
結構、その場合は、アキレス腱に負荷がかかりそうで恐い。

 

そんなわけで、自動車タイプのカウンター式フォークリフトの運転は、
会社に言って免除してもらいました。

 

あと、トラックの上での荷役作業も、免除してもらいました。

 

問題は無いであろう自転車の運転も自主的にしないでいました。

 

ペダルをこぐ時に、少しアキレス腱に突っ張る感じがしそうで、
更に、まだ、体力・筋力が回復していない状態で、
自転車での平衡感覚に自信が無く、
転んだ時に強く右足に負荷がかかるのが恐かったからです。

 

そのような事を、診察時に医師に話しました。

 

そうしたら、
「今の時期だったら、自分で加える力で再断裂することは無い。」
といわれました。

 

自動車の運転で、急ブレーキを踏む程度では大丈夫。
自転車を漕ぐ力で、切れることはない。と。

 

自主的に控えていましたが、
これからは、自動車も自転車も運転しようと思います。

 

ただ、医師曰く、

 

「ランニング、走ったりするような運動は未だしないように!」

 

とも言われました。未だ完治した訳では無いからです。

 

それと、

特に重い荷物を持つ仕事が多かった時は、
夕方に足に少し熱を持った感じになって、
くるぶしの周辺が青くなるような症状があること。

 

それらの症状は、1日経って朝になると良くなっていること。

 

以前よりは少なくなってはいるが、
時々、足にピリッとした神経痛のようなものが走ること。

 

などを医師に相談しました。

 

これも、その程度であれば、問題ないということでした。

 

再三言われたのは、「未だ完治したわけでは無いから」です。

 

「今日でリハビリは最後でいいですよ」

 

と言われ、うれしいし、やっと一つの区切りになったなあと感じます。

 

 

診察が終わり、最後のリハビリを行いました。

 

今日は、いつも行っていた水治療(足湯)は無しで、

まずは、足首の可動域のチェック。

 

リハビリの先生曰く、

 

「左右同じぐらいまで、曲がるようになりましたね。

私よりも、角度が大きく、いい感じです。」と。

 

アキレス腱を切った右足首の可動角度は、
もう元に戻らないと思っていたので、
健康は左足と同じまで動くようになって、ホッとしました。

 

 

その後は、バランスボードに乗ってのバランス取り。
そして、その上でのスクワット運動。

 

1ヶ月前にも、同じリハビリを行いましたが、
今回の方がバランスを取るのが簡単になっています。

 

1ヶ月間、職場復帰して体力をつけたため、
左右の筋力差も同程度となり、バランスが取りやすくなったんでしょうね。

 

ただ、バランスボード上でのスクワットは、
何度やっても難しいですね。

 

先生曰く、体幹がしっかりしていないからとのこと。
まあ、これは健康な人でも言えることじゃないかなと
個人的には、おもいますが、、、。

 

続いては、自転車こぎのリハビリです。
これは、今までで初めての運動になります。

 

スポーツジムとかで置いてあるような器具です。

 

一応、負荷設定は、自分で自由に設定してよく、
回転数は、50から60rpm内で漕ぎます。
これを10分間行いました。

 

回転数は、早すぎても遅すぎても効果が無いようです。

 

10分間の自転車こぎで、汗はかくほどではありませんでしたが、
体が温かくなる程度の運動量でした。

 

これらのリハビリで、病院でのリハビリは終了となりました。